久々に洗剤使ってます。
ナチュラルクリーニングもどきにはまって早や6年。
石けんやアルカリ剤で洗濯するのが日常の我が家ですが、
久々に合成洗剤も使っています。

大人二人だけの時は二日に一回の洗濯で済んだけれど、
赤子がいるとさすがにそうもいかず。
おしゃれ着とかがあると、一日二回の日もあるので、
お風呂の残り湯がない時があるんですね。

夫婦だけの時は、アルカリ洗濯の方がメインだったのですが、
赤ちゃんのミルクの吐き戻しや、ウンチ汚れには力不足。

夏ならいいけど、寒い時期に水道水で粉石けんで洗うのは厳しい。
といって、液体石けんはコスパが悪すぎて、うちではあまり使わないのです。

ちなみに、粉石けんはボーソー油脂さんの安心生活
おしゃれ着用にはエスケーさんの洗濯用粉せっけんを愛用してます。
ここ2~3年はずっとこの二つかな。


そんな訳で、久々に液体の合成洗剤を使ってみることにしました。
普段石けん生活をしてはいますが、
合成界面活性剤を毛嫌いしてる訳ではないので、
なんとなく使いやすそうなものを選んでみました。
(あ、でも蛍光増白剤入りの洗剤だけは使わないかな。)



ひとつめは、サラヤの複合せっけん



名前の通りの複合石けん。
石けんと洗剤の合いの子です。
石けんで洗うのは難しいけど、洗剤ではお肌が・・・みたいな人におすすめ。
石けん入りで使用量も多いから、コスパはあまり良くありません。

香りは結構ガッツリ合成洗剤です。
あ、けどいい香りです。結構好き。
私は鼻がさほど利く方ではありませんが、
石けん生活をしてるせいか、それでも柔軟剤不要なくらいに感じます。
個人的にはいいのだけど、うちの子は乳児湿疹中なので、
ほんのちょっとだけ気になるかな。
とはいえ、普段から柔軟剤ユーザーの方には物足りなく感じるかも~
ってくらいで、特別強い訳ではないかと。

泡はほとんど立ちません。
普段アワアワ洗濯してるから、ちょっと物足りない~。
汚れ落ちは普通かな。
石けんと比べると、ちょっと物足りなくも感じますが、
合成洗剤ってこんなものだった気がします。





ふたつめは、ピジョンのモアクリア



ちょっと前は「チビクリン」って名前で売り出してた洗剤です。
チビクリンを探してて、見つからないから調べてみたら、
この洗剤に変わってました。

こちらは複合ではなく、普通に合成洗剤です。
ベビー用品メーカーのピジョンが作っているので
香料プンプンってことはなく、
洗濯中は爽やか~な香りが控えめにしますが、乾くと無臭。

書いてある通り、ミルクとウンチ汚れはちゃんと落ちてるので
洗浄力はまあまあある方かと。
布おむつもこれで手洗いしてます。

すすぎ1回の洗剤ではないけれど、
コンパクト洗剤並みの使用量なのも好感度大。
こちらも手洗いでは泡立つけど、
洗濯機ではほぼ泡が立ちません。
物足りないけど、コンパクト洗剤はしょうがないかな。



ってことで、コスパと使用感を勘案して、
今はモアクリアの方を使ってます。

最近布おむつ本舗さんのマイクロファイバーの布おむつをゲットしたので、
おむつを石けんで洗うことができなくなりました。
なので、おむつもモアクリアで洗う予定です。



軽く洗濯石けんマニアかもしれない私・・・
石けんなのに、すすぎ1回でいいというピリカレが激しく気になっています。

洗浄剤はいろいろ持ってるくせに、近いうちに買っちゃうかも^^;


にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ  にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ

別窓 | 洗濯 | コメント:2 | ∧top | under∨
香る手作りクエン酸柔軟剤
ここ数年、香りをウリにした柔軟剤ブームが続いていますが、
我が家では市販の柔軟剤を使わなくなって、もう4年ほど経ちます。

流行りの香りが受け付けなくなったとかいう理由ではなく、
天然香料(アロマ)も合成香料も、ほどほどでいい香りなら大好きです。
上手に香水をつけてらっしゃる方が通ると、ほわぁ~となりますし。

ただ、柔らかさと引き換えに吸水力が落ちるのは間違いなく、
肌に触れる衣類には極力何も残したくないなとは思っています。


そんな訳で、柔軟剤はクエン酸系のものを使ったり使わなかったり。
(手作りでは こんなの を使ってます)
季節の変わり目など、長期間着ないものは
黄ばみ防止のためにも必ず使うようにしますが、
それ以外は炭酸塩or粉石けんで洗うだけ、ということも多いので
我が家の洗濯物は一般家庭に比べたらゴワゴワかもしれません(汗)

私も夫も柔らかさはあまり気にしないので分かりませんが、
友人などからは「柔軟剤がきれたらゴワゴワでヤバい!」という話を耳にするので
ウチはちょっとズレてるんでしょうね^^;
まあ、石けん生活をしてる時点でズレてるのは薄々自覚してるので、
外ではこんな話はしませんが。

最近はクエン酸を溶かしたものを柔軟剤にしてましたが、
やっぱり香りつきもいいな~と
手作り石けん用のフレグランスオイル(FO)を使って
香りつきのクエン酸柔軟剤を作ってみました。



