3歳7ヶ月の成長記録~【朗報?】3年ぶりのステロイドランクダウン&【悲報】手足口病+さらなるショック~
お盆休みも昨日まで。
今の会社で3つめの職場ですが、一番短い夏季休暇でした^^;
カレンダー通りだという友人もいるので、連休があっただけいい方かな。

我が家は例年帰省しないので、
プラネタリウムや鉄道のジオラマを見に行ったり、動物と触れ合ったり。
子ども中心でのんびりしました。


お祭りにてぴょんぴょんする遊具を満喫中。
diary-1401.jpg
息子はビビり、かつ母子分離が苦手で
ほんの少し前までこのような親と一緒に入れない遊具には行こうとしなかったので、
この日は一人で楽しそうに遊んでいて驚きました。


***


さてさて息子、3歳8ヶ月になりました。
3歳7ヶ月の成長記録。
今まで読みにくかったので、小見出しにしてみました。



身長89.8cm、体重11.5kg


4歳までカウントダウンだというのに、まだ90センチ未満。
体重はまたまた減り、9ヶ月前より軽いという信じられない現実。
もうね、お腹なんてペタンコだよ。筋肉しかないよ。
幼児はキューピーみたいな体型がかわいいのにさ( つω;`)


とにかく食べない・寝ない


身長体重伸びなくて当たり前。
『食べない&寝ない』はもう長らくの悩み。

昼寝をしたら寝かし付けに最低1時間。
昨日なんて2時間かかりました。
時間の無駄遣い感がもう半端ない(´Д`)
昼寝なしの日でも30分はかかって、21~22時まで普通に起きていられる。
絵本を読んだりイチャイチャして、
座ってギュッと抱っこしたり、添い寝してトントンしたり、
大好きな腹枕(息子はお腹を枕にして寝るのが大好き)を提供したり。
彼の要望を全て叶えたところで寝やしねぇ。
イライラしているところに先にウトウトした母を起こしてくるもんで
イライラがMAXになって怒鳴ってしまう日もあり、イチャイチャタイムは台無し。

そして、食べない。
元々小食な方だけど、夏場は特に酷くて
本人のリクエストで握った普通サイズのおにぎりを1個しか食べられないレベル。
おやつを断る日も多いし(そんな3歳児いるか?)、食べてもお煎餅一枚で満足。
大好きなアイスだって、箱入りの小さいアイスを半分食べるのがやっと。
ちなみに休日におやつをあげなくても(というかあげない日の方が多い)
食事量が増える訳でもなし。
好き嫌いも多い。
お腹いっぱいになると毎食のようにえづいてみせて、
そこをちょっと無理強いしたら本当に吐いたりするのもいちいち腹が立つ。
それでも体格が平均なら、ただの夏バテだと受け流せるところですが、
身長体重ともに成長下限をと大きく下に突き破ってる身だからね。
どうしても大らかにはなれない。
二人きりの週末はなんだか怒ってばかり…。


ステロイドのランクが下がる


春から3ヶ月以上肌の状態が安定していたので、
リンデロンV(ストロング)→ロコイド(ミディアム)にランクダウン。
ステロイドのランクが下がったのは生まれて初めて。


2度目の手足口病にかかる


二年ぶり、二回目の感染。
前回は熱が出てご機嫌も悪かったのですぐに病気だとわかったけど、
今回はステロイドが下がった途端肌が荒れだしたので
肌の定期検診で受診するまで全く気づかず。
ご機嫌だし、熱もない。
食欲がないのは残念ながら夏場ずっとなので^^;


6回目の血液検査


生後8ヶ月にアレルギーが判明し、
小麦がクラス6、卵白がクラス4となかなか厳しい食物アレルギー持ち
先生の「血の検査をしよう」という発言で注射を悟りイヤイヤ言っていましたが、
準備をしている時に一度泣いただけ。
「おっきいちゅうしゃしない?」「いっかいだけ?」などと
看護師さんと交渉(笑)し、
針が刺さった時には「はやくおしまいして~」と懇願したものの、
何とか泣かずに頑張れました。


折り紙を折れるようになる。


保育所で教えてもらったセミを一人で折れるようになりました。
何かにつけ不器用で雑な子だったので、びっくり。
diary-1400.jpg
端々に雑さは表れてますが、ちゃんとセミに見える。
私の方がセミの折り方を知らなかったので、最近覚えました。
割と簡単なので、初めての折り紙におすすめ。


禁断の虫取りを解禁


私が大の虫嫌いなので、絶対許可するまいと思っていたのですが…
あまりにも虫を愛しているので、ダイソーで150円の網のみ購入。
付き合うのは父限定で、虫の持ち帰りはもちろん厳禁です。
diary-1398.jpg
飛ぶのが怖いらしく、木にとまっているセミを自ら掴みには行けないようですが、
渡してもらえば生きているセミも触れるらしい。
去年は抜け殻さえ怖がっていたことを思うと、成長を感じます。
図鑑で覚えたらしく、セミやだんご虫のオスメスの区別がつくようになった模様。
毎日セミ観察のために保育所帰りに公園につき合わされ、私は暑さでバテバテ。


初めて間近で打ち上げ花火を見る


地元の盆踊り大会でまさかの打ち上げ花火!
ベランダからちっさい花火大会を見たことは何度かありましたが、
間近で見たのは初めて。
すぐに終わってしまって残念そうでした。


じゃんけんのルールを理解する。


これまでもグーチョキパーを出すだけのじゃんけんはしていましたが、
最近になって勝敗がわかるようになりました。


1から120くらいまで順番に言えるようになる


39の次は「さんじゅうじゅう」、49の次は「よんじゅうじゅう」と言っていたのが
壁を越えられるようになりました。
とはいえ、順番に言えるだけで実際に100の概念はないと思われます。


体温計が読めるようになる


『36.8』を「さんじゅうろくどはちぶ」、
『37.5』を「さんじゅななどごぶ」等と読めるようになりました。
ほとんど役に立たないスキルですw


***


三年ぶりにステロイドのランクがひとつ下がりました。
これは今月の我が家的大ニュース!

生後一ヶ月から発症した乳児湿疹。
ほとんどは半年以内に自然と治ると聞いていましたが酷くなる一方で、
生後6ヶ月の頃、自宅から離れたアレルギー小児科を受診しました。

ステロイドの強さは5段階。
地元では弱めのステロイドを処方されていましたが、
炎症が強くてそれでは追いつかないということで、
この時からストロング(5段階で3番目の強さ)の
ステロイドが処方されるようになりました。
彼の短い人生のほとんどの期間、ストロングを塗布していたことになります。
3年ぶりにミディアム(5段階で4番目)に下げることができました。

食物アレルギーは何かと面倒で、早く治ってほしいと心から願っていますが、
正直食物アレルギーより湿疹の方がはるかにストレス。
ちょっと良くなったと思っても少し風邪をひくだけで一気に悪化。
夏は汗で悪化。冬は乾燥で悪化。
良い状態が一ヶ月と続きませんでした。
3歳になった今でこそ自分の病気をよく理解し、
多少は掻くのを我慢してくれることもありますが、
まあまあ最近までは手加減なしに掻きむしってはジュクジュクただれて、
もう見ているだけで辛かった。
片道45分のクリニックに定期的に通院、
毎日二回の薬・保湿剤塗布も思いのほか時間をとられて、
地味にストレスでした。

よく「赤ちゃん肌になりたい」なんて表現を聞きますが、
はっきり言って息子の肌はちっとも羨ましくない。
こんなにジュクジュクで痒みと炎症に悩まされるくらいなら
小じわやシミはあっても頑丈な自分の肌の方がずっといいと
心底思うほどの虚弱肌^^;

それがこの春からみるみる状態が落ち着いてきました。
去年の夏はストロングを朝晩二回塗布しても炎症を抑えきれなかったのが、
今は三日に一度でおおむねスベスベ。
体調を崩したときは荒れがちなのでもう少し集中的につけることもありますが、
去年とは雲泥の差です。

この三年間、良くなったり悪くなったりで一喜一憂し、
ネットや友人知人からステロイドのネガティブな情報を見聞きしては落ち込んだり。
自分でたくさん調べて、ステロイドを使うことを決断したにも関わらず、
世間では圧倒的にステロイドのネガティブ情報が溢れていて
自分の決断が間違っているのかな、と揺らぐことも多々ありました。
ブロ友さんやアレルギー仲間の方から励ましてもらいながら、
なんとかここまでやってこれました。
応援してくださった方々、本当にありがとうございます。

あくまで病院での治療を中心にしつつも、
洗浄剤を変えたり、サプリを摂り入れたり。
それらがたまたま良くなる時期と重なっただけかもしれませんが、
取り組んだことをまとめられたらいいなと思っています。



悩みは続く。どこまでも続く。


・・・と、ここまで朗報として書いていたのですが、
ステロイドを下げて10日ほどしてからみるみる肌が荒れだしました。
ステロイドの塗布頻度を最大に戻しても(主治医から頻度の調整は許可されています)
炎症が治まるどころか、酷くなる一方。

ステロイドを弱めたせいなのか、
それともプールの塩素がやっぱり良くなかったのか…
と思いながら受診したところ、まさかの手足口病。

いや、手足口病が大流行してるのは知ってたのよ。
でもご機嫌は良いし、熱もないし、食欲がないのはいつものことなので
全然気づかなんだ^^;

diary-1399.jpg
これは治りかけの写真なのでMAXではありません。
いつもの湿疹よりは酷い肌状態だけど、
手の甲が恐竜の手みたいになってた二年前の手足口病よりははるかにマシです。
そんくらい前回は酷かった。

そういう訳で、ステロイドのランクを下げた影響はまだなんともいえない状況。
一ヶ月経っても肌荒れが落ち着かなかったら、
薬の強さが合っていないと考えた方が良いかもしれません。



そして、さらにショックなことが。
食物アレルギー検査の結果が悲惨すぎた。
元々これ以上は悪くなるまい、という酷い数値だったのにまだ上があるなんて。
もうこれ書き出したら止まらないので、別記事にしようと思います^^;



強い食物アレルギーに強い慢性湿疹。寝ない。食べない。低身長。
一人遊びがほとんどできず、常にベッタリ。(←このせいで母子分離の習い事ができない)
彼のせいではないけど、息子にまつわる悩み多し。

もう一人子どもがほしいと思う気持ちもあるけど、
また同じような属性の子が増えるかもと思ったら、
なかなか踏み出せません。


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ

別窓 | 成長記録 | コメント:1 | ∧top | under∨
【華胥の幽夢】 小野 不由美

王は夢を叶えてくれるはず。だが。才国の宝重である華胥華朶を枕辺に眠れば、理想の国を夢に見せてくれるという。しかし采麟は病に伏した。麒麟が斃れることは国の終焉を意味するが、才国の命運はー「華胥」。雪深い戴国の王・驍宗が、泰麒を旅立たせ、見せた世界はー「冬栄」。そして、景王陽子が楽俊への手紙に認めた希いとはー「書簡」ほか、王の理想を描く全5編。「十二国記」完全版・Episode 7。

【目次】
冬栄/乗月/書簡/華胥/帰山(「BOOK」データベースより)




十二国記の短編集。
たぶんこのシリーズ初めての短編、かな。

この後に出た短編集、「丕緒の鳥」は
荒れた国の役人目線で辛い話が多かったけど、
こちらは陽子や楽俊、月渓など
十二国記おなじみのキャラクターが出てくるからか
比較的落ち着いて読めました。

特に泰麒!
前作で悲壮な泰麒を味わったばかりなので、
悩みながらもはじめてのおつかいをしている泰麒に会えて、本当に嬉しい。
陽子と楽俊の文通はニヤけっぱなしでした。
お互い苦労をしていることをわかっていても、
それを口に出さず、しゃんとしていられる関係ってすごいなと思う。

景や延といったおなじみの国以外にも
漣や才国の様子が垣間見られるのも嬉しい。
初登場の漣王、素朴で実直でいいなぁ。
長編も良いけど、いろんな国の様子を垣間見られる短編も良いですね。

一方で、人格者が王に立っても上手くいかないこともあるのが
この世界の天意の理不尽なところ。
砥尚の例は読んでいて少し辛かった。
最初からつまづく王に天帝はどうして天意を与えるのだろう。

十二国の世界は理不尽なことがとても多いけれど、
それはこっちの世界も同じ。
理不尽な運命に翻弄されながらも、
強く生きていく登場人物に心を鷲掴みにされます。


★★★★☆



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

別窓 | 成長記録 | コメント:2 | ∧top | under∨
3歳6ヶ月の成長記録~プール・生魚・花火デビューする~
息子、3歳7ヶ月になりました。
3歳半の成長記録。
今月は初めての体験がいっぱい。


■身長89.4cm、体重11.6kg。
うーん、また体重減った。身長もほとんど伸びていない。
先月の風邪で激しく食欲が落ちたせいだと思われます。
2歳0ヶ月の平均体重はさすがにマズいんじゃ…。
元々食は細い方ですが、
去年の夏は普段の半分以下の食事量になったので、
また今年も夏バテするかと思うと、もう夏が憂鬱でしかない。

■初プール。
保育所は三年目ですが、乳児クラスは水遊びだったのでプールは人生初めて。
私が若かりし頃に買ったビキニ以外の水着を持っていないというくだらない理由で
普通のプールにも行ったことがありません。
そろそろ水着買うか…。
顔に水がかかるのは嫌いな息子ですが、
プールでは幼児の膝下にしか水を張っていないらしいので
顔をつけることもなく、楽しい様子。
超虚弱肌なので塩素もちょっと心配ですが、一週間経った今のところは大丈夫そう。
(園嫌いの主治医には例年保育所での水遊びやプールに渋い顔をされています。
 今年は「保育所でのシャワーもやめて家だけにして」と言われましたが、
 絶対に汗で悪化すると考えて、この指示には従っていません^^;)

■初花火。
話をしっかり理解して、大事な約束を守れるようになってきたので、
手持ち花火のデビューしました。
とっても楽しかったようなので、
今年の夏はちょこちょこ花火を楽しもうと思います。
diary-1392.jpg
あ、今年も丸坊主にしました。
我が家の夏の風物詩です。

■初寿司。
生魚は慎重になっていたのですが、
同級生のお母さん達が与えていると知って、お寿司デビューしました。
コストコのサーモンのお寿司を4貫。
好き嫌いは多いけど、生魚は結構好きらしい。

■入浴後、自分で体を拭くようになる。
髪の毛も含めて、大体一人で拭けるようになりました。
しかし、まだ洗うのは全て親任せ。
1歳半からパパとの入浴を拒否するようになりましたが、
未だに100%私とお風呂です。
休日くらいゆっくり入浴させてほしい。

■甘えん坊度がアップ。
元々甘えん坊ですが、先月風邪をひいてからエスカレートしたような気がします。
ことあるごとに「ママ、ひざまくらしたい~♡」と言っては膝の上でゴロゴロ。
「ママライオンさ~ん、あかちゃんライオンやから脱がしてー♡」など等
自分でできることを母に要求すること多々^^;

■ちょっと注意されただけですぐ泣く。謝る。
今まで怒られたら逆ギレして叩いてくるか
イヤイヤ猛烈反抗モードになるのが悩みだったのですが、
最近はすぐうわーんと泣いて
「ごめんなさいぃ。もうしないから~泣」と口をへの字にして謝ります。
まあ謝ってもまたすぐ同じことをしでかす訳ですが^^;
への字になった口を見ると、面白かわいくてつい笑ってしまいます。
最近はすぐ謝るので、激しく怒ることはあまりないつもりなのですが、
なんで小さい子って泣くとこういう口になるんやろう。笑
diary-1394.jpg
おまけに元から下がり眉なのに、困ると完璧なハの字になるので
怒っててもつい笑ってしまいます。

■優柔不断男化する。
家で牛乳か100%の野菜ジュースを飲むことが多いのですが、
何が飲みたいか聞くと、「ママがえらんでー」と…。
寝る前の絵本タイムに「好きな絵本を持っておいで」と言っても、以下同文。
いやいや、飲み物はともかく、絵本は自分で選んだ方が絶対楽しいでしょ。
上述の甘えん坊の件といい、息子の将来が少し心配になってきました。

■たまに主語が「オレ」になる。
これは軽くショック!
普段主語は「○○ちゃん」なんですが、
絵本やテレビやお友達などなどの影響でフザけて「オレ」と言い出すことが。
やんわり訂正するようにしていますが、
そうすればするほど、嬉しがってオレって言っちゃうんだよね。
さすがに小学生になるまでにはちゃん呼びは直そうと思うけど、
今はせめて「ぼく」にしてくれんかね…

■とにかく寝ない。寝起きも悪い。
休日は昼寝拒否。
説得して寝室に連れて行っても、母だけが寝落ちして、息子は目パッチリ。
21時を過ぎても眠たがらず、寝かしつけに30分はかかる。
にも関わらず、平日保育所では2時間くらい昼寝してくるので、
夜の寝かしつけに1時間以上かかり、
先に寝落ちした母を起こしてくるのがストレス。
半年前は早朝覚醒で悩んでいましたが、
ここのところは朝ギリギリのタイミングで起こしてもなかなか起きず、
眠気のせいでご機嫌が悪いです。
それでも早朝覚醒よりはずっといい。

■とにかく虫が好き。
年少クラスからは毎日の連絡帳がなくなり、
月1回担任の先生から総括をもらうようになったのですが、
4・5・6月の全てで虫好きについて言及。笑
今月はセミがたくさん見られるようになり、
毎日公園で抜け殻を集めたりして楽しんでいます。
diary-1395.jpg
去年は抜け殻すら触れなかったのに、今年はあっさりクリア。
母は大の虫嫌いなのですが、男の子は勝手に虫好きになるもんなんですね。
そんなに好きなら虫図鑑でも買ってあげようかなと考え中。

■調理見学が好き。
非常に残念なことに、私の調理レベルは下の下の下ですが、
そんな母のしょーもない料理を見学するのにハマっています。
アレルギー持ちなので、お手伝いよりほぼ見学だけですが、
料理が始まるや、テレビを消して
走ってキッチンに台を持ってきて見物開始。
おままごとが大好きなので、こういう作業が面白いらしい。
(ちなみに祖父母に息子がままごと好きというと、「女の子みたい」と言われます。
 私は全然気にしていないのですが、親世代には軟弱に映るようです^^;)

■小さい子を愛でる。
お友達の弟や妹、保育所の乳児クラスの子など、
自分より小さい子を可愛がるようになりました。
この前なんて、ショッピングモールにいた気に入った赤ちゃんを
ストーカー並みに追い回してた^^;
2歳の頃は友人の赤ちゃんを抱っこしただけで焼きもちを焼き、
「あかちゃんいらん」と言ってたくらい母の独占欲が強かった息子に
小さな子を可愛がる心が芽生えるなんて驚き。
最近では「○○ちゃんもあかちゃんほしい」と弟妹を欲しがるようになりました。
とはいえ、もし実際にできたらジェラシーの炎に焼かれると思いますが。笑

■再ハサミブーム到来。
2歳の頃から時々ハサミをさせていましたが、
最近猛烈にハマり、毎日の日課のように切りまくっています。
紙に書いた丸に沿って、一人で切り抜いたときはびっくりしました。
diary-1393.jpg
曲線を切るには、左手の紙を動かせばいいことに自分で気づいたらしい。
目を離しても大丈夫になったので、黙々と切ってくれる時間は助かります。

■文字ブームが去る。
自主的に文字を読むことはほとんどなくなり、
本人のリクエストで貼ったカタカナ表は見向きもされません。
こういうことは無理に教え込むより
本人のやる気がはるかに大事なので
またブームがくるまで待とうと思います。


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ

別窓 | 成長記録 | コメント:0 | ∧top | under∨
3歳5ヶ月の成長記録
息子、3歳半になりました。
3歳ももう折り返しなんて、時が経つのが早すぎる!



■身長89..2cm、体重11.7kg。
抱っこすると重い気がしたのですが、減っていました。
おやつのおせんべいをたった1~2枚で満足するくらい、相変わらず小食。
前年同月から700グラムしか増えてないのだけど、こんなもの?
2歳1ヶ月の平均体重に、2歳半の平均身長というおチビさん。
テーマパークの乗り物の第一関門である90センチ到達には
まだ二ヶ月くらいかかりそう。
ちょうど丸一歳下の平均身長で、口だけ月齢以上に達者な息子。
2歳の外見で3~4歳の喋りをするので
道行く知らない人には「しっかりしてるねー」とよく言われます^^;

■お昼寝中におしっこが出ない日が増えてきた。
元々頻尿なので遅い方だとは思います。
ちなみに、昼寝をするのは保育所だけで、週末は嫌がるのでほぼ昼寝なし。
夜はおしっこでオムツがパンパン、ウンチもオムツでしかできないので
トイトレ完了はまだまだ先です^^;
 
■家のトイレでもおしっこを背伸びしながら無理やり立ってするようになる。
夫が(自主的に)座ってする派なので、尿が飛び散りが怖い。
バランスを取るために便器の淵を持つのもちょっと…。
息子曰く「たったほうがめんどくさくないから!」だそうですが、
いやいや、母はかえって面倒くさいぞ。

■食物アレルギー卵黄摂取中。1/2(10g)までクリア。
4月から引き続き、少しずつ摂取量を増やしています。
ただ、1/2の時点ですでに卵白に接している部分に軽く触れてしまうので、
これ以上進められないようで、この量を継続指示。
(※息子はクラス4の卵白アレルギー持ち)

■塗り絵がなんとなくできるようになる。
絵は親に描かせるばかりで、塗り絵もなんとなくさせたことがなかったのですが、
もらってきた塗り絵をさせてみたらなんとなく塗れている。
 diary-1388.jpg
とはいえ、その後同じクラスで飾られた製作を見ると
クラスメイトでもかなりクオリティに差があって
大人顔負けレベルにぴっちり隅から隅まで塗っている子もいました。
月齢差もあるでしょうが、夫婦ともに絵心はないので
図画は苦手かもしれません^^;

■虫が大好き。
私が大の虫嫌いなので、虫図鑑などは絶対に買わないのですが
男の子は自然と乗り物と虫が好きになるんですね。
虫が好きで、外に出たら虫探しに余念がありません。
バッタやだんご虫くらいならともかく、
アリも積極的に手で掴もうとするので
「人間の方が力が強いから、アリさんは見るだけにしてあげて」と言いますが、
なかなか好奇心を押さえられず、手に乗せてしまいます。
真夏になったら、父とセミ取りするのが楽しみだそうです。

■初粘土遊び。
保育所ではすでにやっているようですが、
家では初めての粘土遊び。
diary-1391.jpg
よほど楽しいのか、珍しく一人遊びしてくれるので助かる。
ちなみに、アレルギーのため小麦粘土は使えないので
百円ショップのごく普通の粘土です。

■家庭訪問。新担任いわく
「○○ちゃんは自立している(←生活面遅いので生まれて初めて言われた台詞)が、
時々目で手伝って~と訴えることがある。
給食でどうしても食べられない食材が出たときや
お友達にオモチャを取られたときも同じ。
何か困った時に自分から言えるように声掛けしてるところです」とのこと。
確かに家でも親に何かやってほしい時にモジモジしたりクネクネしたり。
その傾向はあるかも。
家では超おしゃべりですぐ笑いに走るひょうきんキャラなのですが、
保育所では人見知りを発揮して大人しめらしい。
3歳児の担任の先生は一人なのに、よく見てくれていると思います。

■保育参観&クラス懇談。
2歳児までは一緒に手遊びしたり体操したり、
おやつを食べるのを見るくらいでしたが、
今年はオリジナル絵本の製作をするなど、年少さんになったんだなぁと実感。
息子は外では本当にシャイな性格なので、
大きな声で上手に歌を歌っているのを見ただけでうるっときました。
最後に自分の好きなものを発表する場面では
全然聞き取れないくらい小さい声だったけど。笑
乳児さんから幼児さんになったことを実感できた良い参観でした。

■歌が好き。体操は嫌い。
「おかあさんといっしょ」の『リンゴントウ』等、
難しめの歌も上手に歌えるようなりました。
一方「わ~お」「ブンバボン」やえいごであそぼの体操は相変わらず興味がなく、
始まったら怒って自らテレビを消すくらい大嫌い^^;

■雨で遠足中止。
去年は3回中2回が雨で中止、今年も一発目から雨。
相当の雨男または雨女がいる様子^^;

■ますます口が達者になる。
「そもそも」「確認」「連続」「優先」といった難しめの単語を使うようになり、
使い方も大体合っているので驚かされています。
うがいの手順など、保育所と家庭でやり方が違うとすかさず指摘。
また、母の口調を真似ることも増えてきました。
保育所の帰りに土に手を突っ込むので
「もう~そんなドロドロにして・・・」とボヤいたら、
「おててあらったらいいだけやん!」と一丁前に口答えw
確かに私、よくこんな言い方をしてるわ…

■39まで数字を言えるようになる。
数字を言うのが大好き。
最近まで29の次は「にじゅうじゅう!」と繰り上がれずにいたのですが、
壁を越えて30台まで一人で言えるようになりました。
39の次はやっぱり「さんじゅうじゅう」ですが^^;
59の次は60、69の次は70…と繰り上がり時に手助けすれば、
130くらいまで延々と数字を言います。
ただし、もちろん100の数字の概念はなく、
現実的に数を数えられるのは20くらいまで。

■現実派を突っ走る。
幼児は『空想派』と『現実派』に分かれるそうですが、
うちの息子はどうやらかなりのリアリスト。
息子は消防車が好きなので(私も消防士さん萌えですw)、
二人で『プロフェッショナル』の消防士さんの回を見ていたところ、
「しょうぼうしさんはかっこいいけどー、なりたくはない」と言い出しました。
「なんで?」と私が聞くと、
「だってたいへんやもん!もえたらイヤやし。」
・・・確かに。

また別の日。
『いないいないばあっ』のちゃっぷん↓が
diary-1385.jpg
ドラえもんみたいな丸い手なのに物を器用につかんでいるのを見て、
「あれ、ゆびないのにどうやってもってるん?」とツッコみはじめる。w
他にも「ワンワンは犬じゃなくて、ひとやで!だってたってるもん!」とか
「うーたん、おくちがうごいてないけど、どうやってしゃっべてるん?」とか
幼児番組に多々疑問があるらしいw
・・・えと、そこが気になるお年頃なら、もう番組卒業した方がいいんじゃない?笑
なんだかかわいくない生意気な小学生になりそうな予感がしてきました^^;

■保育所後の公園遊びが習慣化する。
転職前は18時前にお迎えだったので、
どこかに寄り道している場合ではなかったのですが、
無職期間に公園遊びとお散歩が習慣化しました。
再就職後も寄り道が定着。
毎日5分だけという約束で(実際には15分くらい滞在)遊んでから帰っています。
退社時間を早めて前職より40分くらい早くお迎えに行けるのですが、
このせいで20分くらいしか前倒しできていません^^;

■収集癖が酷い。
親に似てしまったのか、物をちっとも捨てられない息子。
空き容器くらいのガラクタなら幼児あるあるだと思うのですが、
息子の場合はちぎったティッシュやトイレットペーパーの芯、チラシやレシートなど
大人からすれば、本当にゴミ以外の何者でもないものを後生大事にします。
わざわざゴミ箱から好みの品を回収するし、
外でも地面に落ちているガチなゴミを拾ってくるのが困る。
diary-1390.jpg
これははたしておもちゃ箱なのか、ゴミ箱なのか…。
時々こっそり捨てていかないとゴミ屋敷化します^^;


****


私事ですが、上にも書いた通り転職しました。
妙齢なので再就職できるか不安でしたが、
運良く3週間のブランクで次の会社が決定。
会社の業種は全然違いますが、
仕事内容はかぶっていることも多いのでなんとかやっています。
前よりだいぶ安いし、片道1時間弱とかなり遠いんですが、
かつての趣味であるアロマ関連のサイト作成に関わったりできて、
なかなか面白いです。
これを機に、また趣味を再開できたらいいな~


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ

別窓 | 成長記録 | コメント:0 | ∧top | under∨
| シンプルにいこう。 | NEXT