苛性ソーダ&ミリスチン酸ショック!
あれほどハマっていたのに、
なんと去年の9月が最後の手作り石けん。

作りたいという気持ちもあるのだけど、
まあ在庫もたくさんあるし…と先送りしていたら
いよいよリキッドソープの素がなくなってしまいました。
我が家は食器も手も全部これで洗っているので
リキッドを切らすのは辛い。

ちょうど苛性ソーダを使い切っていたので
いつも買っていた近所の薬局に行ってみたら、
なんと取り扱わなくなったというではないか( ̄□ ̄;)!!

近所で取り扱わなくなったのはこれで2店舗目。
友達からはス○薬局にあると聞いたけど
近所のス○薬局では取り扱いがなく、
(↑ここでは取り扱ってないくせに「何に使うんですか?」と聞かれた(-"-;))
他は前の薬局が取り扱わなくなって探し回ったから
ないのは分かってるし…。

ダメ元で割とご近所のお友達ソーパーさんに聞いてみたところ、
代理で購入してくれました。ありがたや~(≧▽≦)

diary-1310.jpg

初めての袋タイプ。
ウル抽用にとっておいた苛性ソーダの容器にうつしました。
・・・しっかし、ほんとソーパーにとって厳しいご時勢だわ。



そして、もうひとつショックだったのは、
愛用の単一脂肪酸のミリスチン酸が以前扱ってた店舗で廃盤になっていたこと!
そのお店は、メール便だか定形外だかで送ってくれて便利だったのです。

ミリスチン酸は泡立ちをアップさせる目的ももちろんありますが、
トレースの時間を調整するために
私にとっては、なくてはならない手作り石けんの材料なのです。

今でもこちらのお店などでは一応買えるのですが、
これ一個でも宅配便送料がかかってしまうので
石けんを作る頻度が激減して、他に買うアテのない私には辛い><


家にステアリン酸の在庫はあって、
こちらもトレース時間を短縮はできるのですが、
なんせ溶けづらくする性質があるので
リキッドソープには全く向いてなくて・・・

私のリキッドソープは、安価だけどトレースが超遅いキャノーラメインなので、
普通にトレースを待つことは考えられず^^;
レシピを変えてみようかなと思ったり・・・
うーん、もうちょっと思案します^;


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ

別窓 | | コメント:2 | ∧top | under∨
5年生
すっかり忘れてましたが、
2月1日で石けんを手作りし始めて丸4年が経ちました。

~4年目のお気に入り石けん~
#132 梅椿
soap132.jpg

今年は環境が変わり、今までのようにたくさんは作れませんが、
少しずつでも続けていけたら嬉しいな。

#142 かぼちゃの石けん

soap142.jpg

といいつつ、必要に迫られ、
最近リキッドソープの素を仕込みました。

産後初ぐるぐる!
近日アップ予定です。

にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ  

別窓 | | コメント:0 | ∧top | under∨
レンジde石けんの鹸化促進!?
体調が思わしくなく、
仕込みが遅くなってしまった今年のメントール石けん。
さらに例年より十日以上早い梅雨明けの猛暑と
妊婦特有の暑がりに我慢の限界を超えました。

もう我慢できん!
フライングしてでもメントール石けんを使いたい!!

そこで思い出したのが、電子レンジを使った鹸化促進法

早く使いたい、といっても6日間だけのこと。
夫婦ともに肌は丈夫だしそのままでも大丈夫だろうとは思うのですが、
思いたったらやめられません。

レンジを使ったこの方法は
以前ブロ友さんが実験されていたものです。
今はブログを削除されていて記事が見当たらず、
検索したものの、他にソースが見つけらないまま
あやふやな記憶と我流で実行。
なので、正しいやり方かどうかはわかりかねます。
ブロ友さんは仕込み後、1週間ほどで実験されていたように思います。
(記憶違いだったらすみません。)


