月桃ウル抽とやってはいけないこと
ラベンダーに引き続き、月桃のウルトラ抽出を企む。

月桃は先日ハーブを大人買いした時に買ったのですが、
フルーティ&スパイシーな香りがとても気に入ったので、
大量にあることだしぜひ石けんにもと、ウル抽を試みました。



月桃がラベンダー等と大きく違うところは、葉の大きさと硬さ。
このままだと、冷浸出にしてもウル抽にしても出にくいだろうから、
いつかミルを買う気でいましたが、

「フードプロセッサーではどうだろう????」

と思い、試してみることにしました。


ここから先のことは自己責任で実験的に行いました。
責任は負えませんので、くれぐれも試されませんようお願いします。



うちで使ってるフープロはこれ。

Panasonic フードプロセッサー MK-K60


取説にはNGなものとして「コーヒー・するめ・干ししいたけ・かたい乾物類・・・」とあり、
硬いものを入れると保護装置が働いてストップするそうです。
これが記憶にあったので、月桃も無理だろうと思っていました。

再度取説を読み直すと、ふりかけのレシピがあって、
OKなものの中に「ごま・干しえび」も含まれていました。
硬いものの基準がようわからん・・・。

硬くてフープロが無理!と判断したら、保護装置が止めてくれるようだし、
ストップされても保護装置はその後解除できるし、
ミルを買う前にいっちょやってみることに!


実際、やってみると保護装置は働かず、
粉末まではいかないけどお茶くらいのサイズまで小さくなりました。

diary-132.jpg
↑ これ、どちらも同じ10gです。
月桃は特にかさばるハーブなんですね。。。

という訳で、粉砕は一応できたんですが、別の問題が発生しました

ひとつめは、フープロは当然ながら砕くのが仕事ではないので、
容器が粉を受ける仕様になってません。
一部細かい粉末になった月桃が、容器の下から漏れる漏れる・・・

これは下に広告紙を敷いて、後で回収することで一応解決。


ふたつめ、これは機械の故障に繋がりかねない重大な問題です。
このフープロは、蓋を押さえることでスイッチが入るようになっているのですが、
そのスイッチの部分にも粉末がかかり、中に入ってしまいます?

diary-133.jpg

最初半量で試してこの事態に気づいたので、途中からスイッチにラップをかぶせて、
なんとか後半は粉が入らないように一時しのぎしました。

diary-134.jpg

・・・が、こんなことをしてると絶対壊れる
今回限りでやめにして、やっぱりミルを買おうと思います。
特売価格で買えたとはいえ、5千円はしたので大事にしないと。
ミルは2千円くらいで売ってるのにバカだ、私。。。?
その後、爪楊枝にキッチンペーパーを巻いてちみちみほじほじ掃除したけど、
完全には取れてないだろうなぁ。


そんな犠牲を払ったウル抽オイル。
たった半日で限りなく黒に近いグリーンになりました?

diary-137.jpg

月桃の葉を丸ごと漬けたチンキは、1ヶ月以上漬けっぱなしても薄いグリーン。
やはり細かく粉砕することで、全然成分の出方が違うようです。
ラベンダーも粉にしてウル抽したら良かったな・・・

月桃オイル、どんな石けんにしようかな。
と、その前にラベンダー!そろそろ仕込まなきゃ。


別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| シンプルにいこう。 | NEXT