「石けん作りの化学」を受講しました
レポが2回まとめてになってしまいましたが、
先日 ツクツクさんのお教室で開催された
「石けん作りの化学」
を受講しました。


学生時代は全然興味のなかった化学。
そんな私も石けんを手作りするようになって、
その仕組みに興味しんしんに。
いつかほんの少しでもいいから勉強してみたいと思っていました。

このたび関西でも講座が開かれると知って
リアルなお友達でもあるよち。さんと一緒に受講してきました。

第1回は残念ながら受けられず、
第2回と第3回のみの受講。
そのせいなのか元々の化学の基礎力のなさゆえか、
難しいところもありましたが、
好きなことに関わるお話だったので
それはもう真剣に聞き入っていました。

特に、第3回では石けんを作りはじめてから
長い間疑問に感じていたことが質問できて大満足。
面白い話もたくさん聞くことができました。

恥ずかしながら、石けん計算ソフトに頼りきっていて
一度も手計算したことがなかったので、
アルカリの計算方法も初めてちゃんと知りました。


第2回では、リップクリームを作成。
diary-1188.jpg
私はローズの香りの紫根ピンクのリップを作りました。


第3回で作らせていただいたのは、
石けん乳化のクレンジングクリーム。
diary-1187.jpg
手持ちのクレンジング剤(合成界面活性剤のもの)でも
微妙に落としきれないアイラインがきれいに落ちてびっくり!
石けん乳化、侮れません!

どちらも使い心地が良く、とても充実した時間でした。



超素人の私にも分かりやすく説明してくださったecru1先生、
お世話してくださったツクツクさん、
自家製のハーブを分けてくださったしゃぼんママさん、
ご一緒してくださった方々、
本当にありがとうございました。

来週からいよいよ臨月で、
遠出するのはこれが最後(…の予定)。
そんな中、一緒に行ってくれたよち。さんにも感謝感謝です。

皆さま、楽しい時間をありがとうございました♪


にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ

別窓 | せっけんごと | コメント:0 | ∧top | under∨
夏の石けんの収納2013
やっと少し気温が下がりましたが、
ムシムシ・ジメジメで手作り石けんの保管には厳しいこの季節。

石けんのためにエアコン・・・なんてことは特にしていないので、
外に並べている石けんは汗だくになっていることも。

一昨年銀さんが記事にされていた
石けんの湿気対策をまねっこさせてもらいました。
というか、去年からドライボックスは買っていましたが、
なんとなく放置してて、やっと今年手をつけた次第^^;
記事にするのに、さらに2ヶ月間も放置。

詳しくは銀さんの「夏の石けん保管対策・実践編」をどうぞ。


使用したのは、銀さんと同じく
ナカバヤシ キャパティ ドライボックス11L




除湿剤はドライボックスについていますが、
石けんから出る水分を吸うには追いつかないので、
これにドライペット コンパクトをセットして使用。


この除湿剤、コンパクトでゴミも少なく、
ひっくり返って大惨事…なんてこともないので、
我が家では家中の除湿は全部コレにしてるくらい、愛用してます。



するとこんな感じに。
diary-1143.jpg

信じられないことに、
我が家にはこの写真の5倍くらい在庫があります(!)

2~3年は作らなくてもいけそう・・・。
と思いつつ、石けん作りはやめられません。


元々はカメラ用品や食品の収納のためのドライボックスらしく、
このお値段で湿度計までついています。

なのに、購入して放置してて湿度計の存在も失念。
まさかの、入れた直後の湿度を見てないという大ボケ~汗

ちなみに、今の湿度は50%くらい。
石けんは汗もかかず、さらっとしているので
密閉性はなかなかのようです。


と、こんな感じで収納してはみましたが、
在庫はこの5倍なので、このケース2個では到底足りるべくもなく。
結局残りは今までの無印の書類ケースに入れてます。
(湿度は計れないけど、この無印の書類ケースもなかなかいいですよ~)


そんな訳で、また一段と統一感のない石けんコーナーとなったのでした^^;

にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ

別窓 | せっけんごと | コメント:0 | ∧top | under∨
あわあわモコモコ♪無印の泡立てネット
最近読んだ本の感想ばかりで
何ブログかさっぱりわからなくなってきたので
今日はひとつ石けんネタでも。


固形石けんユーザーには欠かせない(?)泡立てネット。
特に手作り石けんは市販のものより泡立ちが控えめなので、
わたしの中では必須アイテムです。

とはいえ、所詮は泡立てネット。
そんな大差ないだろうと、某通販コスメで頂いたものやら
百均で買ったものやらを適当に使ってました。
どれも普通によく泡立つので。

無印良品の洗顔用泡立てネットの高評価ぶりは知っていましたが、
使う機会はありませんでした。

先月無印週間でお店をぶらぶらしたら、噂の泡立てネットを発見。
そういえばつい最近破れたことだし、次はこれでいっか~と
軽い気持ちで買ったのですが、これ、すんごいです!


よくあるような、見た目はごくごくフツーの泡立てネット。
何が違うんやろう??

ちょっと擦っただけで生クリーム状の泡がモッコモコ!!
泡の写真を撮るのが面倒くさいので、
わざわざ記事にしたくせに泡画像すらなくてスイマセン。
でも、すごいのはホントなんです!

前日まで同じ石けんを前任の泡立てネットで泡立ててましたが、全くの別物
もう普通のネット使えなくなるかも・・・。


ただ、ひとつだけ難があって・・・このわっか。

diary-1089.jpg

下げられるようにプラスチックのわっかがついてるんですが、
穴が小さすぎてうちの浴室備え付けのフックにかかりません。
仕方ないので、とりあえずタオル掛け用のポールにS字フックをかけて
そのS字フックに吊るしてますが、ちょっと見た目が悪い・・・。
今まで使った泡立てネットは大きめのわっかか、紐がついていたので
この点だけ改良していただければ何も言うことはありません。
でもまあ、自分で紐でもつけたら済むことなので、
大した問題ではないのですが。


今まで「たかが泡立てネット」と侮っててごめんなさい。
リーズナブルなのにとっても優秀でした。
これからは無印を愛用します♪

泡立ちの悪い石けんの代名詞であるキャスティールも
これなら楽に泡立ちそうです。
(泡立ち重視の我が家ではめっっったに作らないけど^^;)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ

別窓 | せっけんごと | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
無印の棚に精油とフレグランスオイルを収納してみる。
ハマると増える一方の手作り石けんやコスメグッズ。
石けん部屋と称した和室や、物置きに雑然とつっこまれていたのですが、
先日くん♪さんの こちらの記事 を拝見して目から鱗が落ちました。

うちは下駄箱が建付けで収納力があるのはありがたいのですが、
代わりに全くモノが置け(飾れ)ない玄関でした。
そのためディフューザーも使えなかったのですが、
これなら置いておくだけで良い香りが漂ってくれるかも♪

記事を拝見したときたまたま無印週間中だったので、
早速マネっこして見せる収納らしきものをやってみました。

ずいぶん前から気になっていた壁に付けられる家具シリーズの
こちら を買いに走りました。
収納の見本写真でも精油の瓶を乗せていたので
これならイケるだろうととりあえずひとつお試しで購入。

迷った末、玄関ではなく廊下の壁にとりつけてみました。
diary-970.jpg

埃が目立つだろうなぁと悩みつつも、
結局好みの濃いブラウンを選択しましたが、
白基調だからやっぱりナチュラルが良かったかも?
いまさらもう遅いですけど。


なんとなく予感はしていましたが、
一つだけだとなんとも寂しい感じです。。
diary-971.jpg

収納できた精油・フレグランスオイル(FO)はごく一部。
うーん、あとひとつかふたつ買い足そうかな?
インテリアセンスが欠落してる我が家・・・
素敵に配置するセンスが切実に欲しいです。


そして、横を通るたびにふわっと香ります。
お試しで置いたのはFO中心なので
やや人工的な香りですが、
精油をたくさんおけばアロマ薫る廊下になるかしら^^



ちなみに実際にモノが置ける奥行き内寸は32mmほど。
(素人採寸のため、購入される際はご自身でお確かめくださいね。)
diary-973.jpg
10ml瓶なら余裕。
これだけ幅があれば、石けんを飾ることもできそう。


なんとなく穴をあけたくなくて、
掛け時計すらつけてなかった我が家ですが、
一度あけてしまうと、どんどんつけてまえ~という気になってきました。
それに、商品ページにも記載されていますが、
この壁につける家具であく穴は思ったより小さく目立ちにくいのです。
無印の実店舗でも何度も確認済み。
調子に乗って増やしすぎないようにしなくちゃ^^;

にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ

別窓 | せっけんごと | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| シンプルにいこう。 | NEXT