#31 ルイボス黒糖石けん
soap31_1.jpg

#31 ルイボス黒糖石けん
 オイル:オリーブ、菜種(カレンデュラinf)、パーム核、牛脂(自家精製)、ひまし
 OP:ルイボスティ(水分全量置換え)、沖縄黒糖、無農薬米ぬか、
    フェンネルスイートEO、ラベンダーEO、ローズマリーEO、フランキンセンスEO、
    パチュリEO、イランイラン1stEO、コンフェ石けん(#26)、ROE
 ディスカウント 7%  水分 30%
 370gバッチ(うち一部は別バッチへ)
 トレースまでの時間:3時間25分
 解禁日:9月22日


何年か前から飲んでいるルイボスティで石けんを作ってみました。
苦味も癖もなく、すっきりしているので、特にアイスで飲むのが美味。
ちょっとお高いので、麦茶と交互に買ってます。

南アフリカ原産のルイボスティはノンカフェインで、ミネラル豊富。
抗酸化物質であるフラボノイド含有量が非常に高く、
その量はなんとウーロン茶の30倍、緑茶の50倍にもなるのだとか。
花粉症や不妊にも良いといわれ、体内の活性酸素を抑制する働きがあるそうなので、
老化予防やガン抑制に期待しつつ、毎日ガブガブ飲んでいます。
お茶を化粧水にしても良いそうなので、そのうちやってみよう。

茶葉をオイルに漬け込むことも考えましたが、
早く作りたかったのと、煮出したお茶で抗酸化効果があるのだから
有効成分は水溶性では!?と勝手に想像し、
今回は水分全量をルイボスティに置き換えてみました。

温めたルイボスティで黒糖を溶かし、
冷蔵庫でキンキンに冷やして苛性ソーダ水を作成。
オイルとソーダ水を合わせた時点はルイボスティ色だったのに、
ぐるぐるしてるうちにどういうわけだか卵色に変化。

soap31_2.jpg

どこがルイボスティ?な石けんになりました。
でもこのお茶の色とは全く違う、予想を裏切る卵色も可愛くて結構好き。

ひまし油に水分置換えにinfオイル。
30分程度で型入れできるだろうという予想に反し、
トレースタイムの最長記録を更新。
黒糖は他の糖分よりトレースを遅らせるアイテムだったりするのかしら。
途中、生地の温度が下がりすぎた気がして、
ちょっとだけ湯煎してみたりしたけど、それでもこの時間。
トレースが長いときでも、夏に湯煎は不要?
途中で眠気が襲ってきて、微妙な生地の具合に寝るに寝れず、
睡魔と闘いながらトレースを待つ事態となりました。
トレース待ちの間についウトウト…なんてことは皆さんないのでしょうか。

初めて開封したフェンネルスイートの精油があまりにも好みの香りだったもんで、
急きょこれをメインにした着香になりました。
トップノートだからすぐ飛びそうだけど、今は乾燥棚から幸せな香りをはなってくれています。
そんで、前も思ったけど米ぬかは匂いを吸着するようで、香りが薄くなる。
これ、オイルの2%(普段は1%程度)もEO入れたけど、それでやっとちょうど良い感じ。
以前作った緑茶石けんも、米ぬか無しだったら
もっと緑茶の香りが残ったのね…と今頃気づく私。。。

ルイボスティは基本どれもオーガニックらしいのですが、
大容量で美味しいので、最近は 香詩苑 さんで他のハーブとついで買いしてます。
別窓 | 作ったせっけん | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| シンプルにいこう。 | NEXT