【折れた竜骨】  米澤穂信

ロンドンから出帆し、波高き北海を三日も進んだあたりに浮かぶソロン諸島。その領主を父に持つアミーナはある日、放浪の旅を続ける騎士ファルク・フィッツジョンと、その従士の少年ニコラに出会う。ファルクはアミーナの父に、御身は恐るべき魔術の使い手である暗殺騎士に命を狙われている、と告げた…。自然の要塞であったはずの島で暗殺騎士の魔術に斃れた父、“走狗”候補の八人の容疑者、いずれ劣らぬ怪しげな傭兵たち、沈められた封印の鐘、鍵のかかった塔上の牢から忽然と消えた不死の青年ーそして、甦った「呪われたデーン人」の襲来はいつ?魔術や呪いが跋扈する世界の中で、「推理」の力は果たして真相に辿り着くことができるのか?現在最も注目を集める俊英が新境地に挑んだ、魔術と剣と謎解きの巨編登場。(「BOOK」データベースより)



ずっとずっと読みたいと思っていた「折れた竜骨」。
米澤さんの本はほとんど読んでいるはずなのですが、
これは楽しみに残していました。
ファンタジーなのにミステリーって、
それだけでめちゃくちゃ楽しそうじゃないですか。

しかし、序盤はカタカナ人名の苦手さを大いに発揮。
容疑者一同が集まるシーンがあるのですが、
名前と人物像が覚えられなくてひどく苦労しました。

でもって、3分の2くらいまでは物語に入り込めなくて。
あ、これは微妙かも・・・と思ったところで
デーン人の襲撃以降、俄然面白くなりました。

謎解きはお見事!
容疑者一人一人、犯人足りえない理由を論理的に説明され、
最後に犯人が指名されたときは「おお!!」と。
思いっきりネタバレなので反転しますが、
特にコンラートとハール・エンマが犯人ではない理由がお見事だなと思いました。

後から読み返せば、至るところ伏線ばかりだったんですね。
なんとなく勘で疑ってた人が全くの見当はずれで
謎解きシーンはかなり楽しかったです。

キャラクターもとってもいいですね。
騎士ファルクの頭の良さと行動力に痺れるし、
ニコラはしっかり者だけど年相応にかわいいところもあって、
作中で主役級の大きな成長を見せてくれました。

容疑者の傭兵たちも個性豊かで、それぞれ好感が持てます。
アダムの小物っぷりも、いい引き立て役ではないかと^^;
切ないけど爽やかなラストシーンもいいですね。

読んでる最中は冗長に感じることもあったけれど、
読み終えて大満足の作品でした。


★★★★☆

それにしても、米澤さんは本当に幅が広い。
「古典部」や「小市民シリーズ」等の青春物から、
「儚い羊たちの祝宴」のホラーめいたゴシックな世界観、
「インシテミル」のような殺人ゲームと謎解きに特化した作品、
「追想五断章」や「ボトルネック」の欝々とした物語・・・
もはや同じ作家さんが書いたと思えません。

「リカーシブル」を読みたくて本屋さんを巡るも、
意外と置いてなくてびっくりしてます。
地元の小さな書店はもちろん、中規模の書店でも置いてない。
米澤さんの新刊を平積みしてないとはどういうことぞ。

残る米澤さんの未読作品は、「さよなら妖精」と「リカーシブル」。
いつ読めるかな~

別窓 | 映画・小説レビュー | コメント:2 | ∧top | under∨
| シンプルにいこう。 | NEXT