【幼稚園と保育所を比べてみた】アレルギーは何かと面倒くさい。
先日の成長記録にも書きましたが、
私の勤務先が事業縮小をすることに…
すぐに辞めないといけない訳ではないのですが、
確実に仕事の負担は重くなるし、
いつまで会社が存続するかもわからない状況。

保育所は当然ながら働いている人しか利用できず、
求職中の場合は3ヶ月以内に見つけないと退所しないといけません。
転職が難しいといわれる35歳…
3ヶ月以内に就職できる自信は全くありません^^;

という訳で、年末から急きょ幼稚園を検討中。
事態がせめてあと3ヶ月早かったら普通に幼稚園を申し込めたはず・・・
ちょっと会社を恨みつつも、時期が時期だけにとりあえず
通園可能範囲の幼稚園に問い合わせ。
結果、2園から三年保育の空きがあるという回答をいただけました。

ちなみに、二日前から願書をもらうために並ぶという人気園では
途中入園や二年保育も含めて、全く空きがないとのこと。

心はほぼ幼稚園に傾いていましたが、
最近その2園に見学に行き、迷いに迷っています。

保育所や幼稚園といっても、教育方針や様子はさまざまだと思います。
あくまで我が家の場合、ということで
夫に提示するために違いをまとめてみました。
(ここまでまとめてもろくに検討してくれない夫ですが…)



■保育所(現在通所中)

【メリット/特記事項】
・デフォルトの保育時間が長い
・給食の除去、代替が完璧で弁当負担ゼロ

・アレルギー児は食後の肌チェックをしてくれる
・常駐の看護師さんがいるので安心
・年少以降もトイレトレーニングを継続してくれる
・着替え、うがい、配膳の手伝いといった
 生活面に力を入れている
・徒歩3分、とにかく近くて送迎が楽
・母同士の関係がまったり。

 平日にランチなどは一切なく、ほとんどが挨拶程度。
・息子自身が慣れていて、進級後の負担が少ない
・1クラス制でまったり
 運動会でも15分前に行けば先頭で見られる
・公立のためベテラン保育士が多く、先生の質は比較的高い気がする
・先生同士の仲が良く、雰囲気が良い
・基本共働き世帯で、朝の保護者の3分の1はお父さんなので、夫に送迎を頼みやすい
・障害の有無に関わらず、いろんな子どもと一緒に過ごすことができる

【デメリット】
・役員の負担が重い
 ⇒進級すると役員はほぼ確定、それ以降は四役の可能性も高い
・退職したら原則利用できない
・親参加の行事がそこそこある
・年中まで昼寝がある(今でさえ22時まで寝ないのに…)
・お勉強っぽいことはほとんどなし
・公立のため習い事系も一切なし
・建物も園庭の両方が古くて狭い
 使える遊具が少ない(近所の小さい公園より狭い)
・園外への散歩が年々減っている
・先生が何かと小うるさい気がする←幼稚園も同じ?笑



■A/B幼稚園共通

【メリット】
・小学校に向けて、ある程度の教育はしてくれる
 どちらも勉強重視ではなく、のびのび系
・延長保育あり
・年少から昼寝なし

【デメリット】
・給食休みの日が多い
・主食(小麦)の代替食は作ってもらえない=他の子より弁当の日が多い

・デフォルトの保育時間が短い
・若い先生が多く、ベテランの安心感が低い(これはメリット?)
・トイレトレーニングはしない(ある程度おむつがとれているのが前提)
・共働きは少数派のため、夫に送迎を依頼しにくい
 (夫がそういうのを気にするタイプ)
・創立記念日とか行事の日とか
 何かにつけ延長保育できない日が多い
・人見知りが強い息子にとっては、転園は強いストレスになりそう



■A幼稚園

【メリット/特記事項】
・歩いて通える(徒歩6分くらい)
・音楽・美術・体育に力を入れているらしい
・園庭まあまあ広い

【デメリット】
・給食はアレルゲン除去のみ、代替食はないので栄養面が不安
・週一回お弁当
・アレルギーのため、麺類、パンの日も弁当

・行事多い(おそらく親参加行事が多い)
・クラス委員は先生が指名するらしい(ネット情報のため不確実)
・延長保育18時まで
・見学時の説明が最低限
・行事中の私語など、先生の質が微妙(ネット情報のため不確実)
・地元の友人曰く、ヤンチャそうな親子が多い



■B幼稚園(本命)

【メリット/特記事項】
・親参加行事が少ない
・名目だけ保護者会はあるが、保護者や役員の負担はなし
・母間の派閥なし
 特に延長保育を利用していると母同士の繋がりは少ない(C園の保護者情報)
 ⇒私も人見知りでママ友の関係が苦手なので助かる
・セキュリティが高そう
・放課後のクラブ活動(文科系・体育系)がある
・マンモス園。
 年少は担任二人、年中と年長は担任一人
 進級時にクラス替えはあるが、同じ地域の子は同じクラスになる
 年長は小学校区でクラス分け
・応対が丁寧
・延長保育は18時半まで

【デメリット】
・徒歩30分(自転車で10分)、自転車必須
・園バスはある…が延長保育には対応しておらず、実質使えない
・代替給食にも対応している…が、こちらも小麦主食の日は弁当
・弁当持参の日が多すぎる
 元々月6回弁当+半日保育の日+小麦主食=月の半分以上は弁当の見込み

・着替えをする機会はなく、生活面は弱め
・給食は外注
 少し量が寂しいらしい(ネット情報のため不確実)
・先生の入れ替わりが激しいらしい(ネット情報のため不確実)
・園庭は広いが、マンモス園で園児が多すぎて
 それほどのびのび遊べる訳ではないらしい
 夏のプールも週に1度しかまわってこないらしい(ネット情報のため不確実)



は特に良いと思うメリット、
は特に辛いと感じるデメリットです。

まあ一目瞭然なんですが、
わたし、給食の有無にめちゃくちゃこだわってます。苦笑

お弁当作りがもう本当に苦手で。
会社ではこそこそ食べてるくらい見栄えが悪いし、
とにかく料理が苦手なので、時間がかかるし。

致命的なのは、息子がアレルギー児だということ。
小麦と卵の両方なので、食べられるものがそもそも少ない。
特に、小麦アレルギーが痛い。痛すぎる。

代替食の提供がある幼稚園もありますが、
今の保育所のように
パンの日→ご飯、麺類→ビーフン
なんてことまではしてもらえないので
小麦主食の日はもれなくお弁当。
伝家の宝刀、卵焼きが使えないのも何気に痛い。
(コーンも嫌いで黄色どうすりゃいいねんw)

アレルギーっ子でなくても週1~2回は弁当持参で、
週1の午前保育の分の弁当も必要なわけで・・・憂鬱すぎる。


保育所のとある月の献立表。
diary-1371.jpg
蛍光ペンでなぞってあるのが除去(代替)食。
これだけでもほぼ毎日除去されているのがわかりますが、
これ以外にもホットケーキミックスやカレーのルー、ソーセージ等は
アレルゲンを含まないものに代えていただいているので、
まともにいったら食べられるものがほとんどないという…。
保育所、ありがたや。


料理が苦手ではない、
お弁当作りに慣れている方からしたら
大したことじゃない問題なんでしょうが、
これがネックで幼稚園を悩みに悩んでます。笑
弁当作りと送迎(チビなので自転車を早くこげない&子を乗せると信号無視できない)の時間が
今より毎日プラス一時間くらいはかかりそうな気がしています。



今回、見学したり調べて感じたことは、
幼稚園は、「普通」と少し違うところがある子は
保護者がフォローしなければいることが難しい場所なのかな、と。
もちろん地域差もあるし、園の方針は本当に様々だと思うので、
あくまで私の周りでは、という狭い範囲の話ではありますが。

もちろん保育所にもデメリットはたくさんあって、
共働きが前提であるのに役員の負担が重過ぎたり、
昼寝がいつまでもあったり、
相性の良くない先生もいたりもする。
ううう、悩ましい・・・


とりあえず、近いだけが取り得のA幼稚園はないかな。
今の保育所か、B幼稚園か・・・

あと一年保育所でお世話になって、
幼稚園の二年保育にしようかなとも考えたり。

うーん、もうちょっと悩んでみよう。


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ

別窓 | へっぽこ育児 | コメント:4 | ∧top | under∨
| シンプルにいこう。 |