富良野旅行記~二日目~ファーム富田編
富良野旅行二日目はお天気も回復したので
念願だったファーム富田へ。

ざっくり言うと、ラベンダーが有名な植物園みたいなところですが、
石けんやハーブ、アロマ好きさんなら
もれなく皆さんお好きなのではないでしょうか^^

注:今日の記事は画像だらけです。

diary-1163.jpg

ファーム富田といえば、
ラベンダー畑が真っ先に頭に浮かびますが
ラベンダー以外にも植物はたくさんあります。

diary-1165.jpg

diary-1164.jpg


お約束のラベンダーソフト
diary-1166.jpg
爽やかな口当たりで美味し~♪



8月中ならそこそこラベンダーも咲いていたようですが、
さすがにちょっと季節はずれ。
ほとんどが株だけ状態。

diary-1167.jpg

観光客の皆さん、
ラベンダーに気づいていないのか
咲いてないラベンダーには興味がないのか、
ほとんどの方は見向きもしていませんでした^^;

diary-1168.jpg

花は咲いてなくても
風に乗ってすごくいい香りが漂ってました。


あ、僅かですが
咲いているラベンダーを発見!
diary-1169.jpg

diary-1170.jpg

こちらは思いっきり樹木化しています。
これを見ると、ラベンダーって木なのね~と再認識。
diary-1171.jpg


園内のバイクまでラベンダー色。かわゆす。

diary-1172.jpg


ラベンダー畑の一部が小道になっていて
歩けるようになっていました。
diary-1178.jpg
この子どもみたいな後ろ姿は私です。

diary-1179.jpg
一面のラベンダー畑。



蒸留の舎
diary-1173.jpg
稼動してはいませんでしたが、
精油の蒸留する機器がありました。
オンシーズンなら蒸留しているところが見られるそうです。

diary-1174.jpg


こちらではラベンダーの香水作りの一部が見学できます。

diary-1175.jpg


こちらは透明石けんを磨く工程。

diary-1176.jpg

香水作りも透明石けんも、
ガラスにへばりついて見ていた人は私だけでした^^;


こちらはドライフラワーの舎。
diary-1181.jpg

こんなに大量のドライフラワーは見たことありません。

diary-1180.jpg



もちろん、お土産も忘れずゲット。
diary-1182.jpg
無添加のラベンダー石けんと、芳香蒸留水。

今回は旅先に石けんをあえて持っていかなかったのですが、
夫が「やっぱり髪は石けんで洗いたい」と言い出し、急遽買ったもの。
こちら、ラベンダーの香りが素晴らしいんです♪
ホテルの洗面所でも、自宅に持ち帰ってからも
ラベンダーの香りが漂って幸せ。

ファーム富田の芳香蒸留水は噂に聞いていたとおり
いい香りはいえない独特の(雑草っぽい)匂いでしたが、
石けん作りに使おうと思い購入。


ラベンダーのリース
diary-1183.jpg
寝室に飾っています。



この日は昼間半そでで過ごせる気温で
妊婦のお散歩にももってこいの日でした。

調べてみると、ファーム富田からホテルまで3キロ弱。
歩いてホテルに帰った元気な妊婦です。

diary-1177.jpg


3日目へと続く(予定)。


にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ  にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ


別窓 | 旅行記 | コメント:0 | ∧top | under∨
富良野旅行記~初日~
書こう書こうと思いながら、早や一ヶ月。

先月、出産前最後の旅行をしてきました。
この時で妊娠7ヶ月の後半。
もっと早く行きたかったのですが、
夫の仕事が忙しく、安定期ぎりぎりの旅行となってしまいました。

今回の旅行はとりあえず「のんびり~」がテーマだったので、
軽井沢などの高原も候補に挙がったのですが、
標高が高い場所はあまり良くないとも聞いたので
飛行機でビューンと飛んで、いざ北の国へ!
ずっと行ってみたかった北海道・富良野です。


出発日は全国的に低気圧のせいでお天気が悪く、
飛行機が揺れる揺れる。

・・・私、飛行機が大の苦手なんです。
墜落の心配をしてる訳ではなく、
絶叫マシンと同じようなお腹の感覚がとにかく嫌で嫌で。
なのに、なぜか私が乗る飛行機に限って高確率でものすごく揺れます(涙)

