【どちらかが彼女を殺した】 東野圭吾

最愛の妹が偽装を施され殺害された。愛知県警豊橋署に勤務する兄・和泉康正は独自の“現場検証”の結果、容疑者を二人に絞り込む。一人は妹の親友。もう一人は、かつての恋人。妹の復讐に燃え真犯人に肉迫する兄、その前に立ちはだかる練馬署の加賀刑事。殺したのは男か?女か?究極の「推理」小説。(「BOOK」データベースより)



謎解きや犯人指摘の論理的説明はありますが、
最後まで読んでも犯人が明記されていないという
ちょっと変わったミステリです。

犯人特定のヒントである袋綴じ解説がついていますが、
私は最後まで二転三転する展開に頭がついていかず、
解説を読んでもなお理解できず、
結局ネットで解説を読みました。

けど、あちこちで書かれている通り、○○なのは決定打にはならず、
裁判になったら、そんなくらいなんとでも言い逃れできるんだよね。
依然自殺の可能性も、もう一人が犯人の線も消えてないんだよなぁ。
ということで、私はいまひとつスッキリしませんでした。
やっぱり答えが示されている話の方が好きかな。

主人公は犯人を追う側であるにも関わらず、
追われる側にもなる倒叙ものという構造はとても面白かったです。

スッキリしなかったことに文句を言いながらも
この後、容疑者が三人バージョンの
「私が彼を殺した」も読んでいます。
その感想はまたいずれ。


★★★☆☆ 3.5



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

別窓 | 映画・小説レビュー | コメント:0 | ∧top | under∨
| シンプルにいこう。 | NEXT