【46番目の密室】 有栖川有栖

日本のディクスン・カーと称され、45に及ぶ密室トリックを発表してきた推理小説の大家、真壁聖一。クリスマス、北軽井沢にある彼の別荘に招待された客たちは、作家の無残な姿を目の当たりにする。彼は自らの46番目のトリックで殺されたのかー。有栖川作品の中核を成す傑作「火村シリーズ」第一作を新装化。



学生アリスシリーズを全て読了し、とても面白かったので
ついにこちらの「作家アリスシリーズ」にも手を出してしまいました。
こちらも負けず劣らず面白い!

一度で火村先生が好きになりました。
双頭の悪魔」の志度晶がモデルだと聞いていたけれど、
一作目を読んだ印象ではあそこまでエキセントリックではないし
(志度さんも嫌いではないけどね)
礼儀正しくて友情に厚いところも素敵。
ちょっぴり変わっているけど、ほぼ常識人という印象。

なんでも作家アリスと学生アリスはパラレルワールドだそうで…
作家アリスが書いた推理小説が学生アリスで
学生アリスが書いた小説が作家アリスシリーズ、ということになっているそうです。

密室トリックはお手上げだったし、
私もアリスが犯人だと思った人をずっと疑っていました^^;

探偵役は火村先生。
真犯人に同情してしまって、なんだかやりきれない気持ちに。
この読後感も含めて、有栖川さんの作品はやっぱりいいなぁ。

こちらのシリーズはたくさんあるようなので、当分楽しめそうです。


★★★★☆


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

別窓 | 映画・小説レビュー | コメント:0 | ∧top | under∨
| シンプルにいこう。 | NEXT