【超手抜き】混ぜるだけ!白くならない日焼け止めローション と、日焼け止めのジレンマ。

こゆりす

ピーチピッグさんの液体紫外線カット材を使って、
混ぜるだけの日焼け止めローションを作りました。

市販の化粧水使ってるし、
材料二つをただ混ぜるだけなので
レシピともいえない代物ですが一応覚え書きを。


【混ぜるだけ!白くならない日焼け止めローション】
無印の化粧水 40g
液体紫外線カット材 10g


diary-1324.jpg


SPF30、PA+++くらいを想定しています。
市販の化粧水に混ぜたのは
一から手作りするのが面倒だったのもあるけど、
何より防腐効果が安心できるから。

パラベンなんかの防腐剤は批判されがちですが、
手作りすると完璧に殺菌して作るのは無理なので
私は衛生面では市販の方が安心できます。

化粧水がベースなので、しゃばしゃば。
しゃばしゃばすぎて、使う度に液垂れするので、
スプレー容器に入れるか、とろみのあるジェルに混ぜれば良かったかも。
次回はそうしよう。


このピーチさんの液体紫外線カット材、
高濃度で配合しても白くならないし、
液体だから扱いが楽なので愛用しています。

紫外線吸収剤を使ってるので避ける人も多そうですが、
こちらはシルクコーティングをして直接肌につかないようにしているそうなので
刺激になりにくいのだとか。

ピーチピッグさんのサイトはこちら → http://www.natural-goods.com/


ちょっと前に知ったことなのだけど、
手作りコスメのUVカット剤としてメジャーな
「酸化チタン」や「酸化亜鉛」は活性酸素を出すらしい。
活性酸素は肌をサビさせる=老化させるもの。
天然だから、手作りだから安心というのはちょっと違うかも、と最近思います。

といって、紫外線に対して無防備なまま外に出るのも厳しいし、
紫外線吸収剤は肌刺激になるというし(私は大丈夫だけど)、
ナノ粒子も良くないというし・・・

ええいっ、どうしたらいいねーん!!


いろいろ突き詰めて考えたら何が良いのかわからなくなります。
そこに元来のズボラが顔を出し、
市販のコスメが増えてきた今日この頃^^;


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ

関連記事
Posted byこゆりす

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply