#5 緑茶マルセイユ
石けんを手作りするなら、どうしても作りたかった緑茶石けん。

先月、オイルが届いてすぐに緑茶のインヒューズドオイルを仕込みました。
色や香りの移り方が微妙だったので、もう少し寝かせてからにしようと思っていたのですが、
日本酒と間違ってエタノールに漬けてしまった緑茶があったので、作ってしまうことにしました。

diary-63.jpg

オリーブオイルの色をちょいと濃くしたくらいの微妙~な浸かり具合。
香りと色を移すには、緑茶でオイルが黒くなるくらいにしないといけないそうです。
1ヶ月弱、朝晩2回ずつ愛をこめて振り混ぜていたんですが
ウルトラ抽出じゃないと香りと色は出にくいと、後日わかったものの後の祭りです。

このままじゃ香りも色も期待できそうにないので、緑茶チンキ登場!
diary-61.jpg

こちらはなかなかの色黒さん。
オイルもこれくらい色がついてくれたら良かったんだけどねぇ。
チンキを使うと劇早トレースで失敗の元になることを知りつつ、こうなったらやるしかあるまい?


とりあえず、できる限りアルコールを飛ばす努力をしてみる。
前回、桜酒の石けんを作る際、日本酒を鍋に入れて直接火にかけたので、
アルコールと同時に水分も大幅に飛んでしまい、
4割ほどしか残らなかったので、今回は地道に湯銭

鍋にはかけず、今回は電気ケトルの中にパイレックスの耐熱計量カップを入れて、
温度が下がってはスイッチを入れ・・・を繰り返して飛ばしてみました。
蓋付きなので、保温機能はないけどしばらく熱さを保ってくれるのでちょうど良いかなと。
まだアルコール臭がするので、最後は結局鍋で湯銭しました。(え?)
90mlのチンキが50mlくらいまで減ったところでストップ。
直火にかけた日本酒でさえもボテボテになったのに、今回はそれより度数の高いチンキ。
いやーな予感。。。

チンキ以外は出来る限りトレースを早めたくなかったので、今回はマルセイユ石けんに決定。
キャスティールにしようとも考えたけど、どうしても泡立ちにくいことと、
柔らかい石けんになることが気になり。
キャスティールはいつか挑戦予定。


diary-64.jpg

#5 緑茶マルセイユ
 オイル:オリーブ、パーム、ココナッツ、ひまし油、ミリスチン酸
 OP:緑茶チンキ(水分の一部置き換え)
 ディスカウント:5%
 500gバッチ
 トレースまでの時間:5分
 解禁日:4月2日


あぁ・・・もう見るからに失敗石けんだ(涙)

緑茶の香りに期待して香り付けは全くしていないのですが、
緑茶ではない、何やら甘い香り。。

夫にもかいでもらったら「イチゴ!」
・・・ほんと!イチゴの匂いがする。
それもお菓子のイチゴフレーバーではなく、生のイチゴの香り!
緑茶がイチゴに化けるなんて、石けんは不思議だ~。



・・・と、現実逃避はこのへんにして、今後のために失敗の過程をば。。。

ココナッツを抑えても泡立ちが良くなるように、ミリスチン酸を5%使いました。
・・・が!
想像以上にトレースが早かった?
苛性ソーダ水を入れた瞬間に生地が重くなり、すでにトレース寸前。
かきまぜることで5分でしっかりめのトレースが出たので
チンキを入れるとさらに重くなり、一瞬にしてクリーム化。
今にして思えばチンキを使うのにミリスチン酸も入れるなんて、自殺行為だわ。

なんとか頑張ってかき混ぜましたが、10分経過後にはあんこくらいの固さにまで鹸化が進み
これ以上はかき混ぜられーん!
ってとこで型入れ。
あんこ状の生地を入れるはホントに大変
表面はなかなか滑らかにならないので、いっそ波々にしようと思いましたが
私の牛乳パック型は上側が完全にあいてないので、結局スパチュラで無理やり平らにして終了。
(↑結果は、写真の通り平らにすらなってないです)
やっぱりちゃんとした型が必要かなぁ。

何より不安なのが、攪拌時間が10分だったこと。
今までも10分トレースはあったのだけど、ここまで固い生地ではなかったから、
同じ10分でもそれなりにかき混ぜた感はあったし、実際使ってみても大丈夫でした。
今回は早い段階からモッサモサで、あの状態ではどうにもこうにも混ぜられず、
きっちり鹸化されたかがとても不安です。
いきなりリバッチか、と溜息をつきつつ本のQ&Aを見ると、
「石けんの中に『キラッと光るもの』や『ナイフを入れてゴリゴリ当たる感じ』があれば
ソーダの溶け残り」
だと書いてあり、それはないからひとまず熟成してみることに。
4週間後、鈍感肌の私で刺激があれば初リバッチに挑戦だな。


案の定、気泡で穴ぼこだらけ。
見た目も仕上がりも憂鬱な石けんになってしまいました??
イチゴの香りだけでもいいから、持続しておくれ~。


さらにキモイ作品がこちら。。
diary-65.jpg
石けんの一部に以前作った石けんを刻んだものをグサグサさしてみました。
ソーパーさんの間ではコンフェティなどと言うらしい。
先輩ソーパーさんのコンフェはそれはもう、かぁいらしい?????ので、
腕もないくせにマネしてみたら、このザマです。
色合いといい、さし方といい、ここまでキモくしてしまった自分のセンスが悲しい。。。


関連記事
別窓 | 作ったせっけん | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<チョコレート石けん解禁 | シンプルにいこう。 | 頭皮用ヘアウォーター(試作品)>>
この記事のコメント
うふふ
キモイって笑

大丈夫よ~京都のお菓子にこんなんありそう^^

抹茶とあずき、とか言って!

緑茶の石鹸、すごい効果ありそうだね!!私も安物の石鹸だけど、緑茶石鹸買ったんだ。楽しみー!!
2010-03-13 Sat 00:19 | URL | ちーこ #79D/WHSg [内容変更]
いやいや。。
写真では細かい穴ぼこが見えないから、まじまじと見れば見るほど気持ち悪い。。

しかも一番マシなコで写真を撮ったので、他のはもっと悲惨なの~(涙

京都の高貴なお菓子に例えたら、お菓子に失礼です!

使い心地は良いといいなぁと期待しております(泣



ちーこちゃんが買った緑茶石けんって、あの有名なやつかな?

わぁ~!ぜひレポしてください☆
2010-03-15 Mon 10:44 | URL | こゆりす #79D/WHSg [内容変更]
Re:#5 緑茶マルセイユ(03/12)
こんばんは(^_^)/



たびたび、おじゃまします(^○^)



このページ大好きです!(爆)

私も緑茶石鹸では多数失敗したので(^_^;)



今度私もコンフェティ挑戦します!それにしてもミスチリン酸とは激早トレースですね~。使ったことないですが(^_^;)



私も多数失敗してるんで…。でも何でもトライ精神!

っすね(^_-)-☆
2010-05-14 Fri 20:51 | URL | 心明光 #79D/WHSg [内容変更]
心明光さんへ♪
失敗の見本みたいな石けんですよね、これ^^;



でも、見た目とは裏腹にこれがなかなかいいコなんですよ☆

洗顔ネットで泡立てるとしっとりして、突っ張らず、

イチゴの香りで癒されてます(^^*



ミリスチン酸は泡立ちや固さにこだわらないなら、特に必要ないものだと思います。

私はモクモクするほど泡立ちがいい石けんが好きなので^^

これを使うとトレースが30分以内に出るので、

思いついたら準備~型入れまで1時間以内で石けんが作れるのも気に入ってます♪

もし使うなら最初は1%からにした方がいいと思いますが。。



心明光さんのコンフェ石けん、楽しみにしてますよー!!
2010-05-15 Sat 14:44 | URL | こゆりす #79D/WHSg [内容変更]
はじめまして♪
こんにちは。

Ruiと申します♪♪

ブログにはせっけんの話はほとんど書いていないのですが(とにかくセンスがなくてヘタなので紹介できないもので・・汗)、今、密かに緑茶せっけん作りにはまってます!!

検索していたら、こちらのサイトがHITしました!

しかも、ふと見ていたら、いつも参考にさせて頂いている心明光さんのコメントがって、これは通り過ぎるわけにはいかない!と思ってコメントさせて頂きましたヽ(^0^)ノ

試行錯誤が伝わってきてイキイキしていて素敵なブログですね!楽しく読ませて頂きました(*‥*)

また遊びに来ます!ヽ(^0^)ノ

2010-06-20 Sun 18:43 | URL | Rui++ #79D/WHSg [内容変更]
Rui++さんへ♪
初めまして!

コメントありがとうございます^^

Rui++さんのblog、存じております♪

blogをしてない2年ほど前に、ナチュクリを始めたのですが、

その時に液体や洗濯用粉石けんのレポなど、よく勉強させていただいてました。

それがすっごく参考になって、今も続いています。

(私もゆるゆるナチュクリ&脱ケミなので、厳密にはやってませんが)



Rui++さんも先輩ソーパーさんなんですね♪

手作り石けんのセンス、私も全くないです…^^;

心明光さんも緑茶石けんに凝ってらっしゃるようですね。

密かに緑茶石けんブーム!?



文章も下手なのに、イキイキしていると褒めてくださって嬉しいです^^*

試行錯誤ばっかりなんですが、同じ失敗をしないように

自分の覚書きとして綴ってるつもりでした。

Rui++さんのblogにもまた遊びに行きますねん☆
2010-06-21 Mon 14:16 | URL | こゆりす #79D/WHSg [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| シンプルにいこう。 |