夕方からの出発なので飛行機はガラガラなのをいいことに、
夫の手にしがみついてました。

そうそう、飛行機といえば、
手荷物を預けるときに妊婦であることに気づいてもらえて
人生初の優先搭乗をさせてもらいました。

この日はあまりにもガラガラだったので
優先搭乗のメリットは全然なかったのですが、
CAさんもいろいろ気遣ってくださってなんだか嬉しかったです。



そんなこんなで旭川に着いても不安定なお天気で、
着陸のやり直し等もあり、30分ほど遅れての到着。

空港からはバスでホテルに向かおうと思ってたのに
ほんの僅かなところで逃してしまい、次のバスはなんと2時間待ち!
この時点で日が暮れかけていたので、
仕方なく最寄の駅までタクシーを飛ばし、
JR富良野線で行くことになりました。

空港で案内された最寄り駅は無人駅。
diary-1159.jpg

周囲は真っ暗で踏み切りもない駅でした。
diary-1160.jpg

せっかく電車に乗るなら、
車窓のひとつも楽しみたいところですが、
真っ暗でなんにも見えず。

地元の方に混じって静かな電車に揺られ、
ホテルに着いた頃には8時を過ぎていました。



お世話になったのは、
富良野で唯一温泉のあるホテル。
さらに、突き出たお腹を人目に晒すのはなんとなく憚られれたので
贅沢にも客室露天のお部屋を予約しました。
(客室露天は温泉ではありませんが)
diary-1162.jpg
写真は明るくなってから撮影~


旅館ではないので部屋食はないのですが
妊娠中の私たちに気遣っていただき、
個室に案内されフルコースを堪能。
(胃もたれで食事量が減ってきていたのに、初日はほぼ完食!)
diary-1161.jpg
さすがは北海道、お刺身が美味♪
この日は食事の後、客室露天に入って就寝。

長くなってきたので、二日目以降はまた今度。
(って、去年の韓国旅行記も完結させていない私にできるのか?)


にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ

別窓 | 旅行記 | コメント:0 | ∧top | under∨
韓国旅行~二日目【京東市場】~
韓国二日目の旅行記 であまりにも長くなったため
端折った京東市場のレポいきます~


京東市場 は、薬令市場とよばれる韓方の問屋街。
韓方以外にも、唐辛子やごま油、生鮮食品もあり、
韓国の庶民の台所なのだそう。

京東市場の朝は地元の主婦や商売人たちでごった返すらしいので、
お昼ごろまでホテルでゴロゴロ~
旅先のホテルでオリンピックを観たり、ウトウトしたりしてまったり。
この日、女子の日3日目でまだお腹も痛いわ、貧血気味だわで
体調もあまり良くなかったので、これはこれで良い過ごし方でした。


昼頃、ようやく行動開始。

京東市場までは電車で移動。
韓国初めての電車です。
この時は、ロッテホテルと地下街が繋がってるということも知らず、
正面ドアから出て暑い中を駅まで歩くはめに。

1号線の最寄駅までは結構近いんですが、
ハングルを全く読めない私たちは地下街を迷いに迷い、
ホームに辿りつくまで4~50分ほどかかってしまいました^^;
この時点でバテかけているのに、初めて乗った車両が恐ろしく暑い!
空調が弱くて暑いホームよりはるかに暑い。

これも後で知ったのですが、弱冷車両(というか無冷車両?)だったようです。
日本の弱冷・節電車両なんて天国に思えるくらい、
蒸し風呂状態で体力をさらに奪われる。

電車での災難(?)はまだ続きます。
祭基洞駅で無事降りたものの、
タッチ式のカード(切符)が二人とも反応せず、
おまけに駅員さんも近くにいなくて、しばらく暑い駅から脱出できなかった
なんてこともありました。(遠くにいる駅員さんを身振り手振りで呼んでなんとか脱出…汗)
最初は買い方を間違ったのかと思いましたが、
ただカードの反応が悪かっただった模様。
どうやら結構よくあることらしく、3日目に電車に乗ったときも同じ現象発生。
この時も2枚同時に買って、オットは普通に改札を通過できたのに、
私だけカードが反応せず・・・
その時は駅員さんが全然いない改札だったもんで、大いに冷や汗をかきました。
(ちなみにこのときは改札口のそばに隙間があったため、そこから脱出。)

デポジットのプラスチックカード式切符は日本より先を行ってるなぁと思いましたが、
カードの反応はあまり良くないので、これから行く方はご注意を。


後から思い返せば、大した距離でもないし、
こんな苦労をするくらいなら最初からタクシーで行けば良かったな。
韓国のタクシーは安いし、運ちゃんも日本語喋れるし。
ま、こんなちょっとした苦労も、旅の思い出ですが。



さてさて、京東市場に何をしにきたかというと、
もちろん手作り石けんの材料を求めて♪

祭基洞駅の2番出口を出ると、薬令市の大きな門が。
diary-1037.jpg

暑さでバテバテだったのに一気に元気になる私(!)と、
暑くて休む場所がない上、興味がないものばっかりでテンションがさらに下がるオット。
ここに付き合わせたのはさすがにちょっとかわいそうだったかも^^;

出口を出ると、生薬独特のむわ~んとした匂いが漂う。
いたるところから生薬のかほりを放っているようで
商店街全体がこんな匂いでした。

diary-1041.jpg

豆などの乾物や韓薬が並ぶお店が続きます。

diary-1038.jpg
野菜も安そう。

diary-1040.jpg
・・・木?
これも生薬なのかしら。

diary-1039.jpg




目的のお店に到着!!
diary-1042.jpg

カプセルのような容器が目印の、
『6년근 홍삼(ユンニョングン ホンサム)』というお店です。
(事前に マキヲさん に教えていただきました~)

diary-1043.jpg

こちらのお店の韓薬は、小麦粉のような細かいパウダー状になっています。
石けんに入れたりパックに使うのにぴったり♪

diary-1044.jpg

さすがに観光客向けではないらしく、
日本語は通じないし、表記もハングルだけなので
欲しい韓薬とグラム数のメモを用意しておきました。
200g単位で買えるようです。


私が買ったのは、
緑豆(ノクトゥ)、黄土(ファント)、西施玉容散(ソシオギョンサン)、トサジャ、
カワラヨモギ、麦飯石(メッパンソッ)、栗の渋皮(ユルピ)、三百草(サムベクチョ)の8種類。
diary-1050.jpg
実は、当初予定していたのはこの中の5種類だけでした。
ところが、粉にすると思ったほどかさばらず、
オットにも「ここまで来たのにたったこれだけでいいの?」といわれたくらい。
もう2度と買えないかも…とウダウダ迷い、
門のところまで帰りかけていたものの、引き返して追加で買ったのでした。
全て200gずつ購入。
これだけ買って30000W(約2100円)だったかな~。安い!

他に五味茶やトックリイチゴも欲しかったのだけど、
これは訳していくのを忘れて買えず・・・。
事前の準備って大事ですね^^;



再び帰りかけたところで、
駅の近くのビルで『JRなんとか(マートだったっけ?)』という文字を発見!
そこから冷気が漂っていたので
ふらふら吸い寄せられるように近づいてみると、スーパーでした。迷わずイン!

京東市場は付近にコンビニ等涼をとる場所が全然ないので、
スーパーの中はそれはもう天国♪

海外でのお楽しみは、なんといってもスーパーでのお買い物。
目立たないビルに入っている完全に地元の方向けスーパー。
韓国人のお客さんしかいない中、
お茶やらお酢やらお菓子やらラーメンやら、カゴいっぱいお買い物。

ちなみに、韓国ではレジ袋をくれない(もしくは有料)のが一般的だそうで、
スーツケースにも用意してきたのですが、この日は完全に失念。
韓薬を買ったときに入れてくれたビニール袋と、
たまたま持ち歩いていたひとつのエコバッグにパンパンに詰めて
なんとか事なきを得ました。
先に韓薬を買ってて助かった~。
地元向けのスーパーだからか、レジ袋を全く用意していないらしく、
袋がないと、買ったものの持ち帰れない危機に陥りますのでご注意を。


京東市場にて、韓国旅行の目的の半分は達成。


二日目までのレポ、めちゃくちゃ長くなりましたが、
目的の半分は訳あって叶わなかったので、
後半はさくっと終える予定です~^^;

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
別窓 | 旅行記 | コメント:8 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
韓国旅行二日目~その1~
韓国旅行二日目。