【香りつきクエン酸柔軟剤】 出来上がり量:1L弱
水道水 770g
クエン酸 大さじ8(120g)
コスメグレードのフレグランスオイル 100滴(5ml)
グリセリン 大さじ2



グリセリンは柔軟効果狙い、ではなく
親油性のFOを拡散させるために投入しました。
大さじ1くらいでも良かったかな。

石鹸百科さんよると
柔軟剤の使用量は水30Lにつきクエン酸1gなので、
このレシピでは30Lにつき大さじ1/2ってとこですね。
以前の記事でも追記しましたが、
これまでは使いすぎだったみたいです。

diary-1137.jpg

肝心の香りですが・・・柔軟剤としては弱いです。
FO100滴って自分の中では結構思い切って入れたつもりで、
実際、原液の香りはぷんぷんキツいくらいなのですが、
洗濯物を干してる時点ですでに超微香。

洗濯ネットはなぜか残りやすいらしく、
乾いてもしっかり香りが残っていますが、
綿製品などほとんどのものは、乾くとほぼ無臭です。
市販の柔軟剤ってよっぽどたくさん入ってるのか、
繊維に残りやすい香料を使用してるのか。

目指すは、ほのか~に衣類に香りが残る柔軟剤なので、
次は倍くらい入れてみようと思います。


気になるコスト面ですが、
クエン酸が約82円、グリセリンが約48円、
フレグランスオイルが約210円、合計で340円です。

クエン酸自体より香りつけのための
フレグランスオイルの方がコストかかってます。
ほぼ香り代って感じですね~。

とはいっても、十分お安いです。
30Lの洗濯が120回ほどできる計算なので、
1回の30Lの洗濯で3円もかかりません。安い!
香りづけにお金がかかるといっても、
市販の柔軟剤の1~2割ほどでできるんじゃないでしょうか。


ちなみにコスメグレードのフレグランスを使ってるので、
石けんシャンプー時のリンスにもなります。
お掃除のクエン酸水としても使えます。
今は石けんシャンプーはお休みしてますが、
いちいちそれ用のを用意しなくていいのがありがたい♪


 


にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ

別窓 | 洗濯 | コメント:0 | ∧top | under∨
エスケー 洗濯用粉せっけん
恒例の唐突な洗濯石けんレポを


今回レポするのは助剤(炭酸塩等)無添加の純石けん、
エスケー うるおい 洗濯用粉せっけん

うるおい 洗濯用粉せっけん



普段のお洗濯ではほとんどが炭酸塩を使ったアルカリ洗濯
月に何度かは助剤入りの石けんで洗っていますが、
おしゃれ着洗いは純石けんで洗っています。

肌が弱い訳でも、厳格なケミカル断ちをしてる訳でもないので、
エ○ールとかア○ロンでもいいっちゃいいんですが、
やっぱり石けんは汚れ落ちの良さが格段に違うので。

ここ数年、よほどのものでない限りクリーニングを利用しなくなった我が家。
コートもセーターも純石けんでホームクリーニングしています。
自己責任になりますが、こたつ布団やダウンコートまで洗濯機で洗濯。
衣替えの時期、この石けんには大変お世話になっています。


ひとつ前に使っていた スノール (レポ→)も泡立ちが良く、
手に入りやすくて使いやすかったですが、
こちらはスノール以上に粉とびしにくくて使いやすい。

ただ、スノールは近所のドラッグストアや大型スーパーでも取り扱いがあるので、
手に入りやすさの面ではスノールの勝ち。


粉とびのしにくさが気に入って(←鼻炎持ちなのでここ結構重要)
今のところエスケーをリピしています。
お値段もほんのちょっとだけど、エスケーの方がお安いのも◎

とはいっても、いろいろ試したいので
安くて良さそうなのがあればジプシー予定。

にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
別窓 | 洗濯 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
安心生活 洗濯用粉せっけん
~予約投稿のため、コメントのお返事はしばしお待ちくださいませ~


久々のナチュラルクリーニング記事は洗濯石けんレポを。

やっとこさ(私の中では)不評な しらかばせっけん を使い終えて、
洗濯用石けんを新しくおろしました。
今回はボーソー油脂さんの安心生活


以前使ってた ライスター と同じメーカーさんの洗濯石けんで、
ライスターと同じく、米油からできています。
こちらは石けん百貨さん以外のショップでも売ってる分、やや手に入りやすいかな。
といっても、そのへんのドラッグストアでは見かけないため、
ネットで取り寄せないといけないのはややマイナス。

ライスターと比べ、歴然とした使用感の違いはありません。
しいていえば、ライスターよりも粉石けん特有の残り香が少なく、
粉飛びがよりしにくいような気はします。
間に別の石けんを使っていたこともあって、自信はないけれど。

米油は我が家の水と相性が良いらしく、
泡立ち良し、溶け残りがほとんどなく、
粉とびも少なめで、石けんの特有の匂いも少ないと、
悪いところが見あらず、かなりお気に入り♪
洗濯用石けんにしてはお安めなのも嬉しい。

ちなみに、米油を使った手作り石けんも大好きで、
石けんを作る前は米ぬか洗顔フォームを何年も愛用してました。
地産地消なのもなんとなく好感が持てます。

香料入の方も使ってみたいのだけど、
10kg単位でしか買えないのがなぁ・・・

にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
別窓 | 洗濯 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| シンプルにいこう。 | NEXT