2017年5月読書まとめ
小説は2冊だけ。
先月は途中から無職でしたが
通勤時間が読書時間なので、意外とはかどらず^^;
就活やら保育所行事なんかで、のんびりした感がなかった無職期間でした。



5月の読書メーター
読んだ本の数:16
読んだページ数:1113
ナイス数:303

すりかえかめんすりかえかめん感想
3歳息子が自分で選んだ絵本。まさかこんな本があったとは!あの『すりかえかめん』とは別と思ったら、本当にすりかえかめんだった(笑)だんだん難易度が増してくるけど、3歳児でも意外とできることに驚き。これなら間違い探しも楽しめそう。一度やったら覚えてしまうから飽きるのでは、と思ったけど、不思議と何度も持ってくる本。
読了日:05月29日 著者:古川 順一

オレ・ダレ (講談社の創作絵本)オレ・ダレ (講談社の創作絵本)感想
3歳の息子が自分で選んだ絵本。シルエットと本人のヒントから動物を当てる絵本。おかあさんといっしょの『シルエットはかせ』とほぼ同じ趣向。いくつか当てられない動物がいたけど、そのうちのひとつ、テナガザルを今日動物園で見てきた。タイムリー。実物は平気だけど、このシルエットのシマウマは怖いらしくページを飛ばすことを要求。面白い絵本だけど、3歳母の心配の種は「オレ」という主語を真似しないかということ^^;まだまだ主語は「○○ちゃん」でいてほしいし、その次は「ぼく」でいてほしい母心。
読了日:05月27日 著者:越野 民雄

やさしい かいじゅうやさしい かいじゅう感想
3歳の息子が自分で選んだ絵本。他の動物と見た目が違うからと友達ができないかいじゅうさん。ある日小さな木と友達になったことで変わり始める…。特に悪いところがなくても、見た目がちょっと違うだけで仲間に入れてもらえないことって多々ある。体を張って友達の木を守る、何の屈託もなく実を分けてあげるかいじゅうにぐっとくる。息子、ナイスチョイス。
読了日:05月27日 著者:ひさまつ まゆこ

ダンダン こうじ はじまります (視覚デザインののりものえほん)ダンダン こうじ はじまります (視覚デザインののりものえほん)感想
3歳5ヶ月の息子が図書館で自分で選んだ本。ぶっとび展開にちょっと驚かされる。そして、よくもまあこれだけの擬音語が思いついたもんだと。最近、近所の解体工事現場見学が日課なので、重機好きには楽しい一冊。
読了日:05月26日 著者:視覚デザイン研究所

しまうまのさんぽ (日本傑作絵本シリーズ)しまうまのさんぽ (日本傑作絵本シリーズ)感想
3歳5ヶ月の息子が図書館で自分で選んだ本。しまうまの体がいろんな模様に変わるのが楽しい。借りたかったけどすでに10冊近く借りていて、どうにも重かったので自分で選ばせたところ、こちらは落選。でも私は好きだ。
読了日:05月25日 著者:U.G. サトー

しんかんせんの1にち (でんしゃのひみつ)しんかんせんの1にち (でんしゃのひみつ)感想
最近くるまよりでんしゃが好きな3歳5ヶ月の息子が図書館で自分で選んだ本。まだちょっと難しかった模様。というか、新幹線の名前が変わるとか、何往復するとか、電車素人の私にも知らないことだらけだった。
読了日:05月25日 著者:

ぐりとぐらのおまじない (ぐりとぐらの絵本)ぐりとぐらのおまじない (ぐりとぐらの絵本)感想
3歳5ヶ月の息子が図書館で自分で選んだ本。おまじないを幼児に説明するのはなかなか難しい。説明が下手でピンとこなかったらしく、ただのぐりとぐらの話だと思ったかも^^;小さくて目立たず、借りたもののほとんど読まなかった。
読了日:05月25日 著者:なかがわりえこ

新版 ちょう―あげはの一生 (こんちゅうの一生シリーズ) (福音館の科学シリーズ)新版 ちょう―あげはの一生 (こんちゅうの一生シリーズ) (福音館の科学シリーズ)感想
図書館で3歳の息子が持ってきた絵本。蝶の一生が丁寧に描かれている。青虫の前は色が違うことも、通る道が決まっていることも、卵を産んだら死んでしまうことも知らなかった。3歳の子には少々難しく、貸し出しなし。
読了日:05月21日 著者:得田 之久

