【Another エピソードS】  綾辻行人

1998年、夏休みー両親とともに海辺の別荘へやってきた見崎鳴、15歳。そこで出会ったのは、かつて鳴と同じ夜見山北中学の三年三組で不可思議な「現象」を経験した青年・賢木晃也の幽霊、だった。謎めいた古い屋敷を舞台にー死の前後の記憶を失い、消えたみずからの死体を探しつづけている幽霊と鳴の、奇妙な秘密の冒険が始まるのだが…。(「BOOK」データベースより)



積読本消化計画第三弾は、また綾辻さん。

「Another」
の続編です。

「Another」はがっつりホラーでしたが、
続編のこちらは全然といっていいほど怖くない。
3年3組の呪いとはほとんど関係なく、
Anotherの続編扱いでなくても成り立つお話です^^;
あくまでも、語り部自身が幽霊なので、
幽霊や怪奇現象で読者を怖がらせたりはしません。
Anotherというより、館シリーズよりの雰囲気。
読んでて見取り図が欲しくなりました(笑)

グロイのが少し苦手になってるので、
これはこれで快適だわーと油断してたら、最後の死体の描写でううー(苦笑)
自分の死体探しをしている幽霊が語り手のお話なので、
ある程度は仕方ないですが、何もそんな細かくなくても(汗)

オチは、なんとなくそうかな~?と思ってたことですが、
論理的には全然わからなかったので、楽しめました。
死の真相は引っ張った割りにそのまんまだったので、
もうひとひねり欲しかったかな。

それでも、綾辻さんは安定の面白さでした。

あのAnother本編もアニメ化できたんだから、
これも工夫すればなんとか映像化できるのかもしれないけれど、
主人公の暗さと絵面の地味さの意味でアニメ化は向かない気がします。
今度は3年3組の呪いにまつわるエピソードが読みたいなあ。


★★★☆☆ 3.5

にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ  にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ

別窓 | 映画・小説レビュー | コメント:0 | ∧top | under∨
| シンプルにいこう。 | NEXT