シンプルにいこう。

【東京島】 桐野 夏生

4
ようやく読み終わりました、東京島。数ページ読んでは、中断。読み終えるのに、2ヶ月以上かかりました。[あらすじ]清子は、暴風雨により、孤島に流れついた。夫との酔狂な世界一周クルーズの最中のこと。その後、日本の若者、謎めいた中国人が漂着する。三十一人、その全てが男だ。救出の見込みは依然なく、夫・隆も喪った。だが、たったひとりの女には違いない。求められ争われ、清子は女王の悦びに震える-。東京島と名づけられ...