FC2ブログ

4歳3ヶ月の成長記録~三度目の進級と、はじめての「こどもちゃれんじ」&花粉症~

こゆりす

息子、4歳4ヶ月になりました。

いよいよ保育所では年中クラスに進級。
0歳さんからの6学年が通う保育所に通っているので、
ずいぶんお兄ちゃんになりました。

diary-1443.jpg


体格


93.1cm、13.4kg。
体重は増えましたが、またも身長は微増…というかほぼ横ばい。
身長SDは-2.3SDで低身長の疑いあり。
洋服は未だ90か95サイズがジャスト。
最近、低身長治療の大変さをコメントで教えていただき、
『低身長治療=家で毎日ホルモン注射』という私のざっくりしたイメージより
はるかに大変なのだと知りました。
いよいよ行かねばならないであろう数値を突きつけられているにも関わらず、
ますます外来に行く勇気が持てません。
重度の食物アレルギーと肌疾患のために
すでに普通の子よりいろいろな面でハンデと生活に制限があって、
4歳にしていろんなことを我慢している訳で。
しかし、今踏み出さないと将来後悔するかもしれない…と母、悩みまくりの日々です。

先日靴のサイズを計りに行ったら16.0cm。
身長の割りには足がやや大きめな気がします。
私も超低身長ですが、自分より10cm高い人よりも足が大きかったりするので、
息子も同じタイプだとすれば、足が大きめでも身長につながらないのかも…

年中へ進級


先月も書きましたが、息子は環境の変化にものすごく弱いデリケートボーイ。
2月から「お部屋が変わるのが嫌」「担任の先生が変わるのが嫌」と訴えてはナーバスになっていました。
1学年1クラスの小規模園なのでクラス替えはなく、新しいお友達がほんの少し増えるだけ。
進級といえども最小の変化なんですがね…。
こんな調子で小学校でやっていけるんだろうか。

・・・と少々心配な進級ではありましたが、3月の最終週に一足先に教室の引越し。
4月のはじめに担任の発表がありましたが、
いつもより嫌がることはなく、普通に登園していました。
年度初めの役員の仕事量が予想以上に多く、むしろ私の方がナーバスだわ^^;

孤独なアレルギー


進級に伴い少しこどもの人数が少し増えましたが、アレルギっ子はやはり息子だけ。
今年度も一人席を離されての給食、遠足のシートも引き続き離されそうです。
さらに市町村の方針転換で、今年度より部分除去ができなくなったのだとか!
息子はクラス6の強いアレルギーなのでもちろん完全除去ですが、
今後もしアレルギーが軽くなって、部分的に食べられるようになっても
完治するまでは除去され続けるということ。
アレルギーの最強クラス6をたたき出した息子には
保育所の残り二年で完治する可能性は絶望的。
同じクラスに悩みを共有できる人がおらず、親としては複雑。

科学実験教室


パパとのお風呂で「表面張力」を覚えたり、ピラゴラ装置もどきも作ったりと、
男の子だからか実験っぽいことが大好き。
科学は面白いということを知ってほしくて、
科学実験教室の無料体験に行ってきました。
ちなみに、先月は初の習い事体験でシャイを発揮しすぎて惨敗しましたが、
こちらは親子実験のため、息子の母子分離不安は発動しませんでした。

関連記事:
【4歳3ヶ月】習い事に悩む。~共働き、かつ人見知りの幼児はハードルが高い~

予想通り、息子はとっても楽しそう^^
先生も小さな子に対して教え方や接し方が上手で、
シャイな息子も先生が気に入り、自分からぐいぐい話しかけるほど。
ここいいやん…!と私もぐらついてしまいました。

ただこちらの教室、いざ毎月行くとなると受講料がお高くて^^;
月一回の実験で6000円、他にも入会金が1万円、白衣とゴーグルが必須。
コスパが悪いなぁ…と迷っていたら、タイムリーに通信教育でお手ごろなのを発見しました!
「こどもちゃれんじ」のオプションである、サイエンスプラス

初のこどもちゃれんじ


そもそも上のオプションに気づいたのは
4月のエデュトイが豪華で、しかも一ヶ月だけの入会ができるという情報を見かけたからです。
こどもちゃれんじはうまく作られていて魅力的ではあるのですが、
毎月新しいおもちゃは要らないし、
元々テレビはそこそこ観ているのでこれ以上DVDを見せることにも気が進まず、
これまで一度も受講したことがありませんでした。
でも、4月の文字が書けるオモチャのクオリティが高く、
紹介特典もしまじろうの腕時計と豪華だったので、あっさり方針転換。笑
今なら一ヶ月解約が可能だということで、はじめてベネッセにお世話になりました。

その申し込み画面で目に付いたのが、サイエンスコース。
これなら習い事の母子分離不安もないし、一年で6420円と安いし、
実験好きな息子にぴったりすぎるじゃないか!ということで、ほぼ即決。
すでに届いてはいますが、4月の実験は「割れないシャボン玉」ということで、
マンション内ではできないため、人気のない公園あたりでやってみようと思います。

ちなみに、身内に英語教育を猛プッシュする方がおりまして…。
夫もそれにつられて「ちゃれんじEnglishをしたら?」などと言っていましたが、
先月の習い事体験騒動といい、今のところ超内向き志向の息子に英語はあまり向いていないように思われ、
私自身も英語教育にさほど興味がないので、今回は見送りました。
何ごとも本人のやる気が一番。興味のないことを無理強いしてもすぐに忘れるだけ。
といいつつ、また方針転換するかもしれませんが。笑


アレルギー性結膜炎発症、初めての視力検査


アレルギーマーチとはよくいったもんだ。
3月から頻繁にくしゃみをしたり、目をかいていたので花粉症かなぁとは思っていました。
というか、血液検査ですでにスギやらブタクサやらにクラス3で確定していました。

それに加え、3月末頃から左側をにらむような変な目線をすることが。
最初は新たな変顔か、表情癖でもできたのかとさほど気にしていなかったのですが、
2週間ほど続いたある朝、1分に1度くらいの高頻度でおかしな目つきに。
いくらなんでもこれはおかしいと、慌てて眼科を受診。
夫が「亡くなった小児癌の子も最初は変な目をしてたらしいよ」なんて言うもんだから、余計ビビりました。

眼科は3歳前後のときに一度だけ行ったことがありますが、
言葉は通じてはいるものの、まだ小さかったせいかろくに検査ができず、
目薬もさせないまま終わった記憶があります。

でも、4歳は思いの外おにいちゃんだった!
視力検査は「ゲームみたいでおもしろい!」と楽しんでいたし、
眼圧の計測は少し嫌がったけど、頑張って無事測れました。

検査の結果は「アレルギー性結膜炎」。つまりは花粉症。
目の痛みやかゆみはそのせいだそうです。

目薬も最初はものすごく嫌がり、
1回さすのに30分、一日3回なので1時間半もかかりました。
平日(仕事の日)にこんなに時間が割けるかー!と私がプッツンと切れてしまいましたが、
日に日に慣れ、今では私が忘れていても「目薬忘れてるで!」と指摘し、
大人並みのスピードで目薬をさせてくれるようになりました。
これを機に目薬をマスターしたので、良かったと思おう^^;

おかしな目つきの原因は不明。ストレス…なのか?


ただし、先生曰く目つきに関しては結膜炎と直接関係ないとのことで、
「ストレスではないか?」といわれました。
「最近引越しとか、幼稚園に入ったとかの大きな変化はないですか?おうちで厳しくなったとか?」
と言われましたが、特に心当たりなし。
上述のとおり、保育所の進級による変化は最小限だし、嫌がる習い事の強要だってしなかったし。

しいてひとつ挙げるなら、私が役員で年度末から家での作業に追われ、
早く起きてきた息子に構ってあげることもできず、
時間的余裕のなさから沸点が低くなり、普段より怒りがちだったかもしれません。

息子は心身ともにデリケートな方なので、
母に構ってもらえる時間が減った、担任の先生が変わった…程度の変化でも
ストレスとして現れたのかもしれません。
役員は一年間しなくてはならないのでどうしようもありませんが、
なるべくイライラせず、息子との時間を作ろうと反省しました。

ただ、10日ほど続けて目薬をさしていたら変な目つきをしなくなったので、
ストレスが原因なのか、結膜炎による目の痛みが原因なのかは結局わかりません。
本人は「目が痛かった」とは言っていますが…実際のところは不明。

保護者会の目的は「子どもと保護者の保育環境改善」ではあるけれど、
そもそも働く母ばかりの保育所でこんなに負担を強いられる仕組みなのはいかがなもんかと思ったり。
そのために役員の家庭で貴重な子どもとの時間が削られるのは本末転倒ではないのかと
私自身が疑問もストレスも溜めまくっています^^;



春のお出かけ


仮面ライダーショーに行きました。
初めてのヒーローショー。
開始40分前に到着するも、座って観られる最後尾。
後に来た人はみんな立ち見で、仮面ライダーの人気ぶりを実感しました。
ちょっと前に動画で見た「ルパンレンジャー」のショーは
スローモーションのように動きが遅くて、大人は笑うしかなかったのですが、
今回の仮面ライダーはキレッキレで大人が観てもかっこよかったです。

生き物系イベントもいくつか。
恐竜の卵展」「もうどく展2」に参加。
最近”危険生物”や”恐竜”に興味しんしんな息子ですが、
むしろ息子より私のほうがこういうの好きかもしれないw
虫は大嫌いだけど、未知の生き物には妙にそそられます。

diary-1442.jpg
恐竜の卵は似たようなものが多いからか息子は途中で飽きていましたが、
動く恐竜や大きな化石模型には興奮していました。
そういえば、息子にとっては初博物館でした。
普段は虫なども展示しているそうなので、また行ってみよう。
猛毒展では魚や虫、植物やサメと幅広く、
会場は小さいながらもとっても楽しめました。

あと10日ほどでゴールデンウイーク。
気候のいい時期にいろんなところに行きたいです。

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ

関連記事
Posted byこゆりす

Comments 4

There are no comments yet.
ぺろ  

低身長治療のこと、さらに悩ませてしまうことになってすみませんv-356
私の個人的な意見なんですけど、-2.5SD値を下回ってから外来に行っても遅くはないと思いますよ。
うちの息子も、3~4歳くらいの時は伸び率落ちてました。ずっと伸び率が異常に悪かったんですけど、
ウチは1年生になってから、また伸びだしました。親が思春期に急激に身長が伸びたっていうタイプでもない限り
(私はそういうタイプではないです)、ずっと伸びずにいくだろうとお医者さんには言われたんですけどね。

前述した血液検査をしながらの入院検査の後、成長ホルモンが出てないという診断をされ、もしホルモン治療をするとしたら、月に10万円位(3割負担で)かかると言われました。それが-2.5SD値を下回っていたら公費がおりて無料になります。(3~4年前の話です。今はどうなのか確認する必要があるとは思います)

今息子は2年生で、1年生の時、息子より背が低かった男の子のお母さんと話す機会があったのですが、
その子も低身長外来に行って検査を受けて、成長ホルモン不全だということがわかったけど、-2.5SD値に達して
なかったから、結局治療は始めずに、様子見になったと言ってました。(全くウチの息子と同じ状況です)

こゆりすさんの文章を読んでいると、考え方も共感する部分がたくさんあって、子供のタイプも似てるけど、
親のタイプも似てそうです(笑)身内に英語教育を猛プッシュする人がいる点も・・・。幼稚園はインターナショナルスクールに入れた方がいい、みたいなこと言われて、息子の性格を考えて却下しました(笑)

2018/04/19 (Thu) 13:56 | EDIT | REPLY |   
こゆりす  

>ぺろさん
いえいえ、ぺろさんのせいで悩んだ訳ではなく、
むしろ何も知らなかった私に教えてくださって感謝しています^^

息子さんは小学生から伸びるようになったとのことで、本当に良かったですね^^
幼児期の方が伸びにくいんでしょうか。
周囲では「うちは一年で10センチ伸びて、縦に長くなったよ」などと聞く中、
うちの子は1歳台からずっと一年で5センチ程度しか伸びず…。
保育所一年目の頃はほとんど変わらなかった子とも大きく差がついて、
並んでいる姿を見ると、なんとも言えない気持ちになったりしています^^;
月に10万はちょっと我が家も出せないそうにありません><
-2.5SDの壁についてはちょっと検索してみたのですが、最新の情報が出てこず…
いきなり医療機関はハードルが高いので、まずは保健所にでも聞いてみようかなと思います。
いつも貴重な情報をありがとうございます♪

ぺろさんのお子さんのタイプ、似てますよね^^
インターナショナルスクール推しとは…!
外国語が喋れるに越したことはないだろうけど、
向いていること、本人の興味のあることをさせてあげるのが一番だと思います。
またいろいろお話できるのを楽しみにしています^^

2018/04/22 (Sun) 06:31 | EDIT | REPLY |   
かな。  

お久しぶりです(^^)
お互い、年中組に進級ですね!
こちらも変わらず、食アレは娘1人だけです。

娘の保育園も、食アレ対応に変化があり、提出する用紙が1枚増えました。

それだけでなく、通院中の国立病院では、食物負荷試験を行う際の記入用紙が、元々多いのに更に増えました。

新しい書類は、やんわりと「今、行いたいって気持ちで、サインをしただろうけど、気持ちが変わったら、いつでも取り止め出来るからね!病院側が無理矢理やってるわけじゃないよね!」って内容が仰々しく書いてあります。苦笑


更に更に、食物負荷試験は日帰り入院でしたが、今後は日帰り入院をした翌日にも更に受診をしないといけない決まりが出来ました。


恐らく、横浜市の子ども医療センターに通院されていたお子様が、食アレで苦しい思いをされた事が発端だと思います。


食アレ対応が進んでいくのは、とてもありがたいですが、もう病院通いもバテバテですよね。

血液検査も良くならないし、小学生になっても絶対除去です。
もー、なんなら怖いから絶対除去で、、自宅で地道にチマチマ頑張りますって感じです。。

お互い、子達が苦しい思いをせずに亀の歩みでも進めると良いですよね。私は今から、小学校の給食と似たものをアレルギーフリーでは作れない・無理して作らない・地味な弁当を持たせる・と考えてるんですが、実際に小学生になると親心で気持ちが変わるんでしょうか?笑


子供が無法地帯でワイワイしてる所もちょっと怖いし、1人でお友達の家に行かせるなんて不安過ぎるし、ましてや犬や猫など居たら、、、

なんだか、アレルギーっ子、、、
随分過保護な子育てになってしまいます。。


あ!以前、聞いてくださったのにご返答していなくてスミマセン!
我が家もスポンジは分けていないです。卵の卵白とか、小麦粉が散るような料理をしないってのもあると思いますー!

私がお菓子やパンを食べた後は洗わないと、娘に触れないので、私に近づく時は軽く万歳をして避けるんですが、

先日、娘がおままごとで、ぬいぐるみ達にコンコンと除去食について説明して、軽く万歳までして、今は小麦ついてるから抱っこできないわよ!と叱っているのを見てしまいました。

悲しい、食アレのおままごと風景ですよね。。笑

2018/05/10 (Thu) 23:14 | EDIT | REPLY |   
こゆりす  

>かな。さん
コメントを見逃していて、お返事が遅くなって申し訳ありません><

自治体としても、事故を起こさないように…という配慮(というか責任問題回避)からきてるのでしょうが、
少数派のアレルギっ子家庭にとっては、厳しくなったな…というのが正直な感想ですよね^^;
私も少し遠方への病院通いもウンザリで、なるべく肌の状態の良いときに行くようにしています。
調子が悪いときに行くと「1週間後とか2週間後に来てください」と気軽に指示されるのですが、
近所でもないし働いてるのに、そんな頻繁に行けるかー!とガックリくることが多いので。

「小学校入学までに絶望的に間に合わない」と感じているのも同じです…。
一年前とは違って、血液検査にももう期待していないので、
前回の検査からもう10ヶ月経ちますが、こちらから「次はいつ頃でしょうか?」とも聞いていません^^;

うちも自治体も保育所とは違って代替食の提供はないようなので、どうしたもんかと思っています。
料理が苦手なので、かなさんと同じく見た目似たものとか無理だわっていう。

学童とかもおやつの時間があるというので、別のサービスを利用しようと思っていますが、
そのうちお友達のおうちにも勝手に遊びに行ったりしますよね。
そのとき、自分でちゃんと管理できる子になるんやろか…とか
フザけて食べさせる子がいないといいけど…とか不安だらけです。
重度アレっ子にとっては命に関わる問題ですもんね。

娘さんのおままごと、なんと切ない…泣
うちの子はおままごとのアレルギー設定などはしていませんが、
あいかわらず「遠足が嫌だ」と繰り返しては憂うつそうにしています。
来週なので、なんとか楽しんでくれるといいのですが^^;

2018/05/18 (Fri) 21:06 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply