FC2ブログ

幼稚園も迷ったけれど、結局保育所に残留。~今の保育所の良いところ~

こゆりす

ちょうど一年前に勃発した会社倒産問題。

年末で4月の入園申し込みは過ぎているし、
保育所は決められた期間内で再就職しないと退所させられる。
どうしたもんかと我が家に大きな動揺が走りました。
今年夏に転職でき、なんとか事なきを得ました。
(前職より遠くて忙しいのですが、好きなことを仕事にできたので楽しいです。)

近隣の幼稚園のことを調べる中、魅力的な園もあって
働いていても幼稚園という選択肢もあるんだということに気づき、
保育所に残留か、幼稚園に転園か、悩みに悩みました。

結論から言うと、保育所に残留を決めました。
自分の考えたことを記録しておきたいので、
今さらですが記事に残しておこうと思います。



息子自身が慣れている


園の特徴ではありませんが、これが最大の決め手でした。
何かとナイーブな息子、環境が変わるのが大の苦手。
知らない人のいるところは恥ずかしがって、なかなか馴染めません。
幼稚園のことを何度か話してみましたが、
知らない先生、知らないお友達のいるところに行くのは嫌なようだったので
幼稚園の転園は断念しました。

近い


これは親目線ではあるのですが、なんつっても近い。
徒歩3分。
これのせいでママチャリを買っていないとも言うw
3歳前までかなりの抱っこマンでしたが、抱っこでも頑張れました。
雨が降ってもダッシュで帰ればあまり濡れないし、
月・金曜日の布団も重いけど、近いので助かっています。

少人数でアットホーム


今の保育所は一言で言うと、昭和。
見た目も雰囲気も、自分が子ども時代に通っていた保育園より昭和感満載です。
ぶっちゃけ狭いし設備も古いけど、子どもはそんなこと気にしていません。
1学年1クラスで、みんな兄弟みたいにのびのび。
小学生以上だと1学年1クラスは閉塞感を感じますが、
さすがにまだイジメなどはないので、
毎年メンバーが変わることもない点も息子の安心感につながるようです。
ただし、人事異動で毎年担任の先生は変わります。

完全給食


毎日手作りお弁当を持たせてあげたい派のお母さんには大きなデメリットですが…
料理苦手な母としては、非常にありがたい点。
行事の日も仕事がある場合などは事前に伝えておけば給食を出してもらえます。
息子は小麦と卵に重篤なアレルギーがあるのでほぼ毎日除去がありますが、
極力代わりのものを出してくれたりして
他のお子さんと差を小さくしてくれるようにしてくれるのがありがたいです。
誤食の事故もこの三年でゼロなのもありがたい限り。
年少クラスから給食当番があり、給食を運ぶお手伝いをしているようです。

ほぼ毎日外遊びできる


雨の日や行事のある日以外は、ほぼ毎日お外遊びがあります。
園庭はあまり広い方ではなく、特別な遊具がある訳ではありませんが、
泥遊び、虫探し、戦いごっこ(男の子同士)、
鉄棒やパカポコやフラフープ等の遊具で自由に遊べます。
最近はドッジボールも教えてもらって、クラスのみんなで楽しんでいるようです。
夏場は週4日プール(まだ小さいので30分ほどですが)があるのも多い方かなと。
友人のお子さんが通う園では夕方テレビを見せていると聞いて驚いたのですが(たぶん人手不足のせい)
うちでは夕方の時間も外遊びさせてくれる日が多いのでありがたい限り。
幼児期に一番大切なのは外遊びだと考えているので、
お勉強より外遊び重視なのは我が家の考え方に合っていました。

私服


最初は制服の方が服考えなくていいし楽でいいなーと思っていたのですが、
しばらく経って考えが変わりました。
上記の通り、毎日のように砂遊びをするので服の汚れが半端ない。
制服や白い体操服だったら、洗濯が大変だろうなと^^;
裸足保育なので、靴下が汚れることもありません。

女の子や大人しい遊び方をする子は淡色の服の子もちらほら見かけますが、
息子はテンションが上がりすぎて走り回ってこけたり、
わざと寝転がったりするので、白い服はありえない!
メルカリでゲットした中古品やユニクロ服が大活躍。

息子は服にほとんどこだわりがないので、
この服じゃなきゃ嫌だ!ということは全くありません。
親が選んだものを言われるがままに着てくれるので
その点でも楽だなぁと感じています。
このあたりは女の子だったらまた違うのかもしれません。

縦割り保育


朝や夕方の延長保育の時間帯はもちろん、
それ以外の時間でも他学年のクラスと関わることが多く、
みんな兄弟のように育っています。
お兄ちゃんお姉ちゃんに遊んでもらったり、
自分より小さな子を可愛がったり。
一人っ子なので、この点はとてもありがたいです。

