シンプルにいこう。

【そして誰もいなくなった】 アガサ・クリスティ

4
  その孤島に招き寄せられたのは、たがいに面識もない、職業や年齢もさまざまな十人の男女だった。だが、招待主の姿は島にはなく、やがて夕食の席上、彼らの過去の犯罪を暴き立てる謎の声が響く…そして無気味な童謡の歌詞通りに、彼らが一人ずつ殺されてゆく!強烈なサスペンスに彩られた最高傑作。(「BOOK」データベースより)本を読まなくても、タイトルは知らない人はほとんどいないであろう、アガサ・クリスティの代表作。...