【探偵が腕貫を外すとき】 西澤保彦

毎年、同日同刻に鳩の死骸と人の死に直面する配送員の運命は?被害者の夫は、なぜ殺人の罪を被ったのか?契約中の駐車場が、なぜ不特定多数のドライバーに無断駐車される?公務員探偵“腕貫さん”が、市民が持ち込む事件の謎を鮮やかに解く。そしてグルメ仲間である女子大生・ユリエのピンチには…。単行本未収録1編を加えた文庫特別版。

【目次】(「BOOK」データベースより)
贖いの顔/秘密/セカンド・プラン/どこまでも停められて/いきちがい




好きな作家の一人である、西澤保彦さん。
西澤さんといえば、SFミステリが断然オススメなのですが、
この腕貫探偵シリーズは非SFだけど好き。

神出鬼没で悩んでいる人の前に現れ、
安楽椅子に座ったまま鮮やかに謎を解決(妄想)する腕貫さん。

誰も本名を知らず、生活感どころか生命感すら薄い腕貫さんですが、
美人に惚れられて、なんだかんだでいい雰囲気になっているところが
キャラ読みとしてはたまりまへん。笑

いつも腕貫探偵では美味しそうなお料理の描写にお腹が空くのだけど、
これを読んでいたときは絶賛胃腸炎中で、楽しめなかったのが残念。

今回も腕貫さんの妄想力と推理力を堪能しました。
タイトル通り、腕貫をつけて相談係のお仕事をしている腕貫さんではなく、
腕貫さんのプライベート(?)が垣間見えます。

なんといっても嬉しかったのは、
腕貫さんとユリエさんの距離が近づいたこと。
いやん、腕貫さん優しい!めっちゃ頼られてるやん。
ニヤニヤさせていただきました^^

★★★★☆



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事
別窓 | 映画・小説レビュー | コメント:0 | ∧top | under∨
<<【3歳0ヶ月】クリスマスプレゼント、ぎりぎり決定! | シンプルにいこう。 | iHerbでお買い物 第18回目~アレルギーOKのホットケーキミックスと、いい香りのベビーソープがヒット!~>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| シンプルにいこう。 |