FC2ブログ

『人間じゃない』 綾辻行人

こゆりす


(出版社より)
衝撃のデビュー作『十角館の殺人』から30年ーー。メモリアルイヤーにお贈りする綾辻行人の最新刊!
持ち主が悲惨な死を遂げ、今では廃屋同然の別荘<星月荘>。ここを訪れた四人の若者を襲った凄まじい殺人事件の真相は?--表題作「人間じゃないーーB〇四号室の患者ーー」ほか、『人形館の殺人』の後日譚「赤いマント」、『どんどん橋、落ちた』の番外編「洗礼」など、自作とさまざまにリンクする5編を完全収録。単行本未収録の短編・中編がこの一冊に!

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
異形の宝石箱あけてみませんか?単行本未収録の短編・中編がこの一冊に!!

【目次】(「BOOK」データベースより)
赤いマント/崩壊の前日/洗礼/蒼白い女/人間じゃないーB〇四号室の患者




またまたお久しぶりの読書感想。
綾辻さんは本格ミステリで有名ですが、著者自身はホラーや幻想作品もお好きだそうで、
そっち方面の作品も結構書かれています。
私はといえば、館シリーズをはじめとする本格ミステリ作品はよだれが出るほど大好物ですが、
殺人鬼シリーズのようなグロ系は噂を耳にするだけで無理そうなので、手を出せません。

こちらの未収録短編集は、後者よりの作品が中心。

綾辻さんはまあまあ読んできたと思っていたけど、
関連作品で既読だったのは「人形館」「どんどん橋、落ちた」の二作だけでした。
おまけに人形館はオチのインパクトだけは忘れられませんが、
架場も希早子のキャラクターを見事に忘れるという健忘ぶり。

幻想の風味付けをした綾辻ミステリは好きですが、
ただただ石を投げては狂っていく世界観の「崩壊の前日」は私には全く理解できない作品でした。

そして、綾辻さんは『由伊』に並々ならぬ思い入れがあるのでしょうか。
「崩壊の前日」にも表題作の「人間じゃない」にも
「自薦 THE どんでん返し」にも出てくる由伊がまあ気持ちの悪いキャラで。

元々ホラーは苦手な上、グロも精神病棟の描写も苦手なので、
全体的に苦手な系統の作品集だったのが残念です。
もっと本格ミステリよりの作品が読みたかったよー。
ただ、ホラーとか幻想小説がお好きな方にはたまらん一冊なんだろうとも思いました。
「フリークス」はずっと気になっていたのだけど、表題作と同じような雰囲気ならやめとこうかな…。

読了日:2017/05/08
個人的評価:★★★☆☆


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事
Posted byこゆりす

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply