【3歳3ヶ月】最近読んだ絵本vol.1
遅読なので読書量は少ないし、
ミステリとかファンタジー中心でジャンルに激しく偏りはあるけれど、
本が好き。
現在もっぱら通勤時間が読書タイム。

子どもと遊ぶのは正直あまり得意じゃないけど(すぐ飽きる…)、
一緒に絵本を読んでいる時間は好き♪

3歳の息子も絵本は好きですが、
ものすごく大好き!という感じではなく
好きレベル(何それ)はたぶん普通。
子どもが小学校高学年くらいになったら、
同じ小説を読んで感想を語り合うのが夢ですが、
男の子だしどうかな~。
ちなみに、夫は活字を全く読まない人。

毎月読書メーターで記録をまとめているのですが、
子どもの読んだ絵本もまとめてみたいなぁと記事にしてみました。

ちなみに我が家は大人も子供もほとんどが図書館本。
私は好きな作家さんのみたまに購入、
絵本は息子がとても気に入った本のみ購入が基本です。
お金の問題もあるけど、何より置く場所がないので…。

いっぱいあるのですが、
とりあえずは親子ともに気に入った絵本を。




「せんろはつづく」


竹下文子さんの絵本が好きで、
みんなで!どうろこうじ」にも大ハマりしたので
機関車好きな息子にも好きだろうと借りてみました。

子ども達が線路を作っていく過程が描かれる絵本。
「山があったら?」「川があったら?」と
ひとつずつ解決しながら作られていき
ざっくりと線路を作る過程が理解できます。
「みんなで!どうろこうじ」ほどはハマらなかったので
購入には至らず。



「おしくら・まんじゅう」


「だるまさんが」シリーズの絵本作家さんである
かがくいひろしさんの絵本。
1歳児クラスの時に保育所の先生に
「食いついていました」と教えてもらったので
自宅で読んだところなぜか納豆登場で大泣き^^;
だったのですが、久しぶりに自由に読めるブースがある書店で出会って大ハマり。
これは購入しようかなと思っています。
「おしくら○○~♪」とリズム良く読めて
最後には予想外の展開に。
大人も楽しめます。



「おばけかぞくのいちにち」


赤ちゃんだった頃に参加した自治体の絵本講習の
おすすめ一覧に載っていた絵本。
いやー、これは楽しい!
おばけと人間の一日が交互に描かれるんだけど、
こども達の様子がかわいくて、楽しい♪
この世界ではおばけは朝になったら寝ないといけないのですが、
ある日の朝、人間の世界に飛び出したたろぽんは…?
登場人物の名前にも親しみを覚えるようで、
こちらも近々購入しようと思っています。



「おやおや、おやさい」



図書館の読み聞かせの会で出会った絵本。
こちらも楽しいです。
絵柄が写実的なのにシュールで好み。
やさい達がダジャレをかましながら走るのですが、
ダジャレについてはまだわかっていないっぽい様子^^;
でもこの本のおかげで、知らない野菜もいくつか覚えました。
この絵柄、どこかで見たような・・・と思ったら、
おかあさんといっしょの「あさごはんマーチ」の
アニメーション(イラスト?)の方でした。



「くだものだもの」



↑の「おやおや、おやさい」が面白かったので、同じシリーズ。
こちらもダジャレの連続ですが、
やさいほどはハマりませんでした。
スイカの顔がちょっと怖いw



「うんこしりとり」


よく書店で平積みされているので気になっていた本。
上述の通り、我が家は図書館→すごく気に入ったら購入なのですが、
これは珍しくいきなり購入した絵本です。
息子は3ヶ月に一度歯科検診に行っているのですが、
元々の病院嫌いに加えて、無理やり押さえられて検査されるもんだから
歯医者さんは大大大嫌い^^;
前回、歯科検診を頑張ったご褒美に近くの書店で購入しました。

「こうしのうんこ」「こうもりのうんこ」・・・
などとエンドレスのうんこしりとりですw
ずっと動物で攻めるのかと思ったら、
途中から予想外の方向にしりとりが進むので
大人でも笑わざるを得ない^^;
男の子は古今東西「うんち」「おしっこ」「おなら」ネタは大好きなので、
この絵本が嫌いな子はあまりいないかもしれません。



「もりのおふろ」



これも定番ですね。
保育所や読み聞かせの会でも何度も出会ったし、
家で読んでも大好きな絵本。
動物たちが次々と輪になってお風呂を楽しむお話。
リズム良く順番に洗っていき、最後には・・・?
絵柄もシュールで、息子はもちろん、大変母好みの本でした。



他にもありますが、
長くなったので今日はこの辺で。
また気が向いたら書きたいと思います。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ

別窓 | へっぽこ育児 | コメント:0 | ∧top | under∨
3歳2ヶ月の成長記録~カエルの子はカエル。やっぱり低身長か…~
息子、3歳3ヶ月になりました。


お下がりの三輪車をやっと一人でこげるようになりました。
diary-1375.jpg
同級生では、すでに駒付き自転車をこげる子もいるので遅いと思いますが、
あまり乗せてなかったので仕方ないかな^^;
我が家はストライダーを買う予定はないので、
4歳の誕生日には自転車が候補です。



■87.5cm、11..6kg。
 低身長チェックでも低身長の目安である-2.0SDを完全に下回る(泣)
■イヤイヤが少し緩和された気がする。
■Tシャツ・ズボンがざっくり畳めるようになる。
 家では教えてなかった(!)ので、保育所さまさま。
■遠足が雨で中止。弁当は完食(前回は半分以上残した…涙)。
 今年度遠足が3回あったが、うち2回は雨で中止、1回は旅行で欠席したので
 結局一度も行けていない。
■一時は嫌いだった納豆にどハマり。
 卵アレルギーでたんぱく質不足が心配だったので、ありがたい。
■いつの間にかお肉嫌い、野菜嫌いが緩和される。
 にんじん・ブロッコリー・ねぎ・ピーマン・海草は今のところOK。
 葉物野菜全般・カボチャ・サツマイモはまだ嫌い。
■湿疹対策にセラミドパウダーを摂取開始。
■日本脳炎予防接種2回目。
■最近好きな遊びはかるた、三輪車、シャボン玉。
■ジグゾーパズルが上達するも、やはり苦手そう。
 端はまっすぐ、角は4つしかない等の基本的なことが何度言われてもわからず、
 真ん中のピースを端にはめようとしたり、その逆も多々。
 現在くもんのジグソーパズル24ピースを少し助言しながら10分ほどで完成。
■濁音・半濁音・拗音に興味を示す。
■家では赤ちゃんのようにご飯を食べさせてもらったり、
 オムツに排泄したがる。赤ちゃんでいたいらしい…。
■シャンプー時に鼻に水が入り、
 それ以後シャンプーと洗顔が大嫌いになる。湯船は好き。
■父との入浴は相変わらず拒否(2歳頃~)。
■ステップ付補助便座をトイレに導入して、少しやる気アップ。
 おまるで滅多にしなくなった。
 



今月は特にこれといったことはありません。
ずっと小さかったけど、伸びが悪くてついに低身長の目安より下回ったとか、
湿疹もアレルギーも進展がないとか、
悩みは相変わらずですが^^;

低身長の件はおそらく病気ではなく、
私が140cmと極めて背が低いので(夫もやや小柄だし)、
ただの遺伝だと思われます。
とはいえ、男の子なのでやっぱりコンプレックスになるだろうなぁと・・・。
(私は女ですが、それでも中学生までずっとコンプレックスでした。)
息子よ、すまん。
3歳児検診で相談するか・・・。


勤め先が倒産寸前なので、幼稚園にうつるか、
保育所で進級するか迷っていましたが、
お弁当作りや送迎の負担もろもろを考えて
とりあえず保育所で進級することにしました。
人気園以外では幼稚園の空きはあるようなので、
最悪どこかで受け入れてもらえるだろうと。
今のところ、年中からの2年保育を考えています。

ただし、懸念していた通り、
保育所では来年度役員をせざるを得なくなりました。汗
思っているより負担が軽ければいいのですが・・・。


進級にあたり、同じクラスのお友達も数人幼稚園にうつるのですが、
その中に大の仲良しの男の子がいます。
常に一緒に遊び、何をするのにも手をつないで男同士でイチャイチャ。笑
発表会のときも二人でハグして、イチャついていました。
先生の間でも有名な仲良しコンビらしい。

お友達の方は社交性のある子なので全然大丈夫だと思うのですが、
うちの子は人見知りが酷くて、
仲のいい子はとことん仲良しだけど、
それ以外の子とは全然仲良くできないという
なんだか女子的な友達関係を築くタイプ・・・。

そのお友達に依存してる部分が大きいので、
進級後離れてしまうのがかなり心配。
今から言い聞かせてはいるものの、あまりリアリティは感じてなさそう^^;
ちゃんと新しいお友達ができるといいのだけど。


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ

別窓 | 成長記録 | コメント:0 | ∧top | under∨
3歳1ヶ月の成長記録~トイトレ前進やら、湯気もNGなアレルギーやら、早起きに参って朝活をやめたいやら~
息子、3歳2ヶ月になりました。

口だけ達者で、生活面は全般的に遅い息子。
トイレトレーニングもまあ進まず、
このまま4歳になってしまうのではないか・・・と危惧していましたが、
一歩前進しました。


遊園地の雪遊びイベントに行こうと準備していたら、
「おにいちゃんパンツ(布パンツ)はきたい」と急に言い出した息子。

近場の公園とかスーパーとかならともかく、
いきなり片道一時間半弱のお出かけ^^;
お漏らしが不安で、オムツの上から布パンツを履くことを勧めたのですが、
「ぜったいもらさない!」と言い張るので、
おそるおそる布パンツだけでお出かけしました。

diary-1374.jpg
ヘタレなので行く前から「ゆきあそび、したくない」と言ってましたが、
行ったら行ったでずっと遊ぶ…



結論から言うと、おもらしなし!!
以前は嫌がって全然できなかった
足のつかない大人の洋式便座でも、怖がりつつも用を足すことに成功。

夕方までみっちり遊んだので
帰りは絶対寝るだろうからとオムツを勧めたのですが、ここでも断られ^^;
案の定、電車に乗った途端に寝てしまったのですが、
一時間のお昼寝(夕寝)でも漏らすことはありませんでした。
とはいえ、こっちは冷や冷やもの^^;
いつ漏らすかと思ったら、おちおち居眠りすることもできず・・・
いつもは短時間のお昼寝でもほぼオムツが濡れているし、
やっぱりお昼寝はまだオムツつけてほしいかな。

息子は頻尿なので、心配のあまり30分に1回は声掛けをしましたが、
「おしっこない!」とあまりトイレに行ってくれず、
結果的に三時間ほど空いたときもあって、驚かされました。

補助便座があってもなくても、足のつかないトイレは怖がるので
男の子用の小便器(立ってするタイプ)があるトイレは本当にありがたかったです。
(家にはないのですが、いつの間にか保育所でできるようにしてくれていました…ありがたや。)

まだ家ではトイレを嫌がることも多いし、
ウンチは100%オムツにしかしないし、
昼寝中も含めて、睡眠中のおしっこはためられない。
トイトレ完成まではまだ遠い道のりですが、
彼なりのペースでお兄ちゃんになってきました。



■ラーメンの湯気を吸い込んだだけで、呼吸困難になる。
 クラス6の小麦アレルギー、恐るべし…。
■酷い食物アレルギーと湿疹対策に
 乳酸菌とセラミドを取り入れ始める。(別途記事予定)
■インフルエンザ、感染。
■インフルエンザ流行のため保育所の親子行事が中止になる。
■日本脳炎予防接種。
■あまりの病院ラッシュに病院嫌いが加速する。
■ガラガラうがいができるようになる。
■ファスナーを一人で着脱できるようになる。
■お出かけ時によく歩くようになる。
■イヤイヤ激化。
 母と二人きりの休みの日は始終揉めている気がする(苦笑)
 父に対してはなぜかソフト。
■外出時もお兄さんパンツ(布パンツ)を履くようになり、ほぼ失敗なし。
■しかし、依然家ではトイレを渋る。
■ウンチはオムツでしかしない。
■初めての雪遊び。
■足の爪を切らせてくれるようになる。
 今までは嫌がるので寝ている間に切っていた。
■ひらがなを7割くらい読めるようになる。
 濁点のひらがなを認識し始める。(読めるのは「ぞ」だけ)
■数え天狗化。毎日何かをせっせと数えている。
 29くらいまでの数なら数えられる。
■87.2cm、11.2kg。
 身長は横ばいで、-2.0SDを再び割り込む。
 体重もまた減少。3歳過ぎて11キロって…。



先月末から月初にかけて、インフルエンザにかかりました。
1月は溶連菌にも感染し、名前のつく病気は今年すでに二度目。
保育所っ子でありながら、これまで滅多に病気をしない子だったので
ハイペースに減っていく有給にビビってます^^;

予防接種はしていましたが、
かかる時はかかるのがインフルエンザ。

こう言うと、やっぱり予防接種は意味ないわって
打たない派の人に言われがちなんですが
予防接種は重症化を防ぐためのもの。
そもそも感染を抑えられるものではないのは了解済みで、
一日半で熱が下がって元気いっぱいだったのも
予防接種のおかげかなと思っています。

家庭内感染に脅えて戦々恐々としていましたが、
結局息子一人で終結したので
仕事も最低限休めば事足りました。



インフルエンザより困ったのは、食物アレルギー。
小麦に関してはクラス6(最大クラス)のアレルギー持ちなんですが(他に卵もある)
先日、私がラーメンを食べていたら、急に顔を出して湯気の匂いをくんくん。
その時は「熱いから危ないよ」としか注意しなかったのですが、
咳から始まり、、最終的には軽い呼吸困難状態に。
あまりにも辛そうだから、救急車を呼ぼうかと思ったほど。
幸い頓服が効いて、その後は落ち着きましたが
本当に冷や汗をかきました。
食べた訳でもないのに、これは相当強敵だ・・・

体重からもわかる通り、息子は小食な方で、
小さいながらも、「自分はどうせ食べられない」という諦めがあった様子。
アレルギー故に、食に対する執着がない子どもでした。
が、ここにきて、同じものを食べたがるようになりました。
「これはダメだよ」と言うと、
「○○ちゃん、アレルギーになってもいい!」と
今までになくゴネるようになってきました。
といって、親の私たちまで
小麦と卵の両方を完全除去するのは難しいのが現状。

それに加え、最近「来月の遠足に行きたくない」とまで言い出しました。
なんでも、一人だけ別のシートで皆と離れてお弁当を食べるのが嫌だという・・・。
3歳にして遠足を楽しみにできないなんて、
なんともいえず切なくなりました。

そんなこんなで、アレルギーと湿疹を改善すべく
まずは乳酸菌を試しているところ。
少なくとも次の血液検査(6月頃)までは続けて、
良い影響が出るかどうかを見極めようと思っています。

あるアトピーブログでおすすめされていた乳酸菌。
そのブロガーさん曰く、乳酸菌は数で決まるとか。
これは顆粒タイプですが、粒タイプをボリボリ噛んで食べています。
味は気に入ったようで本人も毎日楽しみにしています。





長くなりましたが、もうひとつ。
一年ほど前から始めた。朝活。
息子は一人では遊べない甘えん坊なので、
どうにか自分時間を作るべく早起きするようになりました。
朝4時頃に起きると近隣の住宅にもほとんど電気がついてなくて、
一人っきりの清清しい時間を満喫していました・・・が。

最近ですね、ヤツが母不在に気づき
また早起きしてくるようになりました。
早起きつったって、6時ならまだどうにか許せる。

でも5時に「○○ちゃん、おきる!」って起きてくるんですわ。

もう絶望しかない・・・。
自分時間どころか、わたしゃ家事すら終わってませんぜ・・・。

でもって機嫌良く遊んでてくれるならまだしも、
3歳児に5時起きはやはりきついようでご機嫌悪いことが多々。
機嫌が良い日でも、やっぱり一人では遊べないのが息子。
「ママ、みて!」「こっちきてっていってるでしょ!(←偉そう)」と
洗濯すらさせてくれない。

早すぎるからと無理に寝かせようとしたら、
猛烈イヤイヤモードになってそれどころじゃなくなるし、
運良く寝てくれても寝かしつけに30分くらいかかって、
結局自分時間はなくなるという・・・。

寝つきが悪いので、平日は21時過ぎに寝室→22時就寝なのに、
睡眠時間が7時間って、ただの大人やん。
その睡眠不足を解消するべく、保育所で2時間ガッツリ昼寝をしてくるので
ますます夜の寝つきが悪くなる、の負のループ。


自分時間が持てないと苛々するタイプなんで
朝活やめたいと思ってるのですが、
もうね、体が21時台に眠くなるようになってるんですわ。
息子が寝る頃にアラームをかけておいても
熟睡してさっぱり起きられないという。
息子が赤ちゃんの頃は一緒に早く寝ようと思っても
全然寝付けなかったのに、不思議なもんです。

息子は息子で、自分が寝ている間にベッドを抜けるのがひどく嫌らしく、
毎日のように「ママ、ねんねしてるときにテレビのへや、いかんとって!」と
念押しされます。
いや、君の気持ちもわかるけどさ・・・。
でも母ちゃんだって好きなことをしたいんだよーw
どうにか夜起きられるように頑張ります。

とりあえず、今日は起きられたのでブログ更新できましたとさ^^;


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ

別窓 | 成長記録 | コメント:0 | ∧top | under∨
【幼稚園と保育所を比べてみた】アレルギーは何かと面倒くさい。
先日の成長記録にも書きましたが、
私の勤務先が事業縮小をすることに…
すぐに辞めないといけない訳ではないのですが、
確実に仕事の負担は重くなるし、
いつまで会社が存続するかもわからない状況。

保育所は当然ながら働いている人しか利用できず、
求職中の場合は3ヶ月以内に見つけないと退所しないといけません。
転職が難しいといわれる35歳…
3ヶ月以内に就職できる自信は全くありません^^;

という訳で、年末から急きょ幼稚園を検討中。
事態がせめてあと3ヶ月早かったら普通に幼稚園を申し込めたはず・・・
ちょっと会社を恨みつつも、時期が時期だけにとりあえず
通園可能範囲の幼稚園に問い合わせ。
結果、2園から三年保育の空きがあるという回答をいただけました。

ちなみに、二日前から願書をもらうために並ぶという人気園では
途中入園や二年保育も含めて、全く空きがないとのこと。

心はほぼ幼稚園に傾いていましたが、
最近その2園に見学に行き、迷いに迷っています。

保育所や幼稚園といっても、教育方針や様子はさまざまだと思います。
あくまで我が家の場合、ということで
夫に提示するために違いをまとめてみました。
(ここまでまとめてもろくに検討してくれない夫ですが…)



■保育所(現在通所中)

【メリット/特記事項】
・デフォルトの保育時間が長い
・給食の除去、代替が完璧で弁当負担ゼロ

・アレルギー児は食後の肌チェックをしてくれる
・常駐の看護師さんがいるので安心
・年少以降もトイレトレーニングを継続してくれる
・着替え、うがい、配膳の手伝いといった
 生活面に力を入れている
・徒歩3分、とにかく近くて送迎が楽
・母同士の関係がまったり。

 平日にランチなどは一切なく、ほとんどが挨拶程度。
・息子自身が慣れていて、進級後の負担が少ない
・1クラス制でまったり
 運動会でも15分前に行けば先頭で見られる
・公立のためベテラン保育士が多く、先生の質は比較的高い気がする
・先生同士の仲が良く、雰囲気が良い
・基本共働き世帯で、朝の保護者の3分の1はお父さんなので、夫に送迎を頼みやすい
・障害の有無に関わらず、いろんな子どもと一緒に過ごすことができる

【デメリット】
・役員の負担が重い
 ⇒進級すると役員はほぼ確定、それ以降は四役の可能性も高い
・退職したら原則利用できない
・親参加の行事がそこそこある
・年中まで昼寝がある(今でさえ22時まで寝ないのに…)
・お勉強っぽいことはほとんどなし
・公立のため習い事系も一切なし
・建物も園庭の両方が古くて狭い
 使える遊具が少ない(近所の小さい公園より狭い)
・園外への散歩が年々減っている
・先生が何かと小うるさい気がする←幼稚園も同じ?笑



■A/B幼稚園共通

【メリット】
・小学校に向けて、ある程度の教育はしてくれる
 どちらも勉強重視ではなく、のびのび系
・延長保育あり
・年少から昼寝なし

【デメリット】
・給食休みの日が多い
・主食(小麦)の代替食は作ってもらえない=他の子より弁当の日が多い

・デフォルトの保育時間が短い
・若い先生が多く、ベテランの安心感が低い(これはメリット?)
・トイレトレーニングはしない(ある程度おむつがとれているのが前提)
・共働きは少数派のため、夫に送迎を依頼しにくい
 (夫がそういうのを気にするタイプ)
・創立記念日とか行事の日とか
 何かにつけ延長保育できない日が多い
・人見知りが強い息子にとっては、転園は強いストレスになりそう



■A幼稚園

【メリット/特記事項】
・歩いて通える(徒歩6分くらい)
・音楽・美術・体育に力を入れているらしい
・園庭まあまあ広い

【デメリット】
・給食はアレルゲン除去のみ、代替食はないので栄養面が不安
・週一回お弁当
・アレルギーのため、麺類、パンの日も弁当

・行事多い(おそらく親参加行事が多い)
・クラス委員は先生が指名するらしい(ネット情報のため不確実)
・延長保育18時まで
・見学時の説明が最低限
・行事中の私語など、先生の質が微妙(ネット情報のため不確実)
・地元の友人曰く、ヤンチャそうな親子が多い



■B幼稚園(本命)

【メリット/特記事項】
・親参加行事が少ない
・名目だけ保護者会はあるが、保護者や役員の負担はなし
・母間の派閥なし
 特に延長保育を利用していると母同士の繋がりは少ない(C園の保護者情報)
 ⇒私も人見知りでママ友の関係が苦手なので助かる
・セキュリティが高そう
・放課後のクラブ活動(文科系・体育系)がある
・マンモス園。
 年少は担任二人、年中と年長は担任一人
 進級時にクラス替えはあるが、同じ地域の子は同じクラスになる
 年長は小学校区でクラス分け
・応対が丁寧
・延長保育は18時半まで

【デメリット】
・徒歩30分(自転車で10分)、自転車必須
・園バスはある…が延長保育には対応しておらず、実質使えない
・代替給食にも対応している…が、こちらも小麦主食の日は弁当
・弁当持参の日が多すぎる
 元々月6回弁当+半日保育の日+小麦主食=月の半分以上は弁当の見込み

・着替えをする機会はなく、生活面は弱め
・給食は外注
 少し量が寂しいらしい(ネット情報のため不確実)
・先生の入れ替わりが激しいらしい(ネット情報のため不確実)
・園庭は広いが、マンモス園で園児が多すぎて
 それほどのびのび遊べる訳ではないらしい
 夏のプールも週に1度しかまわってこないらしい(ネット情報のため不確実)



は特に良いと思うメリット、
は特に辛いと感じるデメリットです。

まあ一目瞭然なんですが、
わたし、給食の有無にめちゃくちゃこだわってます。苦笑

お弁当作りがもう本当に苦手で。
会社ではこそこそ食べてるくらい見栄えが悪いし、
とにかく料理が苦手なので、時間がかかるし。

致命的なのは、息子がアレルギー児だということ。
小麦と卵の両方なので、食べられるものがそもそも少ない。
特に、小麦アレルギーが痛い。痛すぎる。

代替食の提供がある幼稚園もありますが、
今の保育所のように
パンの日→ご飯、麺類→ビーフン
なんてことまではしてもらえないので
小麦主食の日はもれなくお弁当。
伝家の宝刀、卵焼きが使えないのも何気に痛い。
(コーンも嫌いで黄色どうすりゃいいねんw)

アレルギーっ子でなくても週1~2回は弁当持参で、
週1の午前保育の分の弁当も必要なわけで・・・憂鬱すぎる。


保育所のとある月の献立表。
diary-1371.jpg
蛍光ペンでなぞってあるのが除去(代替)食。
これだけでもほぼ毎日除去されているのがわかりますが、
これ以外にもホットケーキミックスやカレーのルー、ソーセージ等は
アレルゲンを含まないものに代えていただいているので、
まともにいったら食べられるものがほとんどないという…。
保育所、ありがたや。


料理が苦手ではない、
お弁当作りに慣れている方からしたら
大したことじゃない問題なんでしょうが、
これがネックで幼稚園を悩みに悩んでます。笑
弁当作りと送迎(チビなので自転車を早くこげない&子を乗せると信号無視できない)の時間が
今より毎日プラス一時間くらいはかかりそうな気がしています。



今回、見学したり調べて感じたことは、
幼稚園は、「普通」と少し違うところがある子は
保護者がフォローしなければいることが難しい場所なのかな、と。
もちろん地域差もあるし、園の方針は本当に様々だと思うので、
あくまで私の周りでは、という狭い範囲の話ではありますが。

もちろん保育所にもデメリットはたくさんあって、
共働きが前提であるのに役員の負担が重過ぎたり、
昼寝がいつまでもあったり、
相性の良くない先生もいたりもする。
ううう、悩ましい・・・


とりあえず、近いだけが取り得のA幼稚園はないかな。
今の保育所か、B幼稚園か・・・

あと一年保育所でお世話になって、
幼稚園の二年保育にしようかなとも考えたり。

うーん、もうちょっと悩んでみよう。


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ

別窓 | へっぽこ育児 | コメント:4 | ∧top | under∨
| シンプルにいこう。 | NEXT