以前も書いたとおり、海外のホテルにこだわりがない方ですが、
今回決め手になったのは朝食付きのプランだったから。

レストランは3箇所あり、
どこへ行っても良かったのですが、なんとなく La Seine へふらり。
写真こそ撮ってませんが、ものすごい種類のお料理!
スイーツだけでも焼き菓子にフルーツにチョコフォンデュに~
3日かけても全部食べきれませんでした。
もちろん、私の中ではこれまででダントツのバイキング。
ああ、ラグジュアリー・・・

キムチなどもありましたが、
韓国旅行といえども、さすがに朝から食す気にはなれず
洋食やうどんをたらふく堪能。
ここでお腹が膨れすぎて、昼ごはんを抜くハメになったほどです。
(なので、帰ってから口コミサイトの辛口レビューを見てびっくり)
このレストランが気に入ってしまい、
三日目・四日目も朝食については以下同文。




さて、二日目の目玉は京東市場。
薬令市場とよばれる韓方の問屋街です。

diary-1037.jpg

・・・が。
京東市場のことを書き始めたらつい悪い癖が出てしまい、
とてつもなく長くなってしまったので、こちらは別記事にて^^;





京東市場から戻り、ホテルで少し休憩した後、夕刻に東大門へ出発。
東大門といえば買い物の街ですが、目的は晩ご飯。
サムギョプサルを食べるためです。

お店は韓国に先に行った方に教えていただき
日本から目をつけていた、元祖サンパッチッ(東大門店)です。

サンパッチッは、30種類の有機野菜で豚肉を巻いて食べるのをウリにしているお店。
美味しそう~!

江南にある本店の方が有名らしいのですが、
東大門店の方がホテルから近かったので、
日本でプリントアウトしてきた地図を握りしめ、
地下鉄で東大門へ向かった訳ですが・・・
(初めての電車乗車体験記は京東市場の記事にて。
 ちなみに、ロッテホテルから東大門は地下鉄1号線で一本、4駅です)

いや、プリンタって大事ですね。
うちのプリンタ、御年9才なのですが、
もう限界に達していて、ヘッドクリーニングをいくらしても
文字がかすれるんですよね。

かろうじて文字が読めるくらいには印刷できるので、
地図もそのまま印刷していったのですが、
出口や曲がる方向は合ってるにもかかわらず、
一向にお店に辿り着けない(涙)

あーでもない、こーでもないとその周辺を徘徊するのですが、
二人ともハングルが読めないこともあり、お手上げ状態。
駅からお店までせいぜい10分くらいだと思うのですが、
空腹かつ猛暑の中、1時間以上も歩き回り、
しまいに熱中症らしき症状も出てきて、ついに降参。
結局お店に辿り着くことができませんでした・・・

地図にはお店の看板の写真も出てたし、
その界隈は何度も通り過ぎてたと思われるので、
ちゃんと印刷できていれば、絶対辿り着けたのにな~

こちらがその東大門。
diary-1045.jpg
最初はこんなに明るかったのに・・・

diary-1046.jpg
歩き回ってる間にライトアップされてました。

diary-1047.jpg

元気だったら東大門でお買い物もしたかったなぁ。




お目当てのお店が見つからない以上、
そのまま東大門で適当なお店に入っても良かったんですが、
気力体力を完全に喪失した私たちは明洞へ直帰。

明洞ならそれこそすぐあるだろうと繁華街を歩き回るも、
なかなかお好みのサムギョプサルを扱うお店に出会えない。
熱中症寸前から回復した私に代わって、
今度はオットが靴擦れと疲労から無言に。
私より歩くスピードが遅くなり、だんだんかわいそうになってきたので、
最初の方で見かけた適当な焼肉屋さんに入ったのでした。


でもね、明洞で適当に入ったお店だったけれど、
そこもちゃんと美味しかったんです^^

普段、焼き肉は全く食べない私たち夫婦なので、
焼き肉は1人前を二人で分けて、他にチヂミとユッケを注文。
チヂミはもっちもちだし、上にのってる食べるラー油がまた美味♪
ユッケもボリューム満点!
日本で出てくるユッケを想像していたら、その5倍くらいのボリュームがありました。
暑さと歩きすぎと生理で疲労困憊で、写真を撮るのを忘れてしまったのが残念だわ・・・


・・・しかし、胃腸虚弱な私のこと。
連日辛い食事&食べすぎで、このあたりからそろそろお腹の気配が怪しくなり、
胃腸薬を慌てて飲んだ2日目の夜でした。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
別窓 | 旅行記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| シンプルにいこう。 | NEXT