まっすぐにいこう。 (26) (マーガレットコミックス (3840))まっすぐにいこう。 (26) (マーガレットコミックス (3840))感想
ビデオレターの件は伏線があったのに見事に騙されて、私も郁ちゃんみたいに微妙な気持ちになりました^^;空ちゃんの我儘キャラが苦手なので、完全に八つ当たりとはいえ、ガツンと言ってもらえてスッキリ。源さんのプロポーズ(?)はすごくかっこよかった!陣内とこばちゃんはそっちか~。こちらはちょっと残念。犬達が人間の言葉がわからなくなったところで終わるのかと思って焦りました。本当は再読して処分しようと思っていたのに、最終巻を買うことになるほど、やっぱり大好きな漫画でした。処分するのはやめて、時々読み返したい良作。
読了日:05月17日 著者:きら

だるまちゃんとてんぐちゃんだるまちゃんとてんぐちゃん感想
3歳5ヶ月の息子に。てんぐちゃんの持ち物が全てうらやましくなるだるまちゃん。息子が「おとうさんおこってる!」というくらいコワモテのおとうさんなのに、おねだりすると出来る限りたくさん出してくれるのがなんか癒される。マネされっぱなしなのに、いつも褒めてくれるてんぐちゃんがまたええ子や~
読了日:05月10日 著者:加古 里子

人間じゃない 綾辻行人未収録作品集人間じゃない 綾辻行人未収録作品集感想
綾辻作品の未収録短編集。綾辻さんは結構読んできたと思ったけど、既読だったのは「人形館」「どんどん橋、落ちた」の二作のみ。おまけに架場も希早子も見事に失念。幻想の風味付けをした綾辻ミステリは好きだけど、「崩壊の前日」は私には理解できない世界感だった。表題作の「人間じゃない」の由伊とは別人?大の怖がりな上、グロも精神病棟の描写も苦手なので、全体的に苦手な系統の作品集だったけど、お好きな方にはたまらん一冊なのでは。「フリークス」はずっと気になっていたのだけど、表題作と同じような雰囲気ならやめとこうかな…。
読了日:05月08日 著者:綾辻 行人

あしにょきにょきにょき (えほんのぼうけん)あしにょきにょきにょき (えほんのぼうけん)感想
3歳児のここのところ一番のお気に入り。図書館の読み聞かせの会で出会った本だけど、よく見たらこちらではなくて、前作の方だったらしい。建物を破壊する足は「わるいあし」、ポコおじさんの足は障害物をうまいこと避けていて「よいあし」扱いだけど、個人的には十分迷惑行為^^;それでも、街の人も本人も満足している世界観が楽しい。
読了日:05月07日 著者:深見 春夫

仮面山荘殺人事件 (講談社文庫)仮面山荘殺人事件 (講談社文庫)感想
少しの違和感はあったものの、見事に騙されました。解説で叙述トリックとあったけど、これも叙述トリック…なのか。もう少し伏線があったらより満足だったけれど、とても面白く読めました。むしろこの程度で許してあげるなんて優しいとさえ思った。朋美のことはともかく、今回のことは殺人未遂で逮捕できるのでは?
読了日:05月07日 著者:東野 圭吾

めっきらもっきら どおんどん (こどものとも傑作集)めっきらもっきら どおんどん (こどものとも傑作集)感想
「おっきょちゃんのかっぱ」を3歳の息子ともどもいたく気に入ったので、同じ作家さんの組み合わせということでレンタル。なにこの世界観。好きすぎる。ファンタジー好きには垂涎もの。怪物たちのビジュアルはなかなかのものなのに、怖がりの息子でも怖がらず、魅力を感じている模様。歌を思い出したら、また一緒に遊べる日がくるかな。
読了日:05月05日 著者:長谷川 摂子

こどものとも年中向 2012年 07月号 [雑誌]こどものとも年中向 2012年 07月号 [雑誌]感想
「おばけかぞくのいちにち」が購入するほど親子とも気に入ったので、同シリーズをレンタル。「いちにち」「たんけん」に次いで三冊目だけど、これはちょっと微妙。次々出てくるオバケの名前にどうもついていけず、脈絡がないように思える遠足の行程もなんだかいまいち。でもすごく楽しそう。
読了日:05月03日 著者:

おばけのたんけん (こどものとも絵本)おばけのたんけん (こどものとも絵本)感想
「おばけかぞくのいちにち」が購入するほど親子とも気に入ったので、同シリーズをレンタル。さくぴーとたろぽう達が洞窟の中を探検。洞窟というのは、どうしてこうもワクワクするんだろう。今回友達が出てきたことで、どうにもややこしくて名前が覚えられない^^;さくぴーの性別もいつも勘違いしそうになるので、名前が覚えやすければ言うことなし。
読了日:05月02日 著者:西平あかね

読書メーター



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ

別窓 | 読書まとめ | コメント:0 | ∧top | under∨
| シンプルにいこう。 |