2017年1月読書まとめ
アニメで観て面白かったので、
いつか原作に挑もうと思いつつ
5巻の長編に怯んでいた「屍鬼」・・・
やっと手を出しました!
大まかなストーリーを知っていても面白い。

既刊の「十二国記」も全て読了し、
小野さんってなんて凄い人なの!という感想しか出てきません。
現在、小野さん祭り開催中です。笑

そして、お久しぶりの「東京喰種」も安定の面白さ。
10巻以降はまだ手に入れていないので、
どうにかして続きを読もうと思います。



2017年1月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:2328ページ
ナイス数:146ナイス

屍鬼〈3〉 (新潮文庫)屍鬼〈3〉 (新潮文庫)感想
アニメ⇒原作。大雑把な記憶はあっても、怖くて面白くてやめられない止まらない。ついに疫病の正体が判明。そういえば辰巳はこういうヤツだった。起き上がったことを喜べるのはごく一部という実態…。アニメでも思ったけど、一般的な吸血鬼ルールが適用されるのはいいとして、招待されないと入れないルールだけはとってつけたようで違和感が大きい。松尾静という子の存在もなんだか違和感が。人間だろうが屍鬼だろうが、正雄と恵にはどうにも同情できず、思考回路に苛々。桐敷家の目的を見事に失念したので、残り2巻も楽しめそうです。
読了日:1月29日 著者:小野不由美

うんこしりとり (コドモエ[kodomoe]のえほん)うんこしりとり (コドモエ[kodomoe]のえほん)感想
3歳1ヶ月。歯医者さんの定期検診を号泣しながらも頑張ったので、帰りに近所の書店でご褒美に買って帰りました。ちょっとお下品な気もするけど、「うんこ」はまあ子どもにとってはテッパンだよね。いろんなうんこが出てきて、親としては吹きそうになるのだけど、息子はまだしりとりが分かっていないのでじーっと眺めるのみ。凍ったうんことか、こまのうんことか実在すると思っているのかもしれない。個人的には「うんこ」より「うんち」の方が響きが可愛らしくて好きかな。「ちきゅうのうんち」とか。
読了日:1月28日 著者:tuperatupera

屍鬼〈2〉 (新潮文庫)屍鬼〈2〉 (新潮文庫)感想
続く村人の死。突然の辞職、不審な夜中の転居にただの疫病ではないことを感じ始める村人。夜、夏野が見えない何者かに監視されている描写にぞくり。だんだんホラーめいてきました。この物語の主要な人物は、静信、敏夫、夏野の三人ですが、個人的には夏野くんが一番好き。アニメではこの辺から静信と沙子に苛々し始めたことを思い出しました^^;かおりは良い子のイメージだったけど、葉書を投函するのはいただけない!自分がこの状況に気づいたらたぶん真っ先に逃げると思うのだけど、見えない敵に立ち向かっていける主要人物たちは凄い。
読了日:1月27日 著者:小野不由美

もりのおふろ (幼児絵本シリーズ)もりのおふろ (幼児絵本シリーズ)感想
3歳1ヶ月の息子に。図書館や保育所の読み聞かせで何度となく出会ってきた絵本。息子はお風呂を嫌がる時もあるけど、入ったら入ったでなかなか遊び終わらないで、なんだかんだで楽しく入っている。お風呂の気持ちよさ、楽しさが詰まっている。寒いときのお風呂は最高だね。絵柄もライオンがウサギを洗うところもちょっとシュールなのだけど、この絵本、すごく好き。購入候補。
読了日:1月24日 著者:西村敏雄

屍鬼〈1〉 (新潮文庫)屍鬼〈1〉 (新潮文庫)感想
数年前にアニメを視聴し、程よく忘れたので原作に着手。村独特の人間関係。少しずつ忍び寄る死。村に全くそぐわない異物。凄惨な死はあるものの、特にこれといって事件は発覚していないにも関わらず、漂う不穏な空気がたまりません。アニメでも思ったけど、とにかく登場人物が多くて人間関係を追うのが大変。お初の方はここが頑張りどころ。2巻にも人物表がないようなので、間髪空けずに読まないと厳しい。人物表と村の地図を熱望。さほど少なくない村人にそれぞれスポットを当てているのが凄いと思う。静信の小説は私には難解で退屈でした^^;
読了日:1月19日 著者:小野不由美

東京喰種トーキョーグール 9 (ヤングジャンプコミックス)東京喰種トーキョーグール 9 (ヤングジャンプコミックス)感想
アオギリとの死闘が一旦終わって、比較的のんびり巻。真戸さんは最後まで嫌いだったけど、アキラのキャラはいいね。ヒナミちゃんもかわいいし、月山もだんだん好きになってくる不思議w白髪の強いカネキはかっこいいけど、さくっとグールを殺せるようになってしまって寂しい。そして、お久しぶりのヒデ!勘のいい彼にCCGの仕事は向いてる気はするけど、いずれカネキのことはバレてしまうのだろうか。そして医者の目的は?
読了日:1月15日 著者:石田スイ

東京喰種トーキョーグール 8 (ヤングジャンプコミックス)東京喰種トーキョーグール 8 (ヤングジャンプコミックス)感想
7巻まで同僚さんに借りていて、そこまでしか持っていなかったのでストップしていましたが、再び続きを買い始めたとのことで数ヶ月ぶりに続きを読めました!(←自分で買えよ。)同僚さん、ありがとう!幼い霧島姉弟が寝ているカットがたまらん。あれだけで泣ける。やっぱり真戸さんは嫌いだー。アラタって…アラタってそういうことか!篠原さんは好きだし、グールに対抗するためとはいえ、なんて武器作っちゃったんだろう。目覚めたカネキくんがスーパーサイヤ人化して、優男じゃなくなったのが少し寂しい。梟は途中で入れ替わった?
読了日:1月15日 著者:石田スイ

丕緒の鳥 十二国記 (新潮文庫)丕緒の鳥 十二国記 (新潮文庫)感想
十二国記の最新作。読み終えるのが惜しくて、ちびりちびりと数ヶ月かけて読了。これまでの十二国記は、王と麒麟の目線で物語が進んでいたけれど、本作は主に下級官と民目線で描かれ、荒れた国の辛さがずしりと堪えました。どの話も印象的だけど、表題作の「丕緒の鳥」に一番ぐっとくる。陽子はやっぱり陽子で、目が潤みました。「青条の蘭」は尚隆当極前後の話なのかな。こんなに荒れ果てていたとは。「風信」も王の変わり目の大変な時代ながら、登場人物に癒されました。「落照の獄」は死刑制度の是非を問う物語でどちらに転んでも辛い結末。
読了日:1月8日 著者:小野不由美

読書メーター



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

別窓 | 読書まとめ | コメント:2 | ∧top | under∨
2016年12月読書まとめ
今月も小説は二冊だけ。
通勤時間が主な読書時間なので、
遅読の私にはこれくらいが限界のようです^^;



2016年12月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:1360ページ
ナイス数:107ナイス

おひざでだっこ (とことこえほん)おひざでだっこ (とことこえほん)感想
保育所からのクリスマスプレゼント。2歳になる頃からなぜかお膝で本を読まなくなり、ずっと横座りで読み聞かせしていたのですが、この本だけはお膝の上で読んでくれます。息子も母のプヨプヨしたお腹を枕にして寝る癖があるので、ゾウさんがおなかで眠る様子を見て、いっしょだ!と嬉しそう。母も息子と眠る時間が一番幸せだよ。親子の愛にほんわかして、子どもが愛おしくなる絵本。
読了日:12月27日 著者:内田麟太郎

0の殺人 (講談社文庫)0の殺人 (講談社文庫)感想
うーーん。「8の殺人」は某推理漫画でネタバレをくらっていたのでトリックがわかってしまった。こっちは皆目わからなかったけど、そりゃないぜと思った。つまらなくはないし、軽すぎるのもまあ許せるのだけど、謎をこれだけ広げたからには偶然で片付けてほしくなかった。
読了日:12月23日 著者:我孫子武丸

しぜんとかがくのはっけん! 366 (頭のいい子を育てる)しぜんとかがくのはっけん! 366 (頭のいい子を育てる)感想
人気ブロガーさんが紹介されていたので、好奇心が強い息子へ母からの3歳の誕生日プレゼント。これはいい!どうぶつ、虫、植物、宇宙といった様々なジャンルで、毎日新しい発見があるようなつくりになっています。大人も知らないこともたくさん。書いてあることはまだあまりわかっていないようだけど、これを眺めだしたら30分過ぎてもまだ読みたい!と言い続けるくらい、熱中してみています。母は虫のアップはちょっときついけど、虫図鑑ではないのでこれくらいならなんとかOK。動物園等の実体験とリンクさせてあげるともっと良さそう。
読了日:12月23日 著者:

ノンタンでかでかありがとう (ノンタンあそぼうよ)ノンタンでかでかありがとう (ノンタンあそぼうよ)感想
2歳11ヶ月の息子に図書館で借りた本。私は一人っ子だけど、これはノンタンの気持ちわかるなぁ。タータンも可愛くて、読んだ後ほっこり。息子はタータンを見て「おしたらあかんなぁ」という感想だったけど、君もオモチャの取り合いでお友達しょっちゅう押してるでしょ^^;
読了日:12月21日 著者:キヨノサチコ

おやおや、おやさい (幼児絵本シリーズ)おやおや、おやさい (幼児絵本シリーズ)感想
図書館の読み聞かせの会で知った絵本。これは面白いと思ってすぐ借りてきました。なんといっても絵が良い^^一見ポップで可愛らしいのに、野菜自体はリアルなのが母のツボ。にんにく、セロリ、ラディッシュなど、3歳の息子が知らない野菜がたくさん登場。ダジャレには気づいていないようで、誰がどんな動きをしたかに注目して、二人であれこれ話すのが楽しい絵本。
読了日:12月17日 著者:石津ちひろ

論理爆弾論理爆弾感想
シリーズ物だとは知らず「真夜中の探偵」から入ってしまったので、前作はいまいち世界観に馴染めないまま読了したのですが、今回は楽しく読めました。真犯人もスパイも予想外の人物。それにしても純は危なっかしい。連続殺人犯程度(?)であんな危ない目に遭ってたら、国を相手にできるとはとても思えないのだけど…。このシリーズ完結する気がしない^^;友好的な村民ばかりではないのに深影村の雰囲気が気に入ったので、最後は寂しい気持ちになりました。順平もいい子だったな~。こんな弟ほしい。景以子とガンジスの歌も泣けた。
読了日:12月16日 著者:有栖川有栖

1から100までのえほん1から100までのえほん感想
2歳11ヶ月の息子に。数ヶ月前から数字が好きで、毎日のように数字を読み上げたり、数えたりしているので借りてみた。結果、数字よりも、大人から見れば強引だなぁと思うストーリーを楽しんでいる模様。序盤でコアラ達が溺れて入院する展開は軽く衝撃でした(笑)絵柄がかわいらしく、長く楽しめそうなので買ってもいいかな?
読了日:12月8日 著者:たむらたいへい

あいうえおの本あいうえおの本感想
文字に興味が出てきた2歳11ヶ月の息子に。何これ、渋い!左ページにひらがなが木の細工で表現され、右ページにはその文字から始まる絵が載っているのですが、その絵が「絵馬」だったり「木馬」だったり「筆」だったり。幼児には馴染みがないであろう渋すぎるチョイスがツボです(笑)中には「るりかけす」とか「まわりどうろう」といった大人も知らないものまでセレクトされ、最後の手引きがないと説明できないものも。外の枠にもいろんな絵が隠されているのでそれを探すのも楽しい。意外と2歳児も楽しく読んでいます。良書。
読了日:12月2日 著者:安野光雅

読書メーター


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

別窓 | 読書まとめ | コメント:0 | ∧top | under∨
2016年11月読書まとめ
今月も小説は二冊しか読めていません・・・

「真夜中の探偵」、読みやすくはあるけど、
今まで読んだ有栖川作品とは雰囲気の違う話で、
読了に時間がかかりました^^;
シリーズものとは知らなかったのですが、二作目だったようです。
そんなことを言いながら、やはり続きが気になり現在続編を読んでいます。
(なんとなく一作目を読む気にはなれなかった。笑)

「神のロジック 人間(ひと)のマジック 」が大ヒットでした。
西澤さんは元々好きな作家さんですが、
著作の中でもトップクラスに面白い!おすすめ。



2016年11月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:769ページ
ナイス数:87ナイス

ぼく、アンパンマン!―アンパンマンはじめましてぼく、アンパンマン!―アンパンマンはじめまして感想
もらったことを忘れていたお下がり本。2歳11ヶ月の息子自ら発掘してくれましたwアニメは見せたことがないけど、やっぱりアンパンマンは強いなー。ずっと名前の分からなかったロールパンナ(ちゃん?)をやっと息子に教えてあげられました。自分ではこういうキャラものの絵本は買わないので、ありがたいです。アンパンマン卒業までお世話になります。
読了日:11月29日 著者:やなせたかし,トムスエンタテインメント,キョクイチ=

くっく くっく (0・1・2・えほん)くっく くっく (0・1・2・えほん)感想
再読。0歳~1歳の頃に好きだった絵本。3歳目前の最近、また本棚から引っ張り出してきて再ブーム到来。久しぶりに読んでもやっぱり音と靴の動きが愉快で、母と二人でゲラゲラと笑って楽しく読んでいます。直接関係ないけど、このような「くっく」や「あんよ」「ワンワン」といった赤ちゃん言葉をあえて使わないという意見を時々耳にしますが(元保育士だった知人もそう言っていた)、最近の研究では乳児のうちは赤ちゃん言葉でたくさん話しかけた方が語彙が増えるという結果が出ているとのこと。
読了日:11月29日 著者:長谷川摂子,小川忠博(写真),矢口峰子(製靴)

神のロジック 人間(ひと)のマジック (文春文庫)神のロジック 人間(ひと)のマジック (文春文庫)感想
目的不明の施設に閉じ込められた6人の少年少女達。新入生が入ってきてからの展開が怒涛すぎて、ページを繰る手を止められませんでした。殺人事件の真相よりもこの施設の目的があまりにも予想外で、これ以外ないという結末。伏線の回収やタイトルも素晴らしく、SFとミステリが上手い具合に融合されていて、これぞ西澤作品の真骨頂という作品でした。過去に読んだ西澤作品の中でもトップクラスに躍り出るくらい、とっても面白かったです。私も某有名作を思い出しましたが、その作品名をここで明かすのは野暮かなと^^;
読了日:11月25日 著者:西澤保彦

真夜中の探偵 (講談社文庫)真夜中の探偵 (講談社文庫)感想
あれ、これってシリーズ物だったの?学生・作家アリスシリーズがとても面白かったので、単発の作品だと思って手を出したのだけど、今まで読んだ有栖川作品とは全然違って、なんだか不思議な雰囲気が漂う一作でした。北海道と本州が分断され、探偵行為が禁止されるというパラレルワールドの日本。ソラが親譲りの頭脳を活かして事件を鮮やかに解決するのかと思ったらそういう訳でもなく、謎をいっぱい残したまま終了。有栖川さんの大阪弁は違和感がなくて、耳に心地良いところが好き。土地勘のあるところが舞台だったのもテンションが上がりました。
読了日:11月18日 著者:有栖川有栖

はじめてえほん あいうえおはじめてえほん あいうえお感想
お下がり本。2歳11ヶ月息子が最近急にひらがなに興味を持つようになったので出してみました。わかりやすいけど、右から左に読むのにどうしても違和感が^^;息子も同じのようで、やはり左から右に読んでしまいます。
読了日:11月15日 著者:石川日向

読書メーター


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

別窓 | 読書まとめ | コメント:0 | ∧top | under∨
2016年10月読書まとめ
10月はほぼ絵本。
物語も楽しめるようになってきて、
一冊の読み聞かせに時間がかかってちょっと疲れるけど、
一緒に読んでいて楽しいです。

先月は「生ける屍の死」に苦戦しました。
中学生くらいの頃は海外もののミステリとかよく読んでいたのに、
最近はさっぱりだったからなぁ。
海外の設定と死生観に馴染めず、とんでもなく時間がかかりました^^;
でも頑張って読んで良かった。
ミステリに慣れている方には特におすすめ。



2016年10月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:1202ページ
ナイス数:148ナイス

生ける屍の死 (創元推理文庫)生ける屍の死 (創元推理文庫)感想
西澤保彦さんの「死者は黄泉が得る」が面白くて、本作をモデルにしたとのことでずっと読みたかった作品ですが…苦戦したー。日本人作家さんの作品だけど、外国の設定に馴染めず、終始漂う死生観にも馴染めず、キャラに感情移入もできず…。読了に一ヶ月以上かかりました^^;読みにくいけど、舞台が日本では確かに成り立たない作品。意外そうな人物は全て疑っていたつもりのに、真犯人は予想外の人物でした。ちょいちょいギャグが入っていて、西澤さんと同じ匂いを感じる。エピローグのグリンの話に心を打たれました。苦戦したけど読んでよかった。
読了日:10月30日 著者:山口雅也

あっちゃんあがつく―たべものあいうえおあっちゃんあがつく―たべものあいうえお感想
字は積極的に教えない方がいいとは聞くけれど、楽しみながら自然と興味を持ってくれたらいいなあと淡い期待を込めて、2歳10ヶ月の息子に。絵がリアルなのにかわいらしくて、大人が見ても楽しい絵本。しかし、食物アレルギーで食べ物に執着のない息子にはいまいちだった様子。一度も最後まで読めたことがありません。69音ありますが、小麦・卵のマルチアレルギー持ちの息子には7割以上食べられないもので構成されているので、親しみを覚えなかったらしい。まあ、そりゃそうだよね。機会を見てまた読ませてみようと思います。
読了日:10月26日 著者:さいとうしのぶ

おやゆびひめ (いもとようこ世界の名作絵本)おやゆびひめ (いもとようこ世界の名作絵本)感想
お下がり本。先日の鳥取地震で本棚上段から落下して存在を思い出しました。2歳10ヶ月にしては少々長めですが、よく集中して見ています。私(母)は全くストーリーを覚えていなかったのだけど、お姫様の昔話って、ごとごとく王子様と結婚するのねー。カエルやモグラの花嫁さんが嫌なのはわかるけど、街の青年とかじゃダメなのかと思ってしまう。種を蒔いた育てのお母さんのことを思うとさらにモヤモヤ。絵本のおやゆび姫が本当にかわいらしくて、モテモテなのには納得(笑)
読了日:10月24日 著者:いもとようこ

ももたろう (いもとようこの日本むかしばなし)ももたろう (いもとようこの日本むかしばなし)感想
お下がり本。鳥取地震で本棚上段から落下して存在を思い出しました。赤ちゃん向けの絵本ですでに「桃太郎」のストーリーは理解していてお気に入りだったので、楽しく読んでいます。2歳10ヶ月にしては長めで読み聞かせも少々疲れるけど、よく集中してみています。
読了日:10月24日 著者:いもとようこ

おばけのかんづめおばけのかんづめ感想
旅先の旅館で2歳10ヶ月の息子に貸してもらった絵本。ちょっと長めのお話だったけど、ものすごく食いつきが良かった。くよくよの怖がりっぷりがまあ息子とそっくりで親近感を覚えたのだけど、ぽぽとの交流を通じて怖がりを克服。ぽぽがあっさり行っちゃったので「え?」と思ったら、先生も両親も厳しかった^^;がんばれ、ぽぽ!
読了日:10月22日 著者:なかやみわ

みつばちマーヤ (世界名作アニメ絵本 (17))みつばちマーヤ (世界名作アニメ絵本 (17))感想
2歳9ヶ月の息子にねだられて買った本。おもちゃやお菓子は買わないように(というか売り場に近づかないように)してるけど、本となると財布の紐が緩くなる^^;この夏虫が大好きになったので、表紙が目を惹いただけだろうと「本当にこれ欲しいの?」と何度も確認。でも意外とちゃんと読んでいる。母は正直みつばちマーヤのお話なんて全く覚えてなかった。「人間の恋人が一番美しい」っていう妖精発言は、また人間基準な目線だなぁと思ったけれども(汗)くまバチって本当にミツバチ食べるのかな?息子にはそのくだりがちょっと怖かったらしい…。
読了日:10月11日 著者:ボンゼルス,柳川茂,なかむらみつこ

下戸は勘定に入れません下戸は勘定に入れません感想
久しぶりの西澤SF飲んだくれミステリ、面白かったー。こんなに頻繁にタイムスリップしてたら、精神がすり減って仕方ない^^;相変わらず怪現象に周りの人が馴染むのが早すぎ(笑)優香との最後は男の妄想で不要だと思ったけど、最初キザなキャラかと思った早稲本がすごくいいヤツで、娘と出会えなくてもこの友達だけで生きていけそうな気がする。早稲本の悩みも解決して良かった。お酒をあまり飲めない私には、他の西澤作品で飲んだくれの描写にげんなりしたのもあったけど、この本に出てくるお酒は本当に美味しそう。カティサーク飲んでみたい!
読了日:10月10日 著者:西澤保彦

みんなで!いえをたてるみんなで!いえをたてる感想
同作者の「みんなで!どうろこうじ」が良かったので、重機が大好きな2歳9ヶ月の息子に。こちらは更地から家を建てて引っ越してくるまでの過程が細かく描写されていて、こんなに多くの人が携わって家が建つんだと大人も勉強になる。重機を眺めるだけでなく、「へいってなに?」「かなづちってなに?」「ざいもくってなに?」と質問責め。…うん、うちにはないものがたくさん出てくるもんね。知りたい欲を満たしてあげたいと思い、答えられる質問には頑張って答えています。
読了日:10月6日 著者:竹下文子

パンやのくまさん (世界傑作絵本シリーズ―イギリスの絵本)パンやのくまさん (世界傑作絵本シリーズ―イギリスの絵本)感想
2歳9ヶ月の息子が図書館で自分で選んだ絵本。くまさんの規則正しいパン屋の一日が素敵。行きつけの食パン専門店があるのだけど、ちょっと雰囲気が似てるところも好き。(このパン屋さんではたまに息子にラムネをくれたりするところも似ている。)絵柄もかわいい。息子はベルを鳴らすくだりが不思議らしい。
読了日:10月4日 著者:フィービウォージントン,セルビウォージントン

読書メーター


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

別窓 | 読書まとめ | コメント:0 | ∧top | under∨
| シンプルにいこう。 | NEXT