【3歳9ヶ月】最近読んだ絵本vol.3
ずっと書きたかった、お気に入りの絵本記事。
お久しぶりの第三弾。

今の月齢である「3歳9ヶ月」を記事タイトルに書きましたが、
これらの本に実際にハマっていたのは半年ほど前のことです。
私自身の読書記録もそうですが、
マメにブログを書けてないもんで全然追いつかない^^;



【3歳3ヶ月】vol.1
【3歳4ヶ月】vol.2




「三びきのやぎのがらがらどん」



息子のリクエスト本。
3歳になった頃から保育所の先生に読んでもらって
気に入った絵本のリクエストをしてくれるようになりました。
私はたぶん絵本は好きだったと思うのですが、
自分自身の子ども時代の絵本の記憶がほとんどないので
こうやって息子を通して新しい絵本を知ることができるのはとても楽しいです。

こちらも昔からある名作だそうですが、
絵の力強さとともにストーリー展開に度肝を抜かれます。
残酷にも関わらず教訓がある訳でもないのですが、
それでもなぜか惹かれる不思議。
息子が3歳ちょうどの頃に一番ハマっていた絵本です。




「あしにょきにょきにょき」




こちらは図書館の読み聞かせの会で知った絵本。
食いつきが良かったので予約したら、
間違えていきなり続編の方を借りてしまいました。


こちらが第一弾の絵本。

ある日、豆を食べたポコおじさんの足がぐぐーんと伸びて、
街中を闊歩するというお話。
続編では、敵役の謎の足と戦うシーンがあり、
一時私と息子の間で足だけで戦う遊びが流行りました。笑




「ぞうくんのさんぽ」



こちらも保育所で読んだもらった絵本。
ぞうくんがお散歩していたら、次々と動物が仲間入りして…。
ストーリーがシンプルで絵柄がかわいらしいので、赤ちゃんにもおすすめ。
3歳頃から長めの話を好むようになり、
楽しいのですが連続はちょっと疲れるので、
こういうシンプルな絵本は母の休憩本としても最適。


シリーズ物の「あめふりさんぽ」も好きです。




「だるまちゃんとてんぐちゃん」



これは読書メーターで知ったんだったかな?
こちらも昔からある名作…らしい。
だるまちゃんとてんぐちゃんは仲良し。
だるまちゃんはてんぐちゃんの身につけているものが
片っ端から羨ましくなります。
我儘を叶えてくれるコワモテのだるまのお父さんも素敵ですが、
マネっこばかりされているてんぐちゃんがちっとも怒らず、
「いいね」と褒めてくれて、いい友達すぎる…!
人間関係に癒される一冊です。




「りんごかもしれない」



有名なヨシタケシンスケさんの絵本。
この方の頭の中は一体どうなってるんでしょう。
空想…いや妄想が止まらない世界感に大人も吹き出すこと間違いなし。
もうちょっとお兄ちゃん向けの絵本かなとも思いましたが、
「らんご・りんご・るんご…」のくだりとか、
髪の毛が生えたあたりはわかりやすいようで
3歳児と一緒に笑えます。



次回はいつになるやらわかりませんが(その前にこの記事誰が読んでるんだ?)
需要がなくてもvol.4に続く予定。



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ

別窓 | へっぽこ育児 | コメント:0 | ∧top | under∨
| シンプルにいこう。 | NEXT