【幼稚園と保育所を比べてみた】アレルギーは何かと面倒くさい。
先日の成長記録にも書きましたが、
私の勤務先が事業縮小をすることに…
すぐに辞めないといけない訳ではないのですが、
確実に仕事の負担は重くなるし、
いつまで会社が存続するかもわからない状況。

保育所は当然ながら働いている人しか利用できず、
求職中の場合は3ヶ月以内に見つけないと退所しないといけません。
転職が難しいといわれる35歳…
3ヶ月以内に就職できる自信は全くありません^^;

という訳で、年末から急きょ幼稚園を検討中。
事態がせめてあと3ヶ月早かったら普通に幼稚園を申し込めたはず・・・
ちょっと会社を恨みつつも、時期が時期だけにとりあえず
通園可能範囲の幼稚園に問い合わせ。
結果、2園から三年保育の空きがあるという回答をいただけました。

ちなみに、二日前から願書をもらうために並ぶという人気園では
途中入園や二年保育も含めて、全く空きがないとのこと。

心はほぼ幼稚園に傾いていましたが、
最近その2園に見学に行き、迷いに迷っています。

保育所や幼稚園といっても、教育方針や様子はさまざまだと思います。
あくまで我が家の場合、ということで
夫に提示するために違いをまとめてみました。
(ここまでまとめてもろくに検討してくれない夫ですが…)



■保育所(現在通所中)

【メリット/特記事項】
・デフォルトの保育時間が長い
・給食の除去、代替が完璧で弁当負担ゼロ

・アレルギー児は食後の肌チェックをしてくれる
・常駐の看護師さんがいるので安心
・年少以降もトイレトレーニングを継続してくれる
・着替え、うがい、配膳の手伝いといった
 生活面に力を入れている
・徒歩3分、とにかく近くて送迎が楽
・母同士の関係がまったり。

 平日にランチなどは一切なく、ほとんどが挨拶程度。
・息子自身が慣れていて、進級後の負担が少ない
・1クラス制でまったり
 運動会でも15分前に行けば先頭で見られる
・公立のためベテラン保育士が多く、先生の質は比較的高い気がする
・先生同士の仲が良く、雰囲気が良い
・基本共働き世帯で、朝の保護者の3分の1はお父さんなので、夫に送迎を頼みやすい
・障害の有無に関わらず、いろんな子どもと一緒に過ごすことができる

【デメリット】
・役員の負担が重い
 ⇒進級すると役員はほぼ確定、それ以降は四役の可能性も高い
・退職したら原則利用できない
・親参加の行事がそこそこある
・年中まで昼寝がある(今でさえ22時まで寝ないのに…)
・お勉強っぽいことはほとんどなし
・公立のため習い事系も一切なし
・建物も園庭の両方が古くて狭い
 使える遊具が少ない(近所の小さい公園より狭い)
・園外への散歩が年々減っている
・先生が何かと小うるさい気がする←幼稚園も同じ?笑



■A/B幼稚園共通

【メリット】
・小学校に向けて、ある程度の教育はしてくれる
 どちらも勉強重視ではなく、のびのび系
・延長保育あり
・年少から昼寝なし

【デメリット】
・給食休みの日が多い
・主食(小麦)の代替食は作ってもらえない=他の子より弁当の日が多い

・デフォルトの保育時間が短い
・若い先生が多く、ベテランの安心感が低い(これはメリット?)
・トイレトレーニングはしない(ある程度おむつがとれているのが前提)
・共働きは少数派のため、夫に送迎を依頼しにくい
 (夫がそういうのを気にするタイプ)
・創立記念日とか行事の日とか
 何かにつけ延長保育できない日が多い
・人見知りが強い息子にとっては、転園は強いストレスになりそう



■A幼稚園

【メリット/特記事項】
・歩いて通える(徒歩6分くらい)
・音楽・美術・体育に力を入れているらしい
・園庭まあまあ広い

【デメリット】
・給食はアレルゲン除去のみ、代替食はないので栄養面が不安
・週一回お弁当
・アレルギーのため、麺類、パンの日も弁当

・行事多い(おそらく親参加行事が多い)
・クラス委員は先生が指名するらしい(ネット情報のため不確実)
・延長保育18時まで
・見学時の説明が最低限
・行事中の私語など、先生の質が微妙(ネット情報のため不確実)
・地元の友人曰く、ヤンチャそうな親子が多い



■B幼稚園(本命)

【メリット/特記事項】
・親参加行事が少ない
・名目だけ保護者会はあるが、保護者や役員の負担はなし
・母間の派閥なし
 特に延長保育を利用していると母同士の繋がりは少ない(C園の保護者情報)
 ⇒私も人見知りでママ友の関係が苦手なので助かる
・セキュリティが高そう
・放課後のクラブ活動(文科系・体育系)がある
・マンモス園。
 年少は担任二人、年中と年長は担任一人
 進級時にクラス替えはあるが、同じ地域の子は同じクラスになる
 年長は小学校区でクラス分け
・応対が丁寧
・延長保育は18時半まで

【デメリット】
・徒歩30分(自転車で10分)、自転車必須
・園バスはある…が延長保育には対応しておらず、実質使えない
・代替給食にも対応している…が、こちらも小麦主食の日は弁当
・弁当持参の日が多すぎる
 元々月6回弁当+半日保育の日+小麦主食=月の半分以上は弁当の見込み

・着替えをする機会はなく、生活面は弱め
・給食は外注
 少し量が寂しいらしい(ネット情報のため不確実)
・先生の入れ替わりが激しいらしい(ネット情報のため不確実)
・園庭は広いが、マンモス園で園児が多すぎて
 それほどのびのび遊べる訳ではないらしい
 夏のプールも週に1度しかまわってこないらしい(ネット情報のため不確実)



は特に良いと思うメリット、
は特に辛いと感じるデメリットです。

まあ一目瞭然なんですが、
わたし、給食の有無にめちゃくちゃこだわってます。苦笑

お弁当作りがもう本当に苦手で。
会社ではこそこそ食べてるくらい見栄えが悪いし、
とにかく料理が苦手なので、時間がかかるし。

致命的なのは、息子がアレルギー児だということ。
小麦と卵の両方なので、食べられるものがそもそも少ない。
特に、小麦アレルギーが痛い。痛すぎる。

代替食の提供がある幼稚園もありますが、
今の保育所のように
パンの日→ご飯、麺類→ビーフン
なんてことまではしてもらえないので
小麦主食の日はもれなくお弁当。
伝家の宝刀、卵焼きが使えないのも何気に痛い。
(コーンも嫌いで黄色どうすりゃいいねんw)

アレルギーっ子でなくても週1~2回は弁当持参で、
週1の午前保育の分の弁当も必要なわけで・・・憂鬱すぎる。


保育所のとある月の献立表。
diary-1371.jpg
蛍光ペンでなぞってあるのが除去(代替)食。
これだけでもほぼ毎日除去されているのがわかりますが、
これ以外にもホットケーキミックスやカレーのルー、ソーセージ等は
アレルゲンを含まないものに代えていただいているので、
まともにいったら食べられるものがほとんどないという…。
保育所、ありがたや。


料理が苦手ではない、
お弁当作りに慣れている方からしたら
大したことじゃない問題なんでしょうが、
これがネックで幼稚園を悩みに悩んでます。笑
弁当作りと送迎(チビなので自転車を早くこげない&子を乗せると信号無視できない)の時間が
今より毎日プラス一時間くらいはかかりそうな気がしています。



今回、見学したり調べて感じたことは、
幼稚園は、「普通」と少し違うところがある子は
保護者がフォローしなければいることが難しい場所なのかな、と。
もちろん地域差もあるし、園の方針は本当に様々だと思うので、
あくまで私の周りでは、という狭い範囲の話ではありますが。

もちろん保育所にもデメリットはたくさんあって、
共働きが前提であるのに役員の負担が重過ぎたり、
昼寝がいつまでもあったり、
相性の良くない先生もいたりもする。
ううう、悩ましい・・・


とりあえず、近いだけが取り得のA幼稚園はないかな。
今の保育所か、B幼稚園か・・・

あと一年保育所でお世話になって、
幼稚園の二年保育にしようかなとも考えたり。

うーん、もうちょっと悩んでみよう。


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ

別窓 | へっぽこ育児 | コメント:4 | ∧top | under∨
3歳0ヶ月の成長記録~イヤイヤ復活で思い知る器の小ささと、今さら幼稚園問題に悩む~
3歳1ヶ月になりました。

もはや誰も読んでないだろうし、
3歳超えたらやめようかとも考えていましたが、
自分の覚え書き用にやっぱり継続。
飽きるまでは続けてみようと思います。笑
そして、今月はネガティブネタ多めです^^;


3歳までの数ヶ月はまれに見る子育てラク期でしたが、
イヤイヤがぶり返してきました。
これが魔の3歳児というやつなのか・・・?
(というか、そもそも2歳のイヤイヤと魔の3歳児は何が違うのだろう?)

保育所に迎えに行っては、帰るのイヤ。
ジャンパーを着るのもイヤ。
靴を履くのもイヤ。
私としてはジャンパーなどはもはやどうでも良く
普通に帰ってくれたらそれでいいのだけど、
「ママ、あっちいって!」の一点張り。
とにかく母と反対のことを言わなければ気が済まない。
これぞ、天邪鬼!
毎日これを宥めないといけないので、とにかく面倒くさい。

息子と二人きりで過ごす日などは一日中不機嫌を振りまかれる日もあり、
私も3歳時相手に怒鳴っては息子と同じ土俵に立ちまくる。
たまに手が出てしまってお尻をペチンと叩いてしまうこともありますが、
やっぱりこれダメなことなんでしょうね…。
自分も叩かれて育ってきたせいなのか、
他のお母さんほど激しい後悔に襲われない自分が怖い。
割と私の肩を持ってくれる(でも育児にさほど協力的ではない)夫に良くないと言われ、
号泣するくらいには疲れてるのかもしれない^^;



■87.0cm、11.5kg。
■イヤイヤ復活。
■溶連菌感染(2回目)
 流行中らしい。肌が弱いので肌状態が最悪に。
■今まで足の爪きりは断固拒否だったので、
 寝ている間にしか切れなかったが、堂々と切らせてくれるようになる。
■朝5~6時に起床するようになる。
 早寝してるならともかく22時頃に寝ているのにこの時間…。
 早起きする癖に一人では遊べないので、自分時間が奪われてイライラしまくり。
 朝活、もうやめようかな…
■休日の昼寝も嫌がるようになる。
■昼寝しないと100%酷い夜泣きに見舞われていたので、
 これまで昼寝しないという選択肢はなかったが、
 何度か起きて泣くものの、すぐに再度寝付けるようになった。
 休日は昼寝をなくしても良いかもしれない。
■義実家帰省。
 相変わらず人見知りが酷く、祖父母に懐かない。
■保育所では昼寝時以外はほぼ漏らさない。
 家ではトイレを嫌がる。
 ウンチは100%紙おむつに排泄。
■今さら幼稚園問題に悩む。
■読めるひらがなは13個くらい。
 ここのところ興味があまりなく、あまり増えない。
■初カルタ。絵のヒントを出せば字が読めなくても楽しめる。
 ぐりとぐらかるた、いい買い物だった!



溶連菌にはしてやられました。
発熱は一日だけで、ご機嫌も悪くなかったのですが、
肌を激しくやられてしまいました。
ブツブツ画像なので小さくしています。
クリックすると大きくなりますので、苦手な方はご注意ください><

diary-1369.jpg
こげなことになりました。
なぜかデジカメで撮ると見た目よりきれいに撮れてしまいますが、
実際はもうちょっと痛々しい感じ。
背中だけではなく、お腹や手足もこの調子。
普通肌ならここまで酷くはならないと思うので、
肌が弱いと、事あるごとに肌をやられるのが悩みどころ…

虚弱肌と食物アレルギー改善のために
新しいアイテムを取り入れる予定なので
そのうちまた記事にしたいと思います。

弱すぎるお肌や食物アレルギーのことも
いつかまとめたいと思ってはいますが、
一体いつになるやら・・・^^;



そして、時期外れに悩む幼稚園問題。
1歳からの保育所っ子で、特に幼稚園は考えていなかったのですが、
私の勤務先でちょっといろいろありまして。
このままでは難民になっちまうぞ、ってことで急に焦っている次第。

世間では保育園を経ず、
2年保育を選択するお母さんもおられるのだろうけども、
上にも書いた通り、私は子と二人きりがどうにも無理。
可愛いという気持ちはあるのだけど、とにかく間が持たない。
子どもと遊ぶのが基本下手。
唯一絵本を読む時間だけは楽しいけど、
息子は当然ながらそれ以外の遊びもしたい訳で、母はすぐ飽きる(酷)

たまに子が病気をしたり、夫休日出勤で週末二人きりの日が続くと、
すぐに煮詰まってくるタイプ^^;
ホントわれながら子育て向いてないわ…。

なもんで、集団保育難民になるのだけは絶対避けたい。
そんなこんなで急きょ幼稚園を探しているのですが、
ここでも食物アレルギーの壁にぶち当たり
やっぱり保育所って楽だわぁと実感しているところです。
この辺もまた別途記事にしたいと思ってます。

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ

別窓 | 成長記録 | コメント:0 | ∧top | under∨
【謹賀新年】2017年 アレルギー児的お正月料理の記録
新年あけましておめでとうございます。

2016年も自分が書きたいことを書いただけのカオスすぎる更新でした。
ジャンルが滅茶苦茶にも関わらず読んでいただいた皆様、
本当にありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


1071.png


年末に料理上手な知人から差し入れがあったので、
自分で作ったのはなますとお雑煮、黒豆赤飯、年越しそばのみ。
大掃除もほぼしていないし、楽してばかりの年末でした^^;


3歳の息子は小麦と卵のアレルギっ子。
今年は食べられるものが多かったので、覚え書き。


・おせち9種(コープ) → △ 魚卵(いくら)NG
・煮しめ(差し入れ) →  ○ ただし、いんげんと椎茸は嫌い
・ごまめ(差し入れ) →  ◎
・高野豆腐の含め煮(差し入れ) →  ◎◎
・いなり寿司(差し入れ) →  ◎
・かまぼこ(差し入れ) → × 卵白入り
・鯛の塩焼き(義実家からの頂きもの) →  ◎
・紅白なます(自作) →  ○
・お雑煮(自作) もち以外 → ○
・黒豆赤飯(自作) →  ○ 豆本体は嫌い
・ハム(市販) → ○ 卵白を含まないものを選択


ごまめと鯛の塩焼き、パクパク。
うんうん、普段から肉より魚派だからね。
うちでは買えないような、とても立派な鯛を義実家からいただきました。

酸っぱい食べ物が好きで、
去年の実績もあるなますは間違いのない一品。

ご飯命なので、いなり寿司は元々大好き。
ちなみに息子は「ダイダイおにぎり」と呼んでますw

高野豆腐、空前絶後の大ヒット!!
夫も高野豆腐は好きらしいのですが、
気に入りすぎてほとんど分けてもらえなかったほど^^;

ごめん、私が高野豆腐のスポンジみたいな食感が苦手で
食べさせたことなかった。
そんなに好きならこれからは作ります!



改めて思う。
息子の好みはかなり渋い。

子どもは卵や小麦の入った洋食が好きで、
おせちはあまり好きではないという偏見がありました。
自分も実際そうだったし。
でも、息子はなます、煮物の人参、ごまめ、高野豆腐が好き。
3歳児としてちょっとどうかしてるぜ。

アレルギーのない子と比べると
食べられるものに制限が多いせいだとは思いますが、
好き嫌いが多い方にも関わらず、
お正月は普段以上に和食を食べてくれて、非常に助かりました。


来年のお正月は食べられるものが増えたらいいなぁと思いますが、
クラス6とクラス4だからなぁ…。
今年はもう少しお料理を頑張りたいと思います。


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ

別窓 | へっぽこ育児 | コメント:2 | ∧top | under∨
【成長まとめと課題(悩み)】3歳になりました!
もう半月ほど前のことですが、
我が家のおしゃべり小僧は3歳になりました。

diary-1367.jpg
誕生日だというのに、部屋着でなんかごめん。


早いなー。
この前生まれたばかりで
おっぱい飲んでた気がするのに、
もう一丁前に親と渡り合おうとしてるし。


小学生の子どもがいる友人は
戻れるなら2~3歳になってほしい、とよく言ってるけど
今なら本当にそう思う。
今が一番可愛いときなのかもしれん、と。

親に似てしまって小さくて甘えん坊で
しっかり者とは程遠いけど、
素直でおもしろかわいい、そんな君が大好きだよ。



節目なので、なんとなく3歳時点のスペックをまとめてみた。


■性格
大の甘えん坊。
自立心はほぼゼロで、自分で何でもやりたい期は一向に来ない。
ビビりなので、初めてのことには慎重。
場所見知りはしないけど、あいかわらず人見知りのシャイボーイ。
祖父母にも懐かないので、親から見ても損な性格だと感じる。
でも少し慣れるとひょうきんでお調子者。
変顔、替え歌、変な動きをして周りを笑わせるのが好き。
親に似て雑で、几帳面さは皆無。
イヤイヤはあまりなく、比較的穏やかで今は超素直期。
魔の3歳児といわれるので、これからが怖い。

■生活
全体的に遅れ気味。
保育所でのお漏らしは全然ないのに、家ではオムツにしかしない。
トイレに誘ってもほとんど来ない。
しかし未だ一時間ももたない頻尿なので、
今卒業されても外出先で困るのであまり焦っていない。
ちなみに1歳過ぎまで布オムツだったことは、
トイトレに何の役にも立っていない。
(でも布オムツ生活は楽しかったので後悔はない。)

洋服や靴の着脱もあまりしない。
これは肌が弱くて一日二回プロペト(ワセリン)をギトギトになるまで塗るので、
そのせいもあると思う。

パジャマのボタンは一応外せる。
時々かけられる時もある。
ベビーカーはほぼ卒業したが、
抱っこマンなので抱っこ紐は時々使うことがある。

■からだ
86.7cm、11.3kg。
とにかく小さい。成長曲線は常に下限。
まだ80の服、オムツMがギリギリ入る。
3歳で11kg強は間違いなく軽い方なのだけど、
母も140cmしかなく腕力がないので、抱っこがきつい。
片手抱っこはもう無理。

身体能力はおそらく平均的。
後ろ向きに歩いたり、ケンケンが二回くらいできるようになった。

■体質
依然食物アレルギー持ち。
小麦がIgE抗体価100オーバー(最大のクラス6)、
卵が抗体価49(クラス4)。
陰性の場合、抗体価は0.34以下らしいので、この数値は相当高い。
t高すぎて負荷テストは行えず、当分解除の見込みなし。
(アレルギーについてはいつか別途まとめる予定。)

アトピーとは診断されていないが、
それに近いくらい肌が非常に弱く、
良い時期と悪い時期のエンドレスループ。
リンデロンVがないと普通の生活が営めない。

保育所に通っているので咳・鼻水程度の軽い風邪はよくひくが、
滅多に熱は出さない。
ここ3ヶ月以上は体調不良で保育所を休んでおらず
体は至って丈夫…と言いたいが、アレルギーと肌の件があるので、
結局強いのか弱いのかわからない謎体質。
(夫は自然とグルテンフリー生活になっているからでは、と言う。
 でも望んでグルテンフリー生活を送りたい訳ではない。)

■言葉
朝起きたときから寝るまでマシンガントーク。
男の子にしては達者な方だと思う。
小さい子特有のたどたどしさや言い間違いはあるが、
割と普通に会話している気がする。
息子の切り返しに一瞬言い返せないときがある。
「ほんまにもうー、こちょこちょせんといてや!しんどいわ」など
親よりコテコテの大阪弁を使いこなす(先生の影響と思われる)。
しかし照れくさいのか、保育所でのことを聞いてもあまり教えてくれない。

■好きな遊び
公園で葉っぱや実を集めること。
お風呂での水遊び。
おままごと。父との虫探し。
玩具はブロックと重機とプラレールが好き。
ピタゴラスイッチが好きすぎて、
毎日そればかり観ている。

■好きな食べ物
白ご飯、おにぎり、漬け物、鮭フレーク、かつおぶし、おせんべい、ラムネ、牛乳。
全体的に渋めで好き嫌いも多いが、アレルギーがあるので致し方ないところもある。
最近お肉もいくらか食べるようになってきたが、
全体的には小食で、たんぱく質不足が心配。

■その他
アナログ時計の短針を見て、大雑把な時間がわかる。
(私が時間に追われてよく時計を見ているからだと思われ…)
たまに顔を描くが、お絵描きレベルは基本まだ殴り書き。
お絵描きもブロック遊びも主体的ではなく、
人に描いてもらったり作ってもらったりする方が好き。
数字の29まで順番に言える。実際に数えられるのは10以下。
読めるひらがなは5個くらい。



イヴは本物(?)のサンタさんとぱしゃり。
diary-1368.jpg
こういうのを嫌がるタイプなので(消防署のイベントの時なども同じ)
なだめたり、スマホアプリで釣ったりして
なんとか一緒に撮りました^^;
当然サンタのコスプレは拒否。
サンタさんの隣に行くことも断固拒否。
プレゼントもらったのになんでよ…


3歳の課題、というか希望は
なんといっても肌の弱さと食物アレルギーを改善させたい。
これは0歳(湿疹は生後1ヶ月)時代からの悩みなので、
本当にもう悩みすぎて
一喜一憂するのに疲れてきました^^;

ステロイドはメリットデメリットを天秤にかけた上で使っているので
肌トラブル経験したこともない人に
半端な知識でとやかく言われるとムッとするものの、
(↑でもよく考えたら自分だって中途半端な知識しか持ち合わせていないという…)
strongを毎日使っている生活からはやはり脱したいというのが本音。

そして今さらだけど、小麦と卵が食べられないと外食が不便すぎる。
細かく教えてもらえないお店も少なくないし、
アレルゲン情報があっても、醤油に含まれている微量小麦も表示されているので
結局何が食べられるのか把握できないことが多いのです。
初めて診断されたときは3歳までにどうにかなるだろうと軽く考えていたけど、
アレルギーがきつすぎて全然食べられないという現状・・・。

知人のお子さんもきついアレルギーで、
卵が食べられるようになったは高校生になってから、
なんて話を聞くと、先が長すぎて眩暈がする。
私が料理が苦手(下の下)なので、
アレルギーとの付き合いを
必要以上に苦痛に感じてしまっている面も大きいのですが…。


あとはトイレトレーニング。
今はあまり焦っていないけど、夏までにオムツを外せたらいいなと。
病気予防のためにも、ガラガラうがいと鼻をかめるようになったら言うことなし。

でも、もうそんな贅沢なことは言わん。
とにかくアレルギーとお肌をなんとかしてくれたら、
少々生活面が遅いくらい、大した問題じゃない。


とはいえ、命に関わる病気はなく、
上で書いたように、ある意味体はとても丈夫に
元気に育っているのは本当にありがたいことです。

いろいろ未熟すぎる母だけど、また一年よろしくね。


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ

別窓 | 成長記録 | コメント:0 | ∧top | under∨
| シンプルにいこう。 | NEXT