早速、500Wのレンジ弱で数十秒ごとにチン。
40秒で一部ジェル化して半透明の部分が出現。

1分後には全体的にジェル化し、
触ると熱々で、ぷにぷに。

あともうちょっとだけ・・・とレンジを続けたら、
1分10秒後には形が崩れてきました(汗)
diary-1139.jpg
1分でとどめておけばよかった。
表面に見える気泡はレンジのせいではなく、
ボテボテトレースだったのでデフォルトです。

メントールの匂いが漂って目も鼻もシーハー。
どうやら水分と一緒にメントールも飛んでいる様子。
この方法、もしかしたらスースー石けんにはあまり向いていないのかも。

半日ほど乾かすとぷにぷにもおさまって
元の固さを取り戻したので、
pHを計ってみると、おおよそpH9くらい?
まあ、普通に手に入る簡易pH試験紙なので、
そんなに正確ではないとは思いますが、大丈夫そう。


ちなみに、私のこの試みには致命的欠陥があります。

レンジにかける前のpHを計ってません。

・・・面倒くさくって。(なら実験するな)


理系じゃないので理屈ははっきりとは分かりませんが、
おそらくはホットプロセスと同じ原理ではないかと。
加温することで鹸化が促されるんじゃないかな、と考えています。
あくまで素人考えですが。

また、通常の熟成よりも早く石けん内の水分が飛ぶため、
溶け崩れしにくい固く締まった石けんになるのだろうとも思います。


もうひとつついでに言うと、
”手作り石けんはpH7~8じゃないといけない”というニュアンスで
書かれているところもありますが、
JIS規格の石けんはpH9~11と定められています。
「だから手作り石けんの方が市販のものよりマイルドだ!」って
おっしゃる方もいるかもしれませんが^^;
低pHの石けんが必ずしも良いとは限らないと思っています。
特にpH7は完全に中性なので、
汚れを落とす働きはあまり期待できないのではないかと。



閑話休題。

そんなレンジにかけた石けんをその夜使用してみました。

夫婦二人で使ってみましたが、
ピリピリしたり、肌がいつもより乾燥したり・・・
といったことは特にありませんでした。

それより、10%配合したメントールが寒い!!
洗ってる最中は楽勝かと思いきや、
流した頃に押し寄せるスースー感ったら、ハンパない。

メントール好きな夫も、やっと納得してくれました。
これで物足りないと言うなら、12%に挑戦してみようかと思ってたので^^;
その後スースークリームも作りましたが、
石けんだけで十分すぎるほど涼しいので、クリームは使ってくれません。
私は8%くらいでちょうど良かったんですが、
これから夫用は10%で決まり。

一番実感できたのは、
解禁前の石けんだというのに溶け崩れにくいこと。
私の石けんは溶けにくいレシピのものが多いのですが、
その中でも溶けにくい方に入ると思います。
これは、水分が飛んだおかげだろうなぁ。


石けんを作り始めた頃は何事においても待てない女でしたが、
4年も経てば、さすがにたいていのことはのんびり待てるようになりました。
(数時間単位のトレースだけは待てず、あれこれ細工してしまいますが・・・)

解禁をフライングしたいと思うことも滅多にありませんが、
今回みたいなことがあったら、またレンジにかけてみようかな。


・・・って、これだけ書いておいて、
結局、成功したのか失敗したのか全然分からないレポですね(汗)
相変わらず詰めが甘い私でした~。


にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ

別窓 | | コメント:2 | ∧top | under∨
手作り石けん4年生
soap116.jpg

手作り石けんをはじめて、2月1日で丸3年が経ちました。

soap98_2.jpg

・・・って、石けん同級生のくん♪さんの記事を読むまで
完全に失念していた訳ですが。

soap107.jpg

飽き性のわたしがこんなに続けられるなんて初めてかも、というくらい
手作り石けんは魅力的です。

4年目も楽しく作り続けられたらいいな。

soap101.jpg


写真は3年目に作ったお気に入りの石けんたち。
思いっきり自己満足の世界です。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ

別窓 | | コメント:6 | ∧top | under∨
| シンプルにいこう。 | NEXT