4歳1ヶ月の成長記録~激しいウ○チ拒否!息子のトイトレが強敵すぎる。~
息子、4歳2ヶ月になりました。
恒例の成長記録。


体格


92.5cm、12.8kg。
身長SDは-2.1SDで低身長の疑いあり。
しかし、重度の食物アレルギーと湿疹を抱えてお腹いっぱいな私としては、
低身長外来にはまだ行く勇気が出ません。
いざ治療するとなったら私が家でホルモン注射を打たないといけない訳で。
しかも最低でも数年スパン、毎日のこと。
ワタシ、コレイジョウカカエコメマセン…。

洋服は90サイズがジャスト。
なんなら大きめの80サイズも着られる…というか、普通に着ている。
4歳の誕生日プレゼントに買ったへんしんバイクに
ようやくベッタリ足の裏が着くようになりました。
diary-1435.jpg
悲しいかな、保育園児の間は十分これでいけそう。
まだ三輪車に乗りたがることもありますが、
自転車のスピード感も楽しいようです。

カタカナをほぼマスター


ひらがなをマスターして約1年。
カタカナに興味を持たないので、お風呂にカタカナポスターを貼ってみたところ、
たった一ヶ月でほぼ読めるようになりました。
ただのポスターなのに…子どもってすごい。

ついでに最近書くことにも急に興味しんしんで
字を披露してくれますが、鏡文字以前の段階。
いつか息子と交換ノートをしたいという密かな夢があるのですが、
まあ書くのはボチボチでいいかなと思っています。
ちなみに、年少になるとお友達の間で手紙の交換が始まるという噂も聞きましたが、
男子だからか、そういったものをもらったことは一度もありません。
書けないから知らなかっただけで、実は禁止されてるのかな?

初めての積雪


こちらは雪がぱらつくことはあっても、滅多に積もることがない地域。
息子が生後2ヶ月頃の時にも積もったのですが、
(この時RSウイルスに感染、一日二度も通院するハメになりちょっと大変でした)
覚えている訳がないので彼にとっては初積雪。
大人にとっても4年ぶりの積雪。
植え込みなどほんの一部ですが、うっすら積もりました。
diary-1436.jpg
これだけなのに大喜び!
雪を触って氷状に固まったものを家まで持ち帰っていました。

イベントでの人工雪遊びはありますが、
本物の雪はテンションが上がりますね。
どうせ寒いなら、一度しっかり積もったのも見せてあげたいな。
(大人は通勤が大変ですが^^;)

保育所で歯磨きが始まる


担任は一人、いろんな子がいる中で仕方のないことではありますが、
今まで食後はお茶を飲むだけだった虫歯対策。
ようやく給食後に歯磨きが始まりました。
家では仕上げ磨きがほとんどで
あまり自分で磨かせてなかったことを思い出させてくれました^^;

昼寝が強制ではなくなる


幼稚園のお子さんはすでにお昼寝なしが普通だと思いますが、
うちの保育所では年中までお昼寝あり。
…だったのですが、先日から昼寝の時間に必ずしも寝なくても良いとのお知らせが。
昼寝タイムに眠くならなければ、静かに座って待っていても良いとのこと。
休日は全く昼寝をしなくても21時頃までピンピンして遊んでおり、
昼寝した日の寝つきの悪さ(最低30分~1時間はかかる)に困っていたので朗報。
とはいえ、今のところまだ昼寝してしまう方が多いようですが、
今後の寝つきアップに大いに期待したいところ。

トイトレに悩む


日中のおしっこは完璧だけど、ウ○チはオムツでしかしない現状。
シール×、大げさに褒める×、新しいオモチャで釣る×・・とまあ、玉砕の連続。
トイレに限らず生活面でお友達の動向は全く気にしないタイプなので、
仲の良いお友達はトイレ行ってるよと言ったところで、人は人、自分は自分という感じ。

さすがに4歳を大きく超えたので
就寝中はともかく、ウ○チだけはどうにかせねば…と焦り、時間をかけて話し合い。
「できなくてもいいから、とりあえずしたくなったらおまるに座ってみよう」
「成功してもしなくても、練習を頑張ったらフルボトルあげるから」(←結局玩具で釣るw)とやや強引に約束をとりつけたものの、
肝心の翌日になると、やはりオムツでしたいと駄々をこねる。
そこをなんとか説得して二日間練習するも、おまるの上でぼーっと座っているだけ。
三日目には堪えきれずに少しおまるに出たので、
褒めてフルボトルを買ってあげましたが、それも失敗。
週末になると、「今日はお休みやから練習もお休みしたい。保育所の後で練習する」と言い出してストップ。
月曜になっても「やっぱり練習したくない」と言うので、少し励ましたら号泣。
火曜日に至っては、催した段階で号泣。および、ちょい漏れ。
とにかくオムツ以外の場所でウンチをするのが嫌で仕方ないらしい。
とりあえず座るだけの練習も嫌だと。
「約束が守れないなら明日から練習をお休みしなさい!」と感情的に怒ってしまいました。
という訳で、ただいま絶賛練習お休み中。

私は怒りん坊の自覚はあるけれど、
唯一トイトレで怒ったことだけはなかったのに。

けど、もうどうやったらいいんですか。
いつかやる気になってくれると思ったからこそ、怒らず一年以上気長に待っていたのですが、発破をかけないと5歳になってもやらない気がしてきました。
保育所を含む外では大を一切しない子なので、なんか孤独な戦いだわ…。
私にはもう、働きかけの方法が心底わからんぞ。

しかも、これがラスボスじゃないってのが恐ろしい。
まだ夜のおしっこという最強最大の敵がいる訳ですよ。
間隔が2時間以上空くときもあるけど、
頻尿で酷いときには10分おきにおしっこを催すので、
夜間のオムツははちきれんばかりにパンパンな毎日。
小学生になるまでにこれ、なんとかなるのか…?

ちなみに息子は1歳4ヶ月まで布オムツで過ごしましたが、この大苦戦っぷり。
「布オムツは早くオムツがとれる」は嘘だと断言したい。
布オムツ姿は可愛かったし、私も楽しかったから全く後悔はしてないけど、
おむつ外れに関しては人それぞれだから。

重度のアレルギーに湿疹に低身長。
酷い夜泣きが落ち着いても依然寝つきは悪く、かつ隣に人がいないと目が覚める。
人見知りが強く、生活面もこの調子。

息子のトイトレの強敵っぷりに、再び思う。
なんていうか…ことごとく手がかかるヤツだな、と。

怒ってばかりだと母子ともに負担が大きいので、
「年少の間に」という考えはもう捨て去って、
宣言通りしばらくトイトレは休むことにします。
頑なな息子の心境はそんなに簡単に変わらないとは思うけど、
何かいい方法を思いついたらやってみるくらいの気持ちでいよう。
うん、そうしよう。

役員やらアザやら


息子のことではなく、私のこと。
今年も密かに役員だったのですが、
来年はさらにその上の役をしないといけなくなりました。
うちは働く母ばかりの保育所の割に、役員の負担が多い園。
行事を仕切るとか、まとめるとか、ママ友関係とか
そういうのが大の苦手なのでかなり気が重いです。
なるべく忘れて、憂鬱になるのは直前だけにしたいと思います。


先月やられた息子の頭突きによる目のアザ
まだうっすらとアザが残り、眉の辺りに僅かな突起物(たんこぶ?)がありますが、
やっとコンタクトがつけられるレベルにまで回復しました。
全治一ヶ月。
メンズを育児中の皆さん、戦いごっこにはくれぐれもお気をつけて!


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ

別窓 | 成長記録 | コメント:2 | ∧top | under∨
【4歳1ヶ月】最近読んだお気に入り絵本vol.5(+母的お気にいらず絵本)
近頃とみに絵本が大好きな息子。
小児科でも数ある玩具より絵本を選び、
書店の絵本が読めるコーナーに行けばなかなか帰らないほど。
母の目論見通り、本好き男子に育っています(o´ω`o)

最近というか、ちょっと前によく読んでいた絵本と、
母的にあまり好みではなかった絵本をまとめてみました。


【3歳3ヶ月】vol.1
【3歳4ヶ月】vol.2
【3歳9ヶ月】vol.3
【3歳10ヶ月】vol.4



「どうぞのいす」

保育所(サンタさん)からのクリスマスプレゼント本。
うさぎさんが椅子を作り、「どうぞのいす」と立て札を立てかけたところ、
後からくる動物たちがいれかわり立ち代わりやってきては、物々交換。
好意を素直に受け取り、自分も後の動物への心配りを忘れないという、
なんとも心温まるお話です。
まさに親切のわらしべ長者。
昔の作品なのに、それを感じさせないかわいらしい絵柄もいいし、
発表会でもこれを演じたのでとっても大好きな作品です。



「ごろりん ごろん ころろろろ」

上の「どうぞのいす」と同じシリーズ。
DIY好きなうさぎさん、今度はテーブルを手作り。
みんなが使えるところに置こう、と思いつく。
運ぶ途中に動物がお手伝いしたり、
またうさぎさんが徹夜で作ったりと、
こちらも優しさ溢れる絵本です。



「ぐりとぐらのおきゃくさま」


あの「ぐりぐら」のクリスマスのお話。
ある雪の日、ぐりとぐらは大きな大きな足跡を見つける。
それを追っていくと、なんと我が家。
不法侵入していた大きな動物の正体は…?
自分の家にすぐに気づかないぐりぐらの天然ぶりが可愛い。
そして最後はやっぱり飯テロ。



「しろくまのパンツ」

パンツをなくした白くまさん。
探す過程で出てくるいろんな動物のパンツが面白い。
パンツの行方は…実はあんなところにありました。
tupera tuperaさんの絵本は本当にユニークです。



「なんにもできない おとうさん」

図書館で息子が自分で選んだ本。
みーちゃんのお父さんは三輪車に乗れないし、
ちょうちょとダンスもできないし、
猫とお話もできないし、宝物も見つけられない。
大人は何でもできると思いがちだけど、
子ども目線では逆に何にもできないと思われているのかも。
「なんにもできないんだから!」とプリプリ怒りながらも
なんだかんだでお父さんが大好きなみーちゃんのお話。



「ちいさなヒッポ」

こちらも息子が自分で選んだ本。
私は読書メーターやブログなど
ネットで面白そうな絵本を物色することが多いのですが、
息子は図書館や書店などの現場(?)で絵本を選ぶのが上手。
図書館でさっと選んだ絵本がヒットすることがあります。
上の「なんにもできない おとうさん」もそうだし、これもその一冊。

赤ちゃんカバのヒッポはお母さんに「グァオ!」という言葉を習う。
挨拶をするとき、声をかける時、危ない時は「グァオ!」と言いなさいと。
ある時フラフラとワニのいるエリアで遊んでしまったヒッポは…。
母の強さと絵の迫力が魅力の絵本です。



「でっこりぼっこり」

謎の巨人が歩くと、大きな足跡ができる。
足跡の穴にトイレを作ったり、有効利用する街の人たち。笑
地球の反対側ででっこり。
なんと地面が隆起していた!
ユニークな発想で私は面白かったのだけど、
息子は「意味わかんない!」と一蹴し、
雑読な彼が珍しく放棄した絵本です^^;



「おれはティラノサウルスだ」 「ヒヒヒヒヒ うまそう」
 
暴れん坊のティラノサウルスが食べようとした相手にほだされ、
なんだかんだお世話したりされたりする話。
このシリーズのティラノはめっちゃいいヤツで、
最後はどれも泣かされます。
泣かされるんですが、シリーズを続けて読んでいると若干食傷気味かも^^;
前回紹介した「おまえ うまそうだな」はとても良かったので、
それ以外は今のところ一読だけです。



「でんしゃがきた」


のりものの描写が素晴らしい竹下さんの絵本。
竹下さんの本は緻密な描写にやさしさがあふれていて、
のりもの絵本なのに癒されます。
こちらの絵本にはかつて通勤電車だった地元の電車も出てくるので
テンションが上がりました。
息子は乗り物熱が以前より下がっているので、
もっと熱が高いときに読んであげられたら良かったな。




一方で、私は好みではないけれど、
息子は気に入ってよく持ってくる絵本もあります。


「おおかみと七ひきのこやぎ」 「みつばちマーヤ」

 
知名度の高い、「おおかみと七ひきのこやぎ」と「みつばちマーヤ」。
寝ている間にお腹を切り裂かれ、縫合手術を受けたオオカミが何も気づかないとか、
丸呑みにされたこやぎ達が全くの無傷だとか、
みつばちがくまばちに簡単に勝ちすぎだとか、
ツッコみどころは満載ですが、お話は面白いです。
ただ、アニメ絵がちょっと苦手なためにランクインとなりました^^;



「ゆきばらとべにばら」


うちにある私が嫌いな絵本ランキング2位。
悪い妖精とはいえ、いきなりヒゲを切られるおじいさんがなんだか不憫。
何より気に入らないのが、姉妹ともに王子様と結婚するという結末。
クマの正体は普通の村の好青年とかじゃダメなんだろうか。
この手の女子が主人公のやつは、最後絶対に王子様と結ばれる不思議w
ハイ、わかってます。
私に女子の心があれば、きっとトキめく展開なんだよね。



「青い鳥」

苦手な絵本ランキング、堂々の1位!
これ、名作らしいのですが…私たぶん読んだことないと思う。
何が苦手って、脈絡のなさすぎる展開とオチ。
あんだけ意味不明な冒険をさせといて、○オチはひどい。
チルチルミチルの名前は耳にしたことがあるので、
この絵本の構成がいまいちなだけで、
原作はもっとちゃんとした展開なのかもしれません。
あまりにも読むのが苦痛で、本棚の目立ちにくい場所に移動してしまいました^^;


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ

別窓 | へっぽこ育児 | コメント:0 | ∧top | under∨
4歳0ヶ月の成長記録~母、息子の頭突きでお岩さんになる。の巻~
息子、4歳1ヶ月になりました。
恒例の成長記録。

「天使の4歳児」と言いますが、言葉通り
最近の息子はよく食べ、今までに比べると性格的にも穏やかな気がします。
私も釣られるように怒ることが減り(私の苛々の半分は食事に関することだった)
仲良く過ごせているなぁと感じます。


diary-1433.jpg


体格


91.9cm、12.3kg。
身長微増、体重やや減。
あいかわらずちっちゃくて軽い。
が、母も140センチ級ミニマムサイズなので、それでも抱っこはキツい^^;

母、石頭で負傷する


仮面ライダーになりきり、夫と戦いごっこ漬けの毎日。
激しく遊ぶので、いつかやりおるとは思っていましたが・・・
連休最終日に戦いごっこに巻き込まれ、息子の後頭部が私の右目を強打。
あまりの激痛に数分間、声も出ませんでした。
今までいろいろ息子にされた痛いことでも、ダントツで一番の痛み。
そして、息子の頭は無傷!なんつー石頭だ。

こっちはめちゃくちゃ痛くて涙が止まらないのに、なおもしつこくふざけるので、
大人気なく「絶対許さない」と言ってしまい、息子も号泣。
ごめん、さすがに言いすぎた^^;
しかし、母を負傷させたにも関わらず、
「それでもママとしかおふろにはいりたくない」と言い張る息子。
こんな時でもあくまでも自分の希望を押し通すのか…。
たまには気を遣ってくれい(切実)

一時間ほど冷やしましたが、
右目だけがお岩さんのように腫れ上がり、半分しか開かなくなる始末。
痛みも腫れも酷く、病院に行こうと思うレベルでしたが、この日は祝日。
目の下は紫色、まぶたの色は青色という
世にも恐ろしい形相のまま、年始の仕事に出るハメになりました(涙)
保育所の先生も会うなり驚かれたのに職場では誰もそのことに触れず、
よほど私の顔に興味がないのか、触れてはいけないことだと思われたのか…w
どう見てもDV妻にしか見えない絵面で、夫も少々気の毒。笑

あれから10日余り経ち、腫れはすっかり引きましたが、
まだアイシャドウのようなアザは健在。
右の目元に紫→青→黄緑という見事なグラデーションを彩っています。
とてもじゃないけど、メガネなしでは外出不可能^^;

とはいえ、男の子としては特別ヤンチャなタイプではなく、
私たちはごく普通(というか外では大人しい方)だと思っているのですが、
祖父母には「ヤンチャ・言いたいことをハッキリ言う・贅沢」等とコメントされ、
なんともいえない気分になったりもしました。
(どうやら夫兄弟はかなり大人しい男の子だった模様。)

言葉遊びが好き


数ヶ月前からヘルプなしでもしりとりができるようになり、
入浴中や電車の中など、ほぼ毎日のように母としりとりしています。
私が「きんぎょ」と言えば、すぐに「ぎょうざ」と切り返せるほどの腕前。
反対言葉クイズにもすぐ慣れ、
「長い⇔長くない」ではなく、「⇔短い」ということも概ね理解できている模様。

カタカナが読めるようになってきた


3歳4ヶ月頃にひらがなの読みをマスターしたものの、
カタカナにはさっぱり興味がなかった息子。
まずはカタカナカルタを買いましたが、いまいちハマらなかったため、
次はお風呂にカタカナポスターを貼ってみたところ、
急に半分以上読めるようになってきました。
しかし、字を読むことより、言葉遊びの方が好きなようです。

こんなアイテムも導入してみました。
diary-1432.jpg
メルカリで購入した以前(のものと思われる)のこどもチャレンジの付録。
表がひらがなで、裏がカタカナの文字をなぞるオモチャで
その名も「かきじゅんばっちりマシーン」。
書き順通りなぞらないと「もういっかい!」と言われるので
最初はすぐに怒っておしまいにしていましたが、
(ほんのちょっとでもズレると「もういっかい!」と言われるので、大人の私でもイラっとしますw)
最近は「ピンポーン!」と言われるのが嬉しいようで、楽しんでいるようです。
早く字を書かせたいというよりは、カタカナに興味を持ってほしくて購入しました。

ちなみにカタカナポスターもカタカナカルタもこどもチャレンジの玩具。
毎月玩具やDVDが増えるのが嫌で
こどもチャレンジは一度も購読したことがないのですが、
こうやって部分的に欲しい付録があれば、中古で狙うのもいいかなと思っています。

NHK漬け


8時頃に朝ごはんを食べ終えるとNHKの朝ドラが見れることに気づいた息子。
そのために少し食事を急いでくれるようになりました。
でも、この時間帯になぜ「おかあさんといっしょ」ではなく、朝ドラ?
私も夫もあまりドラマに興味がない方なので不思議。

そして、年末年始にEテレでやっていた
香川照之の昆虫すごいぜ!」に大ハマり。
虫の生態だけでなく、カマキリ先生(香川さん)が
虫取りをするというスタイルが非常に気に入った模様。
ほぼ毎日のように視聴しています。
私は大の虫嫌いですが、香川さんのテンションが面白いので楽しんで観ています。

ファスナーの上げ下ろしをマスター


ジャンパーの着脱がようやく一人でできるようになりました。
これまでファスナーを上下させることはできても
下の金具を引っ掛けるのが難しかったようですが、
最近全工程を一人でこなせるようになりました。

トイトレの約束は履行されず


「4歳になったら、トイレでウ○チを頑張る」と約束していましたが、
あっさり反故にされました。
「パンダ組(仮名・4歳児クラス)になったら、トイレでする」と言い出し、
すりかえ仮面も驚きの話のすり替えぶりにもはや対処法がわかりません。
先月、「トイレでウ○チできたら仮面ライダーの人形をあげる」と約束しましたが、
今のところあまり効果はないようです(哀)
半ば予期していたこととはいえ、がっくり。

パパイヤ期再来


1歳の頃にもあったような気がするのですが、
ママ大好き期に反比例するように、父につっかかりまくります。
夫は家族にちょっかいをかけるのが好きなタイプで、しかもしつこいので、
私も割と苛々することが多いのですが、
それが息子には「いじわる」だとうつるようです。
「パパ、いじわるやからきらい!」
「パパはほんまにいじわるやなぁ!」等など暴言が止まりません。
私と夫が喋っていると、
「ママはいいけど、パパはしゃべらんといて!」
いや、私一人で喋るのはちょっと^^;
そうは言いながらも、父と戦いごっこやレゴで遊ぶのは楽しいようで、
4歳のプチ反抗期なんてかわいいもんだなぁと思ったり。

一方、私が息子のことを好きというと、
「○○ちゃんの方がもっともっともーっと好き!」
「ママ、めっちゃくちゃかわいい!」などと熱烈な求愛に
男の子育児の幸せを実感中。

長編の絵本を読む


書店内の自由に絵本を読めるコーナーに時々行くのですが、
ある日息子が持ってきたのが「おしいれのぼうけん」。


こちらは1970年代に刊行された名作らしいのですが、
私は子どもの頃に自分が読んだ絵本の記憶がほとんどないので、初めて知りました。
70ページを超え、文章がぎっしりの絵本に母の方が慄きました。
これ、小学生が一人で読むやつでは…?
「(保育所の)せんせいによんでもらってん!」とのことでしたが、
年少クラスで、これ最後まで読みきれたのかな^^;

おまけに、絵はほとんどモノクロで
おどろおどろしいねずみばあさんは大人が見ても不気味。
怖がりなのに大丈夫かなーと思いつつ気合いを入れて読みましたが、
最後まで集中して聞いていました。
むしろ私の方が疲れるやら、驚かされるやら。

閉じ込められた押入れ内での男の子二人の大冒険。
昭和的な描写もありますが、
それも含めてワクワクするものがあったのだと思います。
冒険ファンタジーがイケる口とは、お主なかなか趣味が合うじゃないか(* ̄m ̄)

読み聞かせるのが大変な絵本ではありますが、購入候補。
最近はこうやって息子から絵本を教えてもらうことも増えました。

頭足人を書く


好きではあるものの、息子はお絵描きや塗り絵は大の苦手。
同級生が体やツインテールのあるかわいいお絵描きををする中、
息子はお世辞にもかわいいとは言い難いタッチの絵をずっと描いていました。
目も口も頬も全て白○で表現するので、ホラーというかムンクの叫びというか…w
diary-1431.jpg
しかし、突然ニコニコの口と足を書くようになり、
彼の絵にかわいらしさが少し加わりました。

口癖「さー」


「あのさー、○○ちゃんさー、これやっててさー…」
と語尾に「さー」をつけまくるようになりました。
ちょっと前まで言葉に詰まると「あのー、あのー、」を連呼してたのですが、
これはこれでちょっとかわいい。
しかし、私はさほど「さー」をつけてる自覚がないのですが(夫も言わない)、
無自覚で言ってるのでしょうか^^;

年末年始のお出かけ


ショッピングモールに何度もセールや買い出しに行ったり、
義実家に遊びに行ったり、恒例のプラレール博に行ったり。
最近息子は乗り物への関心が薄くなり、
去年のトミカ博でも今回で最後かなーと思ったものですが、
プラレール博も今年で最後かもしれません。
子どもの興味はこうやってどんどん変わっていくのですね…。

半年ぶりの発熱


強いアレルギー持ちで肌も弱いのですが、感染症にはなぜか強い息子。
咳や鼻水はちょくちょく出ていますが、お熱を出すのは半年ぶり。
ちょうど年明けの繁忙期なので焦りました。
おまけに、上記の頭突き事件まで勃発。
むしろ私の方が仕事休みたいわ…泣
と思っていたら、あっさり翌日解熱し元気いっぱいに登園できました。
親孝行な息子や…(頭突きされたけれどもw)。



来月は次年度の役員決めなんかか気の重い行事がありますが、
とにかく早く目のアザが治ってほしい今日この頃です(切実)


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ

別窓 | 成長記録 | コメント:0 | ∧top | under∨
4歳になりました!~3歳11ヶ月の成長記録やらクリスマスやら~
もう半月ほど前のことになりますが…
息子、4歳になりました。

diary-1427.jpg
小麦&卵アレルギーのため、今年も米粉ミックスでケーキもどきを作りましたが、
今回炊飯器でスポンジを焼きつつ近所に買い物に行ったところ、
長めの保温が良くなかったようで、やたらモチモチなスポンジに仕上がりました。
小麦粉だったら適当でもふわっとなるのに、
これだから米粉は~(←単に自分のお菓子スキルが低すぎるだけ)



そんなこんなで今月の振り返り。
一年のまとめは別にまとめたので、
ここでは一ヶ月の成長や出来事に絞りたいと思います。

【4歳目前】3歳の成長まとめ



身長・体重


91.5cm、12.4kg。
現在2歳9ヶ月相当の体格。
相変わらず小さくて細い・・・
誕生日プレゼントであげたへんしんバイクにまたがると、
足の裏がぺたりとつかず、僅かにかかとが浮きます。
私が小食なのを気にしてうるさく言っていたら、本人も少し気にし始めたのか
「おしょうがつにじんじゃで『しんちょうのばしてください』っておねがいする!」と言い出しました。
なんか・・・いろいろごめんよ。

意地悪期が過ぎたかも


ここ数ヶ月、やたら意地悪な口調が続き、軽く悩まされていました。
「○○してるしな~」「○○してるもんね~」をはじめ、
ものすごーく意地悪なトーンで言うので、イラッとさせられていました。
先生に軽く相談すると保育所でそういったことはないとのことでしたが、
お友達と一緒に遊びに行ったときもこの口調を連発して大半ケンカ^^;
お友達も同じような口調だったので、どちらが発端だったのかはわかりません。

この意地悪調が出たときに
「『○○してるしな~』じゃなくて『○○してるよ』の方がかわいいよ」と言い続けたところ、最近になって大幅に減りました。
うっかり言ってしまったときも、
「○○してるしな~・・じゃなくて、○○してるよ!」という感じで
自分で修正してくれるようになりました。
天使の4歳児、淡く期待しています。

ヒーローが大好き


ヒーローショーやお友達の影響などですっかりヒーロー好きに。
一番好きなのは仮面ライダービルド。
何かやってほしいときに
「ビルド、やってくれる?」とお願いすると、ノリノリでやってくれることも。
しかし、散髪のときに動画を一度だけ見せただけで
テレビ放送は全く見たことはなく、内容はあまりよくわかっていないようです。
あまりにもトイトレが進まない(昼のおしっこは完璧にとれたが、夜と大はオムツ)ので、
ついに「トイレで毎日ウ○チできるようになったら、仮面ライダーの人形を買ってあげる」とモノで釣ってしまいました^^;
効果があったら、仮面ライダー様と呼ぼう。

ママっ子増幅


パパフィーバーのときもあったのですが、
ここにきて強力なママっ子になっています。
塗り薬もお着替えも歯磨きも私じゃないとイヤだと。
休みの日も父とお風呂に入ってくれません。
たまには一人で入らせてくれ…。

「パパとはもうあそばないもんね~」
「パパよりママのほうがすき!」
などとよく言うので、夫がこっそり傷ついてるのがなんともはや…。
そうは言っても、ブロックや戦いごっこは父と遊んだ方が楽しいらしく、
一緒に遊んでいる姿もよく見かけます。

肌の調子は相変わらず


虚弱肌の中でも、体幹部分が飛びぬけて荒れやすい息子。
掻いてしまうため、毎日のリンデロンV(ストロングのステロイド)が欠かせません。
手と顔は比較的きれいで(とはいえ、健康肌の幼児とはやっぱり別物ですが)
2~3日に一度のロコイド(マイルドのステロイド)と日々の保湿で
そこそこの肌を保てるようになりました。
確か春頃は調子が良くて、週2~3回くらいのステロイドでいけたので、
来年は安定してそれくらいにもっていけたらいいなと思っています。

ジャンパーが嫌い


こどもは風の子というのを体現している息子。
真冬だというのに、ジャンパーを着るのを嫌がります。
晴れた昼間ならそれでもいいのですが、
お風呂上がりの夜のお出かけにTシャツ一枚で出かけるのはやめてくれ…。
母は加齢とともに寒がりになって、冬場は常に最大防御なので、アンビリーバボー。
しかし周りを見ると、同世代でもポカポカ日和にダウンコートを着ていたり、
ヒートテックを着せていたりするので、
幼児といっても人それぞれなんだなぁと思います。

習い事は嫌らしい


今まで習い事はおろか、こどもチャレンジすらやったことがない我が家。
年少くらいから何かひとつ習い事を…と思いつつも、
全て息子の却下に遭い、実現せぬまま4歳になりました。
要は内容云々ではなく、親と離れて知らない人と何かをするのが嫌らしい。
相変わらず、こういうとこでは人見知りを遺憾なく発揮してくれます…。

ちなみに、親的にさせたい習い事は
水泳、空手(武道)、体操、将棋、科学実験教室など。
本人が嫌がったら続けられないと思うので、なかなか踏み出せません。
保育所っ子のうちに始められるだろうか^^;


diary-1426.jpg
誕生日は関係ないけど、昨日リベンジしたクリスマスケーキ。
チョコレートを砕いて、マーブルもどき。
見た目はともかく、加熱時間を短めにしたら米粉でも、炊飯器でふわっとでけた。
料理下手にしては上出来。

diary-1428.jpg
無事サンタさんからレゴブロックも届きました。
とっても楽しいクリスマスだったようで、
クリスマスツリーを片付けたくない!と早くも寂しがっています。


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ

別窓 | 成長記録 | コメント:2 | ∧top | under∨
| シンプルにいこう。 | NEXT