運動会や発表会等の行事が楽


これは小規模園だからこそだと思うのですが、
行事の順番取りがとても楽です。
というより、ほとんど並ぶ必要がありません。
今年の運動会は開門の15分前に行ったら、園全体の二番目でびっくりしました。
年長さんでもさほど気合いを入れて並んだりしないようです。

母同士の関係がまったり


基本共働きのおうちばかりなので、平日のランチ会などは皆無。
送り迎えで会えば挨拶をする程度ですが、
皆さん送り迎えの時間がバラバラなので、会わない人は本当に滅多に会いません。
これも人によってはデメリットですが、
私はママ友付き合いが苦手なので、ライトな付き合いで助かっています。
年に二度ほど交流会があるので、
全然仲良くなる機会がない訳ではなく、個人的に仲良くなったお母さんもいます。

ベテランの先生が多い


保育園や幼稚園の先生というと、
”自分より若い世代のお姉さん先生”というイメージがありましたが、
今の保育所はベテランの先生が中心。
若い先生もいない訳ではありませんが、個人的には安心感があります。
トラブルがあったときの対処力も高いような気がしています。


diary-1425.jpg


どの園を選んでもそうですが、
やはり親にとって完璧という訳ではないので
デメリットもあります^^;


年中までお昼寝がある


年少までではなく、年中いっぱいまでという驚きの昼寝事情。
息子ですら満5歳まで。4・5月生まれの子なんてほぼ6歳まで。
年長さんも夏季はプールがあるため、お昼寝復活。
つまり、保育所生活で昼寝がないのにはたった10ヶ月だけという( ̄▽ ̄;)
今ですら休日は昼寝を全くしないというのに、アンビリーバボー。
家ではどうやっても寝ないのに、先生の寝かしつけではすんなり寝てるらしい。
先生、どんなテク使ってるんですか…。
おかげで夜の寝つきが悪いことこの上ないのですが、
保育所の事情もわかるのでさすがにそれは言えん^^;
それに伴い、来年度いっぱいは月・金曜日にお昼寝布団の持ち運びが必須。

保育所にしては役員の負担が重め


人見知りかつ仕切りが苦手な私にとって、今の園が一番キツいなーと思うのがこれ。
ヒラの役員はまだマシですが、その上位の役員の負担がかなり重い園です。
夏祭りなどの行事は園との共催もあり、
実行委員長などをやらねばなりません。
仕切るのが苦手なので、ヒラの役員でももう二度とやりたくない気分です^^;
保育所なので、皆さん働きながら上位の役をこなしている訳で、尊敬です…。

連絡帳がなくなった


乳児クラス(2歳児以下)までは連絡帳があったので、
日々の保育所での様子を教えてもらうことができました。
先生は大変だったと思いますが^^;
年少クラスからは一人担任ということもあり、
月に一度の総括のみとなりました。
日々の連絡だった頃は掘り下げた内容でしたが、
今は割とざっくりした内容(「11月は発表会の練習を頑張りました」など)で
それも少し寂しいところ。
ただ、夕方のお迎えで担任の先生にお会いできれば(会えない日の方が多いですが)
口頭で最近の様子などは教えてくれます。

ある程度大きくなるまで歯磨きがない


年少の12月時点、まだ園での歯磨きはありません。
給食とオヤツの後はお茶を飲むのが虫歯対策のようです。
たぶん年明けぐらいから始まるとは思うのですが…
夏から歯医者の定期検診に行けていないので少々心配。
ただ、いろんな子がいる中で、担任が一人なので仕方がないことだとは思います。

やはり勉強面はかなり弱そう


昭和的のびのび園なので、ひらがなや数字などの指導はないようです。
ただ、興味が出れば自分で勝手に覚えるのは息子で実感済み。
知人に小学校の先生がいますが、
その方も「小学生になったらちゃんと教えるから全然できなくても大丈夫」と言っていたので、私自身あまり重視していないポイントです。

行事・文化面が弱い


近隣の幼稚園では鼓笛隊があったり、
冬は耐寒マラソン大会があったりしますが、うちの保育所ではそういうのは皆無。
公立なので、延長保育中の習い事も皆無。
ハロウィンやら芋掘りやら餅つきといった季節の行事もありません。
夏祭り・運動会・発表会の三大行事以外では
年3回の遠足(しかし雨でもう二年くらい行けていない)と、毎月のお楽しみ会くらいかな。
この点、少し弱いかもしれません。



デメリットだったり、負担に感じる部分も少なくありませんが、
概ね今の保育所には満足しています。
あと、二年ちょいよろしくお願いします。


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ

関連記事
Posted byこゆりす

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply