FC2ブログ

【精油のリサイクル】アロマリードディフューザーを手作りしてみる。

こゆりす

お久しぶりすぎるアロマネタ。

最近はもっぱら育児関連か買い物記録、読書ネタばかりですが、
元はといえば、アロマや手作りコスメや石けんを記録しようと思って始めたブログでした。


膨大に余るアロマ達


しかしながら、現在は
石けん・・・過去に作りまくったものや、頂きものがたらふくあるので、長らく作っていない。
      超敏感肌の子どもには、石けんの洗浄力が高すぎて使えない。
コスメ・・・市販品の方が信頼できる上、使用感も良いので、あまり必要性を感じない。
アロマ・・・化粧品に少し混ぜたり、虫除けやマスクに使ったりと、日々の生活に多少利用してはいるが、
      超敏感肌の子がいるのでこれまた湯船には使えず、石けんも作らないので消費はわずか。

という訳で、とんと手作りからは遠ざかっておりました。


氷山の一角。
diary-1452.jpg
未開封のものだけでも、この数倍はあります…。
こんなに爆買いした過去の私、どうかしてたぜ。
一応アロマ屋の端くれですが、在庫が多すぎて自社のものはほとんど買っていません^^;


芳香剤として消費したい


しかし、材料だけは未だに山ほどある訳ですよ。
しかも貧乏性ゆえ、処分できていないものも多く。

古い原料系はさすがにほとんどが使い道もないのですが、
精油はまだ(私の主観では)十分いい香りがする。
しかし、開封から数年が経っているものが大量にあり、さすがに肌にはつけられない。

香りの劣化を感じとれるほど繊細な鼻の持ち主ではないので、
トイレの芳香剤にリサイクルしてみることにしました。


アロマをブレンドするが・・・


まずは夫と二人して、使いさしの精油のドロッパーを片っ端からこじ開け、精油を集約。
早い話が、香りの系統とか相性とか何も考えず、超適当にブレンドしたというだけ。
そんな瓶が何本かでき、恐らくは100ml以上の適当ブレンドアロマの完成。
バジルやユーカリレモンなどの強者が入った瓶はさすがに癖がありますが、
たいていは何種類か適当に混ぜてもそれなりいい香り。
いや、むしろ深みが増したような気さえする。
アロマのこういう懐の深いところが好き。笑


あとは、作り方も何もあったもんじゃありません。
この適当ブレンドアロマをちょっときれいな瓶に入れ、蓋を開けてトイレに置くだけw

しかし、いい香りだと思ったのは最初だけで、いまいち香らない。
蓋を開けっぱなしなのに、一ヶ月経ってもほとんど減る気配もない。

精油100%だからすぐ揮発すると思ったのですが、
意外とエタノールで希釈した方が揮発しやすくなるのかもしれません。


という訳でリードディフューザーづくり


エタノールで薄めてみることも考えましたが、
まずはおしゃれなお宅にあるリードディフューザーにしてみることに。
といっても、上記のブレンドアロマに竹串を数本さすだけで完成。笑

事前にネットで調べたところ、
『スティックの素材はラタンか葦でないと香りが広がらない』という情報が多くみられましたが、
庶民のトイレ程度の広さでは竹串で十分でした。
瓶だけの頃とは全然違い、トイレでしっかりと香りを楽しめました。
5~10ml程度の小さな瓶なら、爪楊枝でも代用できるかもしれません。



尖っている方を下にすれば特に竹串感も出ないので、
普通にリードディフューザーに見えるのではないかと。
一応覚え書きを。

【アロマリードディフューザー】
精油(アロマオイル) お好みのもの適当(1種類でも可)
遮光瓶 1個
竹串 数本

diary-1451.jpg
固形石けんが大好きなので、オサレソープをトイレに飾っているものの、
絶望的に飾り付けセンスがないのはスルーしてくださいw


5本くらいあれば見た目もっとリードディフューザーっぽくなると思いましたが、
我が家のトイレでは3本でも結構しっかり香りました。


今はバジルブレンドゆえ、少し癖のある香りですが、
割りとアロマ好きな夫と息子は「いい香り~」というので、無問題。
ブレンドした瓶はまだいくつかあるので、当分芳香剤として楽しめそうです。
開封済みの古いアロマとはいえ、人工的なトイレ芳香剤の香りよりはずっといい香り。

断捨離やミニマリストから対極にいる、私のもったいない病からはじまった
手作りとさえいえない精油リサイクル話でした。


リサイクルではなく、本格的につくるならこのあたりかな。
 


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ  にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ

関連記事
Posted byこゆりす

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply