3歳9ヶ月の成長記録~三度目の運動会&初めての外科手術&やっと90cm到達~
息子、3歳10ヶ月になりました。
4歳まであと2ヶ月!

今月は旅行、手術、運動会といろんなことがありました。
長くなります~。


やっと90センチを超える


身長90.5cm、体重12.2kg。
4歳目前でようやく90センチに到達。
2歳7ヶ月程度の平均身長で
こちらのサイトによると身長スコアは-2.3SD。
『低身長の疑いあり』が継続です。
とりあえず4歳まで様子見する予定。
ともあれ、やっと90センチの身長制限のある乗り物に乗れるよ!
4歳の誕生日プレゼントはへんしんバイクの予定でしたが、
まだ足が届かないだろうな…ε-(‐ω‐;)
身体能力は月齢並みだし、
4歳でへんしんバイクSもないと思うので悩み中。

三回目の運動会


1歳から入所しているので、三回目の運動会。
息子が通う保育所では、2歳児までは直線のかけっことお遊戯の二つのみのため、
10時過ぎには早々と解散でした。
年少からはいよいよ最後まで参加。
トラック半周の二人対戦のかけっこ、玉入れ、お遊戯、親子競技と出番も多め。
1歳児の運動会ではクラスでたった一人だけ、
最初から最後まで号泣して先生にずっと抱っこされていましたが、さすがは三年目。
ずっと楽しみにしていたのに緊張からか直前になってグズりましたが、
出番になるとニコニコで頑張っていました。

しかし、三年目にして初めての悪天候。
前日から雨降りでしたが、
当日早朝には上がるという予報だったので決行されたのですが、
結局開始直前まで雨が降っていて、先生は早朝から整備。
にも関わらず、開始30分で本降りになってしまい、中断。
30分ほどしたら少し落ち着いたので、再び先生方が懸命に整備してくださり、
なんとか運動会が実施されました。

中断されていた時間が長めだったため、
親子競技と玉入れは省略されてしまいました(悲)
こういうとき、もし幼稚園なら延長してでも実施されたのかもしれませんが、
保育所は午後の保育もあり(ほとんどの子は運動会後に帰宅でしたが)、
給食等の都合で仕方なかったんだろうな、と思います。
(遅くなったらクレームになるのかも…)

息子は本当によく頑張りました。
平均台や鉄棒を使った表現がとっても上手で、
先生の選曲がナイスで、クライマックスでは泣きそうになったり、
クラス一のチビなので、かけっこは期待していなかったのに意外と足も早かった。
私は最下層の運動音痴なので、切実に夫の血をひいていてほしい。笑
頑張る姿が見られるだけで十分だと思っていましたが、
予想以上に奮闘してくれました。
園内での写真はネットアップ禁止で、
外ではバタバタして撮るのを忘れました^^;

運動会の主役はやはり年長さん。
伝統の太鼓やリレー、竹馬など見所いっぱいで感動するとともに
あと二年でビビリの息子にもこんなことできるのかなぁと
心配になったりもした運動会でした^^;

恒例のメダル作り、母もちょっと頑張ったよ。
diary-1415.jpg
息子の好きな虫(てんとう虫)とリサガス。
全然簡単なものですが、絵心も工作心もゼロなので
この低クオリティでも毎年苦心しています^^;

熱海旅行&初めての新幹線


年に一度の家族旅行に行きました。
個人的には海外に行きたいのですが、
息子は重度の食物アレルギーのため、旅行は国内限定。
洋食全般NGなので、毎年取り分けできる会席料理が出る旅館を選んでいます。

旅館で美味しい海鮮の会席をいただいて、
海岸をぶらぶらお散歩したり、遊覧船に乗ったり、
ロープウェイに乗って熱海城付近を散策するだけの
のんびり旅行でしたが楽しめました。
diary-1413.jpg

こちらでも最終日に雨にやられ、
商店街を買い物がてら食べ歩きしたり、駅前で足湯に浸かったりしましたが、
これはこれで楽しかったです♪
昨今その辺に外国人観光客がうようよしてるのに、
なぜか熱海ではほとんど見当たらなかった不思議。

初めて新幹線(ひかりとこだま)に乗りましたが、
乗車前から遊び道具を用意していることがバレてしまい、
新幹線自体はあまり満喫してなかった感が^^;
行きも帰りも車内で寝てくれたので、
その間は私も寝たり本を読めたりして楽ちんでした。

余談ですが、熱海港に海上自衛隊の掃海艇「はつしま」が寄港しているのに遭遇。
diary-1412.jpg
一人興奮しましたが、夫も息子もあまり興味はなかった様子^^;
特に自衛隊マニアではありませんが、迫力があってかっこよかったです。

意地悪に悩む


叩く、首を絞める、物を振り回すといった行為は落ち着きましたが、
息子が不機嫌になる要素が皆無のタイミングで
「○○するもんね~」と突如ものすごく意地悪な物言いをしてくるのにも閉口。

人に危害を加える行為や、しつこい意地悪の後には
私にこっぴどく怒られるにも関わらず、
一時間後には同じことをしでかすので、腹が立つやらため息が出るやら。

息子曰く、唾を飛ばす行為は同級生の真似だそうですが、
オリジナルの部分も多そうで、悩み中。

誰…?


「あのさー、このまえ○○してたらさー」「まじでー」 ←若者風
「おおい!ちょっと!だれかきてくれぇー!」 ←誰設定?
「あのヤツのヤツ」←ヤツを重ねすぎ
のような、突然誰かになりきった言葉遣いで話すので笑えます。
「マジ」「ヤバイ」は極力子どもの前で使わないように心がけているのですが、
夫と会話をしているとつい出てしまうので、気をつけないと^^;
ちなみに、子どもが生まれてから
「ムカつく」だけは「腹が立つ」に置き換えられるようになりましたが、
最近息子も「はらたつわー」とよく言うので
これはこれでイラっときますw
お友達の真似で「オレ」「おまえ」も言うようになりました。

戦いごっこが好き


うん、男の子だ。
息子の周りでは仮面ライダーが全盛期らしく、
よく保育所のお友達ともしているそうです。
息子にはEテレ以外見せていないので仮面ライダーはわかっていないのですが、
知らなくても問題なく一緒に遊べるあたり、3歳児ってすばらしい!
これが小学生だったら、きっと仲間はずれにされてるよね。
家では私は付き合わないので(酷)、主にパパと何やら戦って遊んでいます。

ガラクタの収集が止まらない


息子は小さい頃から収集癖があり、
1歳台はとにかく石ころ一筋、2歳からはどんぐりや実を集めるのが大好き。
それに加え、ここ数ヶ月はQRコードマニアと化しています。
QRコードを見つけてはハサミで切り取り(不器用だけどこのおかげでハサミだけは得意)
空き容器(≒ゴミ)に嬉しそうに溜めています。
私も若干収集癖かつ捨てられない傾向があるので、気持ちはよく分かるが・・・。
適当に切り刻んだチラシの切れ端ですら
「たからもの」と称してオモチャ箱に溜めていくので、
新しいガラクタ宝物をコレクションに加えるときには
何かひとつ手離すように言う毎日です。
あまりに酷いときは寝てからごっそり捨てるのですが、全く気づかないという。
モノに執着があるのやら、ないのやら^^;

初めての外科


息子にかかとを一針縫う怪我をさせてしまいました。
朝キッチンで遊んでいた息子を注意していたら、
突然「あしがいたい!ちがでた!」と騒ぎ出しました。
最初はいつもの大げさかと思っていたのですが(ごめん)
よく見てみると確かにごく微量の出血。
切れた原因はわからないけれど、近くにパンくずも落ちていて、
アレルギー面重度の小麦アレルギー持ちのため)からすぐ足を洗い流しました。
しかし、その後もまだ痛いと訴え、
表面には何も刺さってはいないものの、確かにポコっと出っ張っている。
夫を叩き起こして見てもらうも家ではどうにもならんと言うので、
朝一で小児科に電話。
外科の方が良いとのことで、紹介された近くの外科に駆け込みました。
通常、小学生未満の子どもは診ていないとのことでしたが、
経緯を伝えると特別に診ていただけることに。

超音波で確認してもらったところ
やはり1ミリ×2ミリくらいの何かが皮膚の中に入り込んでいるとのこと。
麻酔の上、切開して取り除いてもらうことになりました。

切開だなんて大人の私でもビビる処置なのに、
「ずっといたくてもいいから、はやくおしまいしたい!」と嫌がりはしたものの、
全く暴れず、泣き叫ぶこともなく、無事に処置が終わりました。
ビビりで病院嫌いの息子なのに、本当によく頑張った!!
看護師さんにもたくさん褒めてもらって、満更でもない様子の息子。

ほぼ一年ぶりのベビーカーや抱っこ紐で赤ちゃん扱いされたのが嬉しかったらしく、
その後も痛みを訴えるでもなく、ご機嫌に一日を過ごしました。
(これを機に赤ちゃんフィーバーが来るかと恐れましたが、翌日から歩いてくれて一安心。)
これ、一年前だったらいろんな意味で大変なことになってたと思う^^;
改めて三歳ってお兄ちゃんだなーと思った出来事でした。

ちなみに、取り出された謎の欠片は白かったので、
いつぞや割った陶器の破片なのか?
しかし、少なくともここ数ヶ月は割った記憶はないので、
なんでそんなものが残っていたのかは未だに謎ですが、
キッチンには気をつけようと反省しました…。

運動会の半月前の怪我で心配でしたが、
痛みもなかったようで翌週からは練習に参加していました。

布パンツで昼寝


保育園っ子は生活面の早い子が多いのですが、
息子は生活面全てでスローペース。
3歳過ぎに日中のオムツだけはなんとか外れていたのですが、
なんせ母に似て超頻尿。
夜間はもちろん、昼寝の短時間でも
漏れなくおしっこが出ていたので長らくオムツでした。

それが最近ようやく間が空くようになってきたので、
布パンツで昼寝を開始(家ではあまり昼寝しないので保育所だけ)。
最初は「あかちゃんパンツでねたい!」と嫌がっていましたが、
しばらくすると定着して、失敗することも滅多になくなりました。

残るは、ウ○チと夜間のオムツ。
トイトレの進捗率としてはまだ6割くらいかな^^;
でも、彼は自信ができるまで踏み出さない慎重派なので、
地面を水たまりを作ったこともたぶん2~3回かな?
トイレトレーニングにあまりストレスを感じたことはありません。

ウ○チは精神的な抵抗をクリアするしかありませんが、
夜間は体(膀胱)が発達しないことにはどうにもならないので
遅い方だとは思いますが、もはや焦っていません。
むしろ2歳頃が一番焦っていたかも。
今思えば、なんでそんなに早くから焦っていたんだろう。
いつか絶対外れる日が来るはずなので、
その日をのんびり待とうと思います。

箸を使えるようになる


ここ数ヶ月で補助のついていないお箸がぐんと上達。
納豆も豆腐も普通のお箸で食べられるようになりました。
ご飯を挟まず、スプーンのようにすくい上げる時があるので、
完璧とはいえませんが、概ね使えるようになったと言えそうです。


息子はこちらの箸で使えるようになりました。
その前に指の位置を示すくぼみのついた別の矯正箸も試しましたが、
あまりお好みではなかったようで…
六角形のこちらが使いやすかったようです。
家用、保育所用、4歳用の3本買いました。

とはいえ、やはりスプーンより時間はかかるので、
面倒くさくなってくるとスプーンに変えたり、
母に赤ちゃんのように食べさせてもらったりしています^^;
朝食に至ってはやる気があまりなく、8割以上食べさせているのが現状。
甘いかなとも思いつつ、上記の通り低身長に悩んでるので
お兄さんになることより、とにかく量を食べることを優先。

上述のオムツはずれのこともそうですが、
「たいていのことは小学生になるまでにはできるだろう」と考えて
生活面の少々の遅れはあまり気にしなくなりました。

地味に登園拒否中


ここ2ヶ月ほど、保育所に行くのを嫌がるようになりました。
といっても、そんなに激しく嫌がる訳ではないのですが、
朝起きて保育所だとわかると
「いきたくない」「おもちゃかえなくてもいい」(「お仕事行かないと玩具も買えないよ」と言ったため)と地味に毎朝グズるようになりました。
保育所への登園は母だけの時は諦めて歩いてくれるのですが(父がいれば抱っこ)、
着いたら「がんばらない」「おうちにかえる」とグズはじめます。
別れるときに泣くのは月曜と火曜の二日くらいで、
すぐに泣き止んで遊び始めるそうです。
お迎えに行くと満面の笑顔で走ってきてくれるのは嬉しいですが、
「パパがよかったのにー」と呟かれる日も^^;
手術でお休みした日は普段よりむしろご機嫌でした。

様子を聞いてみても、
特に意地悪な子がいるとか、保育所に馴染めないとかそういう訳ではないらしい。
夫は「遊んでご飯食べて昼寝するだけやのに、何が嫌なの?」と言うけれど、
私も小学生のとき、大した理由もないのに登校拒否気味だったから
気持ちはめっちゃわかる!
大人だって休みが一番楽しいもんなー。
どうにもならないけど、なるべく気持ちに共感するようにしながら登園しています。


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ

別窓 | 成長記録 | コメント:2 | ∧top | under∨
3歳8ヶ月の成長記録~悩みの三つ巴。低身長に悩む。~
息子、3歳9ヶ月になりました。
4歳まであと3ヶ月!

にも関わらず、解消されない悩みが満載。

親を叩くとか、一人で遊べないとか、外食でじっとできないとか、
いつまでもオムツが外れないとか、天邪鬼だとか(←って十分多いか)
子育てにおいて、一時的だと思われる悩みはまだいい。
経験上、幼児期の悩みの7~8割は時間が解決してくれると感じているので、
成長とともにそのうち終わるだろうという希望も持てる。

強いマルチ食物アレルギーとか、乳児期からずっと続く湿疹とか、低身長とか、
数年(下手したら十年)スパン級の問題を複数くらっている我が家。
キャパが小さい我が家に集中砲火するの、
ホントやめてもらえませんかね…



低身長、絶賛悩み中


身長89.7cm、体重11.7kg。
今月こそは90センチに到達するかと思ったけど、全く伸びず。
身長SDは-2.3SD。
成長障害のサイトでもいよいよ『低身長の疑いあり』という結果が出ました。
4歳までカウントダウンなのに、2歳半の身長という…(涙)
うーん、まあ食べてないもんなぁ。
だいぶ涼しくなったので、食欲が戻ってくれることを期待。
正直もう食物アレルギーと湿疹でいっぱいいっぱいで
私のキャパ上、これ以上問題を抱え込みたくないのですが、
4歳になっても伸び悩むようであれば、医療機関を受診することも考えています。

公園の遊具遊びスキルが上がる


ブランコが一人でこげるようになり、押す作業から解放されました。
ただし、チビなのでブランコに一人で腰掛けることはできません^^;

diary-1408.jpg
鉄棒にぶらーんとぶら下がるのは1歳の頃から好きでしたが、
最近一人で豚の丸焼きができるようになりました。
身長が横ばいなのに運動能力だけ上がるのが不思議なんですが、
逆に軽くて身軽だからやりやすいのかも。
そういえば歩くのも早めだったし。

私はクラスで一番チビなこともあって鉄棒は大の苦手だったので
(↑あれって身長で有利不利があるのに、同じ物差しで成績をつけられるから理不尽だった)
同じく低身長な息子には得意まではいかなくてもいいけど、
せめて苦手感を持たないでくれたら嬉しいです。

指を口に入れるようになる


2歳半になったとき、爪に苦い成分を塗って指しゃぶりをやめさせたのですが、
最近になってまた手を口に入れるようになりました。
前のように指を吸ってはいませんが、
爪を噛んでることもあって、爪きりの頻度が激減。
見つけるたびにとめてるのですが、
何かストレスがあるんでしょうか…。

左右を理解する


完全に左右の区別がつくようになりました。
「右の引き出しを開けて」といった指示が通るので楽チンです。

一丁前な口答えが腹立たしい


息子はどちらかというと口だけは達者な方。
最近私が何かを注意すると、
「そんなんしってるしな~」
「それくらいできるもんね~」(←ものすごく意地悪な言い方)
のような腹の立つ言い方で口答えするようになりました。
知ってるならやれや!と本気でイラっとします^^;
私も夫もこのようなものの言い方はしていないつもりなのですが、
どこで覚えたんだろう…。(無意識で言ってるのか?)
先生ってこともないだろうから、お友達かな?

意地悪疑惑


上の項目と少しかぶるのですが、人が嫌がることをしつこくするのに困っています。
叩く、つねる、キック、髪を引っ張る、くすぐる、首を絞める…などなど
嫌がるとわかったら、ガツンと怒られるまでしつこく続けるという…。
わが子ながら「性格悪いなー…」と思ってしまうこともしばしば。
親相手に構ってほしくてやっているだけならまだいいのですが、
お友達や親以外の大人相手にもこのような所業をしているんじゃないかと心配で。
夫もちょっかいはしつこいけど(←このせいか!?)基本的には優しい方だし、
私もさほど意地悪な方ではないと思うのですが、
どうしてこのようなことをしでかすのかと悩んでいます。

肌が落ち着いてきた


手足口病で猛烈に荒れたお肌が落ち着いてきました。
まだ体幹と足は本調子ではないので
ロコイド(ステロイド:Mild)を毎日を塗布していますが、
長いことリンデロン(ステロイド:Strong)を毎日塗っていたので
それよりはだいぶマシかな。
肌が弱いだけあって、ここまでくるのに丸一ヶ月かかりました。

相変わらず寝付きが異常に悪い


先月となんら状況変わってません^^;
寝かしつけに毎日最低一時間。
一時間半かかることもザラ。
母の眠りも邪魔され、眠いのに眠れず、家事もできず、
自由時間でもない無為な時間に30分を過ぎたあたりから猛烈にイライラ。
友人の子が眠くなったら勝手に布団に行く、10分で寝るなんて逸話を聞くと、
何かの神話なのかと半ば本気で思ってしまいます^^;

一日1時間×365日=15日超。
寝つきの良い子に比べて一年で15日以上ロスしてるぜ…
なーんて不毛すぎる計算をついしてしまうw

赤ちゃんの頃は数ヶ月間の極端な早朝覚醒(毎日深夜3~5時に起床)や
それなりに酷い夜泣きも体験済み。
この三年半、睡眠関係だけでどんだけ時間を費やしてるんだ…

ネントレの本は数冊読んで、書いてあることをいろいろ実践した。
寝る前に絵本を読んだり、ギュッとしたり、トントンは毎日してる。
隙間を塞いで部屋を真っ暗にしたり、アロマや子どもの快眠音楽も試した。
でも結局、寝ない子は何やっても寝ない。
それが子の睡眠の結論^^;

好き嫌いが少し緩和される


元々の小食、重度の食物アレルギーに加えて
偏食大魔王でもある息子。
寝ないし食べないじゃ、大きくなるわきゃない。

それが最近心なしか緩和されたような気がします。
苦手な葉物野菜や枝豆、とうもろこしをある程度食べられるようになりました。
とはいえ、食の細さは相変わらずなので、
成長にあまり寄与していないというのが実情です。

相変わらず嫌いなのは、ゼリー、カボチャ、じゃがいもなど。
一般的に子どもが好きなものばかり。
特にゼリーは保育所のオヤツでも週に1~2度は出る定番オヤツだし、
食物アレルギーに配慮していただくことが多いのですが、
えづくくらい大嫌いなのが困りもの。

逆に好きな食べ物は、魚介類全般、納豆、高野豆腐、きんぴら。
おじいちゃんかw
7月に生魚デビューをしましたが、それ以降お寿司やお刺身は大好物。
1~2歳の頃は「おかずなんていらない!とにかく白ご飯よこせ!」とばかりの
白ごはん党の党首でしたが、最近は白米への執着もなくなり、ただただ小食です。

少しだけ鼻がかめるようになる


やっと鼻がかめるようになりました。
まだ左右同時なので、少しではありますが。
今まで鼻水はティッシュで鼻の穴付近を服で全力で拭っていて
超虚弱肌なのでそのたびに荒れていたので、嬉しい。

夏のお出かけ


親が暑さに弱いので、なるべく涼しいところで遊ぼうと思い、
メガ恐竜展、ナイトZOO、プラネタリウム、科学館、美術館などに出かけました。

diary-1407.jpg
科学館が予想以上に良かった!
ただ展示してあるだけかと思ったら、
体験型の展示が多く、3歳児でもかなり楽しめました。
息子の好奇心を満たしてくれて、
半日時間を潰せて、たった400円!(中学生以下は無料)
なんてコスパの良い遊び場所ヽ(*´∇`)ノ
大阪近郊にお住まいの方に強くおすすめしたい!

diary-1406.jpg
こちらは魔法の美術館
光を駆使した映像で遊ぶ参加型美術館。
大人も子どもも楽しめてこちらも良かったです。

図書館開催のアニメ映画鑑賞会も怖がるほど暗い場所が苦手なので、
怖がるかなーと心配でしたが、
初めてのプラネタリウム(私は人生二度目)もなかなか楽しんでいました。
ファミリー向けの会なので、子ども達にも分かりやすく説明してくれて
帰ってからも「どせいのわっかはこおりやねんで!」と知識を披露しています。
また雨の日、寒い日などに行こうと思います。

どーでもいいことですが、関東でやってる恐竜展はギガ恐竜展というらしい…
関東とわかりやすく差をつけるの、やめてもらえませんかね^^;



にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ

別窓 | 成長記録 | コメント:0 | ∧top | under∨
3歳7ヶ月の成長記録~【朗報?】3年ぶりのステロイドランクダウン&【悲報】手足口病+さらなるショック~
お盆休みも昨日まで。
今の会社で3つめの職場ですが、一番短い夏季休暇でした^^;
カレンダー通りだという友人もいるので、連休があっただけいい方かな。

我が家は例年帰省しないので、
プラネタリウムや鉄道のジオラマを見に行ったり、動物と触れ合ったり。
子ども中心でのんびりしました。


お祭りにてぴょんぴょんする遊具を満喫中。
diary-1401.jpg
息子はビビり、かつ母子分離が苦手で
ほんの少し前までこのような親と一緒に入れない遊具には行こうとしなかったので、
この日は一人で楽しそうに遊んでいて驚きました。


***


さてさて息子、3歳8ヶ月になりました。
3歳7ヶ月の成長記録。
今まで読みにくかったので、小見出しにしてみました。



身長89.8cm、体重11.5kg


4歳までカウントダウンだというのに、まだ90センチ未満。
体重はまたまた減り、9ヶ月前より軽いという信じられない現実。
もうね、お腹なんてペタンコだよ。筋肉しかないよ。
幼児はキューピーみたいな体型がかわいいのにさ( つω;`)


とにかく食べない・寝ない


身長体重伸びなくて当たり前。
『食べない&寝ない』はもう長らくの悩み。

昼寝をしたら寝かし付けに最低1時間。
昨日なんて2時間かかりました。
時間の無駄遣い感がもう半端ない(´Д`)
昼寝なしの日でも30分はかかって、21~22時まで普通に起きていられる。
絵本を読んだりイチャイチャして、
座ってギュッと抱っこしたり、添い寝してトントンしたり、
大好きな腹枕(息子はお腹を枕にして寝るのが大好き)を提供したり。
彼の要望を全て叶えたところで寝やしねぇ。
イライラしているところに先にウトウトした母を起こしてくるもんで
イライラがMAXになって怒鳴ってしまう日もあり、イチャイチャタイムは台無し。

そして、食べない。
元々小食な方だけど、夏場は特に酷くて
本人のリクエストで握った普通サイズのおにぎりを1個しか食べられないレベル。
おやつを断る日も多いし(そんな3歳児いるか?)、食べてもお煎餅一枚で満足。
大好きなアイスだって、箱入りの小さいアイスを半分食べるのがやっと。
ちなみに休日におやつをあげなくても(というかあげない日の方が多い)
食事量が増える訳でもなし。
好き嫌いも多い。
お腹いっぱいになると毎食のようにえづいてみせて、
そこをちょっと無理強いしたら本当に吐いたりするのもいちいち腹が立つ。
それでも体格が平均なら、ただの夏バテだと受け流せるところですが、
身長体重ともに成長下限をと大きく下に突き破ってる身だからね。
どうしても大らかにはなれない。
二人きりの週末はなんだか怒ってばかり…。


ステロイドのランクが下がる


春から3ヶ月以上肌の状態が安定していたので、
リンデロンV(ストロング)→ロコイド(ミディアム)にランクダウン。
ステロイドのランクが下がったのは生まれて初めて。


2度目の手足口病にかかる


二年ぶり、二回目の感染。
前回は熱が出てご機嫌も悪かったのですぐに病気だとわかったけど、
今回はステロイドが下がった途端肌が荒れだしたので
肌の定期検診で受診するまで全く気づかず。
ご機嫌だし、熱もない。
食欲がないのは残念ながら夏場ずっとなので^^;


6回目の血液検査


生後8ヶ月にアレルギーが判明し、
小麦がクラス6、卵白がクラス4となかなか厳しい食物アレルギー持ち
先生の「血の検査をしよう」という発言で注射を悟りイヤイヤ言っていましたが、
準備をしている時に一度泣いただけ。
「おっきいちゅうしゃしない?」「いっかいだけ?」などと
看護師さんと交渉(笑)し、
針が刺さった時には「はやくおしまいして~」と懇願したものの、
何とか泣かずに頑張れました。


折り紙を折れるようになる。


保育所で教えてもらったセミを一人で折れるようになりました。
何かにつけ不器用で雑な子だったので、びっくり。
diary-1400.jpg
端々に雑さは表れてますが、ちゃんとセミに見える。
私の方がセミの折り方を知らなかったので、最近覚えました。
割と簡単なので、初めての折り紙におすすめ。


禁断の虫取りを解禁


私が大の虫嫌いなので、絶対許可するまいと思っていたのですが…
あまりにも虫を愛しているので、ダイソーで150円の網のみ購入。
付き合うのは父限定で、虫の持ち帰りはもちろん厳禁です。
diary-1398.jpg
飛ぶのが怖いらしく、木にとまっているセミを自ら掴みには行けないようですが、
渡してもらえば生きているセミも触れるらしい。
去年は抜け殻さえ怖がっていたことを思うと、成長を感じます。
図鑑で覚えたらしく、セミやだんご虫のオスメスの区別がつくようになった模様。
毎日セミ観察のために保育所帰りに公園につき合わされ、私は暑さでバテバテ。


初めて間近で打ち上げ花火を見る


地元の盆踊り大会でまさかの打ち上げ花火!
ベランダからちっさい花火大会を見たことは何度かありましたが、
間近で見たのは初めて。
すぐに終わってしまって残念そうでした。


じゃんけんのルールを理解する。


これまでもグーチョキパーを出すだけのじゃんけんはしていましたが、
最近になって勝敗がわかるようになりました。


1から120くらいまで順番に言えるようになる


39の次は「さんじゅうじゅう」、49の次は「よんじゅうじゅう」と言っていたのが
壁を越えられるようになりました。
とはいえ、順番に言えるだけで実際に100の概念はないと思われます。


体温計が読めるようになる


『36.8』を「さんじゅうろくどはちぶ」、
『37.5』を「さんじゅななどごぶ」等と読めるようになりました。
ほとんど役に立たないスキルですw


***


三年ぶりにステロイドのランクがひとつ下がりました。
これは今月の我が家的大ニュース!

生後一ヶ月から発症した乳児湿疹。
ほとんどは半年以内に自然と治ると聞いていましたが酷くなる一方で、
生後6ヶ月の頃、自宅から離れたアレルギー小児科を受診しました。

ステロイドの強さは5段階。
地元では弱めのステロイドを処方されていましたが、
炎症が強くてそれでは追いつかないということで、
この時からストロング(5段階で3番目の強さ)の
ステロイドが処方されるようになりました。
彼の短い人生のほとんどの期間、ストロングを塗布していたことになります。
3年ぶりにミディアム(5段階で4番目)に下げることができました。

食物アレルギーは何かと面倒で、早く治ってほしいと心から願っていますが、
正直食物アレルギーより湿疹の方がはるかにストレス。
ちょっと良くなったと思っても少し風邪をひくだけで一気に悪化。
夏は汗で悪化。冬は乾燥で悪化。
良い状態が一ヶ月と続きませんでした。
3歳になった今でこそ自分の病気をよく理解し、
多少は掻くのを我慢してくれることもありますが、
まあまあ最近までは手加減なしに掻きむしってはジュクジュクただれて、
もう見ているだけで辛かった。
片道45分のクリニックに定期的に通院、
毎日二回の薬・保湿剤塗布も思いのほか時間をとられて、
地味にストレスでした。

よく「赤ちゃん肌になりたい」なんて表現を聞きますが、
はっきり言って息子の肌はちっとも羨ましくない。
こんなにジュクジュクで痒みと炎症に悩まされるくらいなら
小じわやシミはあっても頑丈な自分の肌の方がずっといいと
心底思うほどの虚弱肌^^;

それがこの春からみるみる状態が落ち着いてきました。
去年の夏はストロングを朝晩二回塗布しても炎症を抑えきれなかったのが、
今は三日に一度でおおむねスベスベ。
体調を崩したときは荒れがちなのでもう少し集中的につけることもありますが、
去年とは雲泥の差です。

この三年間、良くなったり悪くなったりで一喜一憂し、
ネットや友人知人からステロイドのネガティブな情報を見聞きしては落ち込んだり。
自分でたくさん調べて、ステロイドを使うことを決断したにも関わらず、
世間では圧倒的にステロイドのネガティブ情報が溢れていて
自分の決断が間違っているのかな、と揺らぐことも多々ありました。
ブロ友さんやアレルギー仲間の方から励ましてもらいながら、
なんとかここまでやってこれました。
応援してくださった方々、本当にありがとうございます。

あくまで病院での治療を中心にしつつも、
洗浄剤を変えたり、サプリを摂り入れたり。
それらがたまたま良くなる時期と重なっただけかもしれませんが、
取り組んだことをまとめられたらいいなと思っています。



悩みは続く。どこまでも続く。


・・・と、ここまで朗報として書いていたのですが、
ステロイドを下げて10日ほどしてからみるみる肌が荒れだしました。
ステロイドの塗布頻度を最大に戻しても(主治医から頻度の調整は許可されています)
炎症が治まるどころか、酷くなる一方。

ステロイドを弱めたせいなのか、
それともプールの塩素がやっぱり良くなかったのか…
と思いながら受診したところ、まさかの手足口病。

いや、手足口病が大流行してるのは知ってたのよ。
でもご機嫌は良いし、熱もないし、食欲がないのはいつものことなので
全然気づかなんだ^^;

diary-1399.jpg
これは治りかけの写真なのでMAXではありません。
いつもの湿疹よりは酷い肌状態だけど、
手の甲が恐竜の手みたいになってた二年前の手足口病よりははるかにマシです。
そんくらい前回は酷かった。

そういう訳で、ステロイドのランクを下げた影響はまだなんともいえない状況。
一ヶ月経っても肌荒れが落ち着かなかったら、
薬の強さが合っていないと考えた方が良いかもしれません。



そして、さらにショックなことが。
食物アレルギー検査の結果が悲惨すぎた。
元々これ以上は悪くなるまい、という酷い数値だったのにまだ上があるなんて。
もうこれ書き出したら止まらないので、別記事にしようと思います^^;



強い食物アレルギーに強い慢性湿疹。寝ない。食べない。低身長。
一人遊びがほとんどできず、常にベッタリ。(←このせいで母子分離の習い事ができない)
彼のせいではないけど、息子にまつわる悩み多し。

もう一人子どもがほしいと思う気持ちもあるけど、
また同じような属性の子が増えるかもと思ったら、
なかなか踏み出せません。


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ

別窓 | 成長記録 | コメント:4 | ∧top | under∨
【華胥の幽夢】 小野 不由美

王は夢を叶えてくれるはず。だが。才国の宝重である華胥華朶を枕辺に眠れば、理想の国を夢に見せてくれるという。しかし采麟は病に伏した。麒麟が斃れることは国の終焉を意味するが、才国の命運はー「華胥」。雪深い戴国の王・驍宗が、泰麒を旅立たせ、見せた世界はー「冬栄」。そして、景王陽子が楽俊への手紙に認めた希いとはー「書簡」ほか、王の理想を描く全5編。「十二国記」完全版・Episode 7。

【目次】
冬栄/乗月/書簡/華胥/帰山(「BOOK」データベースより)




十二国記の短編集。
たぶんこのシリーズ初めての短編、かな。

この後に出た短編集、「丕緒の鳥」は
荒れた国の役人目線で辛い話が多かったけど、
こちらは陽子や楽俊、月渓など
十二国記おなじみのキャラクターが出てくるからか
比較的落ち着いて読めました。

特に泰麒!
前作で悲壮な泰麒を味わったばかりなので、
悩みながらもはじめてのおつかいをしている泰麒に会えて、本当に嬉しい。
陽子と楽俊の文通はニヤけっぱなしでした。
お互い苦労をしていることをわかっていても、
それを口に出さず、しゃんとしていられる関係ってすごいなと思う。

景や延といったおなじみの国以外にも
漣や才国の様子が垣間見られるのも嬉しい。
初登場の漣王、素朴で実直でいいなぁ。
長編も良いけど、いろんな国の様子を垣間見られる短編も良いですね。

一方で、人格者が王に立っても上手くいかないこともあるのが
この世界の天意の理不尽なところ。
砥尚の例は読んでいて少し辛かった。
最初からつまづく王に天帝はどうして天意を与えるのだろう。

十二国の世界は理不尽なことがとても多いけれど、
それはこっちの世界も同じ。
理不尽な運命に翻弄されながらも、
強く生きていく登場人物に心を鷲掴みにされます。


★★★★☆



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

別窓 | 成長記録 | コメント:2 | ∧top | under∨
| シンプルにいこう。 | NEXT