【体育館の殺人】 青崎有吾

風ヶ丘高校の旧体育館で、放課後、放送部の少年が刺殺された。密室状態の体育館にいた唯一の人物、女子卓球部部長の犯行だと警察は決めてかかる。卓球部員・柚乃は、部長を救うために、学内一の天才と呼ばれている裏染天馬に真相の解明を頼んだ。アニメオタクの駄目人間にー。“平成のエラリー・クイーン”が、大幅改稿で読者に贈る、第22回鮎川哲也賞受賞作。待望の文庫化。



文章やキャラや展開はラノベ風ですが、
推理過程は意外にも論理的なミステリでした。
置き忘れた傘ひとつであそこまで推理を発展できるのは凄い。

名探偵の証明」とどうも空気が似ているなと思ったら、
こちらも鮎川賞受賞作品。
鮎川さんはお恥ずかしながら読んだないけれど、
ミステリ界の重鎮というイメージがあるので、
こんな軽い作品が受賞するのはちょっと意外です。笑

よくよく考えたら、後で何とでも言い逃れできそうで決定打に欠ける感もあるけど、
裏染くんの勢いに読まされました。
この犯人が裁判で否認したら、有罪にできない気がするけど^^;
アニメネタをちょいちょい入れてくるので、
好きな方は小ネタにニヤリとできるのではと思います。


「名探偵の証明」シリーズは私はいまひとつだったのですが、
こちらはなかなか楽しめました。
ただ、これ読んでて気づいたのは、自分がロジック重視のミステリより、
一発大きなトリックがあるタイプのミステリの方が好みだってこと。
でも、有栖川さんは大好きなので、やっぱり作品による・・・ってことか^^;


★★★☆☆


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


関連記事
別窓 | 映画・小説レビュー | コメント:0 | ∧top | under∨
<<【手作り石けん】#162 ハロウィンをイメージしたら、虎みたいな石けんができた。 | シンプルにいこう。 | 3歳のお誕生日プレゼントに悩む。>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| シンプルにいこう。 |