【GOSICK】 桜庭一樹

前世紀初頭、ヨーロッパの小国ソヴュール。極東の島国から留学した久城一弥は、聖マルグリット学園の図書館塔で奇妙な美少女・ヴィクトリカと出会った。彼女の頭脳は学園の難事件を次々解決してゆくが、ある日ヴィクトリカと一弥は豪華客船に招待され、そこで本物の殺人事件に遭遇してしまう。やがて彼ら自身に危機が迫ったとき、ヴィクトリカはー!?直木賞作家が贈る、キュートでダークなミステリ・シリーズ。 (「BOOK」データベースより)


アニメ好きな家族が珍しく本を買ってくれました。
ジャケ買いしたくなるかわいらしい表紙がお気に入りです。


一気に3冊も買ったから、
好みに合わなかったらどうしようかと思いましたが
割と楽しく読めました。
というか、しっかり罠に嵌りました。

ヴィクトリカが可愛い!!

ミステリとしては見え見えの展開で
最後に何かひねってくるかと思いきや、
案外そのままきたのでちょっとびっくりしましたが、
クローズドサークルの雰囲気にはワクワクさせられました。
後半になってようやく、これはキャラ読みの作品なのだと悟ったわたしです^^;
(ネタバレ反転↓)
アレックスが女の子だったのには驚いたけど、
ジュリィと口調がまるで違うのはちょっとズルい気も…。



うん、でもヴィクトリカが可愛いらしいからいいのだ。

典型的なツンデレキャラではあるけれど、
慇懃無礼でめちゃくちゃ頭がいいのに
下界では幼い子どものようになるところとか
(その事情には切なさもありつつ)可愛すぎです。
まじめで健気な一弥もいいね。


アニメの方はどうも展開が早すぎて(一話で100ページ位進む)、
もはやミステリーではありません^^;
ヴィクトリカと一弥も初対面という設定に変わってて、
それなのに体を張ってヴィクトリカを守ろうとする行動に説得力がなかったりで、
キャラクターはイメージ通りかわいらしくていいのに残念~。

という訳で、ただいま2巻読んでます~


★★★☆☆


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ

別窓 | 映画・小説レビュー | コメント:6 | ∧top | under∨
| シンプルにいこう。 | NEXT