2016年9月読書まとめ
10月!
もう今年度も半分過ぎたなんて、時の流れの早さにただただびっくり。
そりゃ、自分も歳とる訳だわ…

上橋菜穂子さんと乙一さんは初めましての作家さんです。
(グロくないおすすめ乙一作品を紹介してくださったななこさん
 本を貸してくれたよち。さん、その節はありがとうございました!)

このところの息子はブロック遊びが好きすぎて、
あまり絵本を読んでくれなくなりました。
図書館で定期的に借りてはいるんですがねー…
他の遊びも大事だけど
本も好きになってほしいと思う、我儘な母心です^^;



2016年9月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1063ページ
ナイス数:131ナイス

46番目の密室 (講談社文庫)46番目の密室 (講談社文庫)感想
学生アリスシリーズがとても面白かったので、ついにこちらにも手を出してしまいました。こちらも負けず劣らず面白い!一度で火村先生が好きになりました。「双頭の悪魔」の志度晶がモデルだと聞いていたけれど、一作目を読んだ印象ではあそこまでエキセントリックではないし(志度さんも嫌いではないけど)、意外と礼儀正しくて友情に厚いところも素敵。密室トリックはさっぱりだったし、私もアリスが犯人だと思った人をずっと疑っていました^^;真犯人に同情してしまって、なんだかやりきれない気持ちになってしまいました。
読了日:9月30日 著者:有栖川有栖

精霊の守り人 (新潮文庫)精霊の守り人 (新潮文庫)感想
NHKドラマが気合いが入っていてとても面白かったのでいつか原作を…と思っていたところ、運良く友人に貸していただきました。ドラマのバルサは十二国記の陽子(男っぽくなってからの)のイメージそのものだったのだけど、原作読むと少し印象が変わったり。ちょっと気が強いけど、賢くて素直なチャグムが可愛くてたまりません。自分に息子がいるからか息子物には滅法弱く、最後は分かっていても涙腺が緩む…。後書きによると、バルサとチャグムの物語はこの後も続くそうなので、ドラマと原作、どちらも続編を追います!
読了日:9月19日 著者:上橋菜穂子

おむすびころりん (はじめてのめいさくえほん)おむすびころりん (はじめてのめいさくえほん)感想
「桃太郎」が近頃大好きな2歳9ヶ月の息子に。そろそろしっかりした物語も楽しめるのか!といそいそと借りてみたが、やや文章量が多いせいか、おじいさんが好みでないのか最後まで辿り着かず、脱線。私も詳細は忘れていたけど、意外と後味の悪い話だったのね^^;「隣のおじいさんのもらった箱にはあまり嬉しくないものが入っていた」くらいのオチだと思ってたわ。欲深じいさんには、罰重すぎなあたりがグリム童話っぽい気もするけど、それはそれでよいか。
読了日:9月16日 著者:いもとようこ

平面いぬ。 (集英社文庫)平面いぬ。 (集英社文庫)感想
初乙一さん。読友さんにおすすめしていただきました。全部が不思議な話で、切なさと嫌な感じが混ざってなかなか面白かったです。石ノ目の正体にはびっくり。”石ノ目”はどんな気持ちで”私”と接していたんだろう。動く人形の「BLUE」はホラーかと思いきや、不思議かつイヤなお話。後味は悪いけど、こういうの結構好き。テッドはあの後新しい玩具を買ってもらえたのだろうか。グロくない作品が他にもあれば、また読んでみたいです。
読了日:9月7日 著者:乙一

読書メーター


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事
別窓 | 読書まとめ | コメント:2 | ∧top | under∨
<<2歳9ヶ月の成長記録~体が小さい問題と、お友達に優しくできない問題勃発~ | シンプルにいこう。 | 2016年10月 楽天お買い物マラソン購入記録>>
この記事のコメント
こゆりすさん、こんにちは!

ちょびっとお久しぶりーです(´∀`*)
先週まで沖縄へプチ旅行へ行ってきたんですが、
帰ってきた途端酷い風邪……
どうやら北海道との20℃近い気温差に、すっかり体がやられてしまったらしいのです(笑)
今日と明日は引きこもって安静にしています^^;

グロくない乙一さん、著作の中では珍しいんですよねぇー
個人的には、どんどん白乙一作品も書いて頂きたいところなんですが…
山白朝子名義の作品は、怪談・伝承風な物語なので、また一味違いました♪

上橋さんも面白いですよぉーー!!!
守り人シリーズはもちろん、「獣の奏者」や「鹿の王」も最高です(*^_^*)
バルサ、カッコイイですよね。あんな強い女性になりたい…(笑)
2016-10-22 Sat 13:42 | URL | ななこ #- [内容変更]
>ななこさん
沖縄旅行!いいですね~♪
私も昨日までプチ旅行してましたが、隣県で温泉でした(←おばあちゃんかw)
でも風邪ひかれたんですね><
体温めてどうぞお大事に!

山白朝子名義は怪談風とのことですが、「石ノ目」みたいな雰囲気でしょうか?
あれくらいなら、怖がりの私でも大丈夫でした^^
また読んでみたいと思います♪

まだ十二国記も最新刊まで読めていないというのに、上橋さんのファンタジーもいろいろ気になるのがあって、手を出したくなってます^^
ファンタジーってやっぱりいいですね♪
(「彩雲国物語」や「八咫烏」シリーズもめっちゃ気になってますw)
2016-10-22 Sat 21:15 | URL | こゆりす #- [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| シンプルにいこう。 |