【江神二郎の洞察】 有栖川有栖

その人の落とした『虚無への供物』が、英都大学推理小説研究会(EMC)入部のきっかけだった──。大学に入学した一九八八年四月、アリスは、江神二郎との偶然の出会いからEMCに入部する。江神、望月、織田とおなじみの面々が遭遇した奇妙な出来事の数々。望月の下宿でのノート盗難事件を描く「瑠璃荘事件」をはじめ、アリスと江神の大晦日の一夜を活写する「除夜を歩く」など、全九編収録。昭和から平成への転換期を背景に、アリスの入学からマリアの入部までの一年を瑞々しく描いた、ファン必携のシリーズ初短編集。


有栖川さんの「学生アリス」シリーズがとても面白かったので、こちらも。
シリーズ初の短編集。

このシリーズはやっぱり長編の方が面白いと思うけど
(そもそも私は長編の方が好きだということもある)、
シリーズを追うごとにEMCの仲間が大好きになったので、
EMCのキャラ読みというか、関係読み本としては最高でした。
マリアも含めて部員みんなに好感が持てる。
キャラの好き嫌いが激しい私には珍しいこと(・∀・)

この中では瑠璃荘事件が一番気に入りました。
何気に元号の考察も面白かった。

しかし、この4人に矢吹山の事件が
あんなに深い傷をつけていたとは思わなかった。
まあ、仲間内で殺人があったのだから考えてみれば当たり前なんだけど、
殺人慣れしてるような錯覚をしてしまいます^^;
そういう意味ではいい意味で普通の人たちなんだなぁと。

アリスにとって、入部前からマリアが特別な存在だったことが
窺えたのも感慨深かったです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事
別窓 | 映画・小説レビュー | コメント:0 | ∧top | under∨
<<3歳0ヶ月の成長記録~イヤイヤ復活で思い知る器の小ささと、今さら幼稚園問題に悩む~ | シンプルにいこう。 | 【帰ってきた腕貫探偵】 西澤保彦>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| シンプルにいこう。 |