2016年8月読書まとめ
会社の同僚さんに借りた「東京喰種」がグロいけど、とっても面白いです。
が、同僚さんは7巻でリタイアしたそうで、この後どうしよう^^;
当たり前だけど図書館には置いてないし(汗)、
途中から買うのもなんか嫌だし、GEOで借りてみるか…?

小説は久しぶりに東野さんばかり読んでいます。
東野さんはどの作品も安定して面白いのですが、
映像化前提に作られたような内容でウワっとなったことがあり・・・
しばらく遠のいていましたが、やっぱり面白いです。



2016年8月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:2533ページ
ナイス数:195ナイス

プラチナデータ (幻冬舎文庫)プラチナデータ (幻冬舎文庫)感想
これは面白い!白鳥里紗が登場する頃まで神楽の容姿をなぜか読み間違っていて、田口浩正さんを思い浮かべながら読んでいました(苦笑)何を考えてるかわからない嫌なヤツだった神楽が、スズランや秘境に住む人たちと関わる中で変わっていくのを好ましく読みました。教会の結婚式のシーンが良かった。私も他の方も書かれているマイナンバー制度を思い出しました。基本的には賛成の立場なのだけど、こういう可能性もあるのかもと思うと少し怖いような気も。
読了日:8月27日 著者:東野圭吾

東京喰種 7 (ヤングジャンプコミックス)東京喰種 7 (ヤングジャンプコミックス)感想
カネキくんが…カネキくんが変わっちゃった!グールとして生きるために強さは必要だろうけど、彼の人柄があれだけ多くのグールを動かしたのもまた事実で。今までグロいとこいっぱいあったけど、拷問シーンが一番キツいかも。ヤモリみたいなやつがいたら、そりゃ人間と共存できませんぜ。店長はやっぱり店長で良かったけど、「魔猿は留守番を頼む」にはウケた(笑)ニシキにいつのまにか芽生えていた友情にも泣いた。
読了日:8月26日 著者:石田スイ

東京喰種 6 (ヤングジャンプコミックス)東京喰種 6 (ヤングジャンプコミックス)感想
うわ…なんかシリアスになってきたなー。5巻までのストーリー展開の方が好きだったかも。強い人多すぎて、この後どうにかなる気がしない。文化系のカネキが幹部の一人と対等に闘えるなんて、強くなったなぁ。万丈さん、めっちゃいい人~!死んでほしくないなぁ。どっちかっていうと常識人が好きなので、倫理観ゼロの什造はかなり苦手なタイプかも…(真戸さんも苦手だった)。読者への説明回だとは思うけど、捜査官なのに赫子のタイプ知らないとかありえない^^;最後の店長の発言はどういう意味?
読了日:8月22日 著者:石田スイ

東京喰種 5 (ヤングジャンプコミックス)東京喰種 5 (ヤングジャンプコミックス)感想
一巻では最低だったニシキの好感度が急上昇。死ぬほど空腹でも食べなかったくらい、貴未を大事にするのはそういうことね~。人とグールでも愛し合うことができるんだ。5巻はただただ月山の変態っぷりに圧倒されました。しかし、たった一口でトーカちゃんがあんなに力を発揮できることを考えたら、リゼは食べすぎなんてレベルじゃない^^;CCGもせっかくマトモな面子になったと思ったのに、キャラ濃いのが来たなー…
読了日:8月14日 著者:石田スイ

東京喰種 4 (ヤングジャンプコミックス)東京喰種 4 (ヤングジャンプコミックス)感想
トーカちゃんやニシキが人間の友達や彼女を大事にしてたのがなんか嬉しかった。四方さん、かっこいいなー。彼だけが「ケン」って呼んでるのもちょっと嬉しい。人間だっていろんな生き物食べるし…って意見もあるけど、大勢の目の前で解体して食べることを嬉しがるなんて、人間に置き換えて考えてみても美食家の会はやっぱり異常だわ。
読了日:8月12日 著者:石田スイ

東京喰種 3―トーキョーグール (ヤングジャンプコミックス)東京喰種 3―トーキョーグール (ヤングジャンプコミックス)感想
まさかの真戸リタイア。亜門もカネキも格好良かった。二人の根本にあるのはきっと同じで、いつか分かり合えそうな気がする。人とグール、どちらでもあるカネキにしかない強さを感じられた巻でした。少々短絡なトーカちゃんが本部に乗り込んだせいで、二人とも顔バレしちゃったよ!
読了日:8月11日 著者:石田スイ

私が彼を殺した (講談社文庫)私が彼を殺した (講談社文庫)感想
被害者はどうしようもないクズだし、容疑者達もなかなかの性格。美和子は気の毒な立場ではあるのだけど、妙にイライラさせられました。「どちらかが彼女を殺した」の時と同様、袋綴じを読んでもさっぱり分からず、ネットで解説を読みました^^;一番不思議なのは、毒薬を入手する機会も仕込む機会もあったのに、加賀さんが美和子を早々に容疑者から外してしまったこと。動機がないから?でも動機なんて他人からわからないことだったりするもんでは?とはいえ、「どちらか~」よりは犯人はすっきりしたかな。
読了日:8月9日 著者:東野圭吾

東京喰種 2―トーキョーグール (ヤングジャンプコミックス)東京喰種 2―トーキョーグール (ヤングジャンプコミックス)感想
喰種がどうやって人間社会で暮らしているかがわかる2巻。喰種だからといって、皆が皆狩りをして生きてる訳じゃないのねー。リゼみたいななのが異常なのかも?ウタさんいいキャラだなぁ。喰種より化け物っぽいビジュアルと残虐嗜好がある真戸は強烈すぎるとしても、亜門の志や気持ちも分かるし、どちらが善悪なのが分からなくなる。小野不由美さんの屍鬼を連想させられます。
読了日:8月7日 著者:石田スイ

東京喰種 1―トーキョーグール (ヤングジャンプコミックス)東京喰種 1―トーキョーグール (ヤングジャンプコミックス)感想
書店で平積みされているのでずっと気になりつつも、グロ苦手なので怯んでいました。飲みの席で漫画の話になり、同僚が貸してくれたので着手。一話目からいきなりの展開で怯みましたが、期待通りの面白さ。話の展開も絵柄もとっても好き。しかし絵がお上手なだけに食事シーンが生々しいので、グロいシーンは流し読み気味^^;不死身に近いのに空腹は正気を失うほど辛く、人の食べ物も全然受け付けないなんて、グールって不便な生き物だな。
読了日:8月4日 著者:石田スイ

読書メーター



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事
別窓 | 読書まとめ | コメント:2 | ∧top | under∨
<<2016.9月 楽天スーパーセール前半戦のお買い物記録 | シンプルにいこう。 | 【廉価版お掃除ロボ】我が家では手放したけど、マットや階段のない家にはおすすめ>>
この記事のコメント
東京喰種
こゆりすさん、こんにちは!

『東京喰種』ハマりましたか?(*´▽`*)
最初はなかなかのグロ展開で怯むんですよね…
ここで最初の脱落者が出ると思われます(笑)

でも読み進めていくと、
人間って不思議なものでグロにも耐性ができ始めるんですよねぇ。
もう私、今読み返しても全然大丈夫になりました(良いんだか悪いんだかw)

でもそれ以上に本当にストーリーが素晴らしくて、
第二部(『東京喰種:re』)のほうも、最近さらに面白い展開になってきました。
是非めげずに読み進めていって欲しいです!!

あ~~こゆりすさんの近くに住んでいたら、
漫画全巻押し付けるのになぁ!(笑)
2016-09-03 Sat 10:52 | URL | nanaco #- [内容変更]
>nanacoさん
東京喰種、評判通りとっても面白いです!
ストーリーも文句なく面白いし、絵柄もキャラもとっても好みで^^*

私、1話目を会社の休憩時に何気なく読んでたんですが、急なグロ描写に思わず本を閉じてしまいました^^;

ホントnanacoさんが近くに住んでたら良かったのに笑
7巻がまた一段と気になるところで終わってるので、どこかで手に入れて続き読みたいと思います~!
2016-09-04 Sun 05:35 | URL | こゆりす #- [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| シンプルにいこう。 |