『真夜中の探偵』 有栖川有栖

数年前に失踪した母親の行方がつかめぬまま、17歳の空閑純は大阪で独り暮らしを始める。探偵行為の科で逮捕された父親との面会が許されない状況下、思いがけない人物に声を掛けられたことをきっかけに、純は探偵への道を歩きだす。木箱に入った元探偵の溺死体が発見され、純は「水の棺」の謎に挑戦する。



学生・作家アリスシリーズがとても面白かったので、
こちらは単発の作品だと思って手を出したのだけど、
今まで読んだ有栖川作品とは全然雰囲気が違う本作。

北海道と本州が分断され、探偵行為が禁止されるというパラレルワールドの日本。
ソラが親譲りの探偵の素質を活かして
事件を鮮やかに解決するのかと思いきやそういう訳でもなく、
謎をいっぱい残したまま終了。

なんだか終始不思議な雰囲気が漂い、
これってシリーズ物だったの?と最後の最後に気づいた時のやっちゃった感。
シリーズ物はちゃんと順番に読みたいタイプなのです^^;

ストーリーとは関係ないことだけど、
有栖川さんの大阪弁は違和感がなくて、耳に心地良いところが好き。
土地勘のあるところが舞台で(というか有栖川作品はそもそも地元が多いのですが)
その辺はテンションが上がりました。

わざわざ一作目に戻って読みたい読後感ではなかったけど、
謎だらけで続きは気になるので、この後続けて三作目は読んだという
なんだか変な読み方をしています。


★★★☆☆


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

別窓 | 映画・小説レビュー | コメント:0 | ∧top | under∨
『生ける屍の死』 山口 雅也

ニューイングランドの片田舎で死者が相次いで甦った。この怪現象の中、霊園経営者一族の上に殺人者の魔手が伸びる。死んだ筈の人間が生き還ってくる状況下で展開される殺人劇の必然性とは何なのか。自らも死者となったことを隠しつつ事件を追うパンク探偵グリンは、肉体が崩壊するまでに真相を手に入れることができるか。


西澤保彦さんの「死者は黄泉が得る」が面白くて、
こちらの作品をモデルにしたとのことで
長らくずっと読みたかった作品ですが…苦戦したー^^;
日本人作家さんの作品だけど、翻訳調の文章や外国の設定に馴染めず、
終始漂う死生観にも馴染めず、キャラに感情移入もできず…。
読了に一ヶ月以上かかりました^^;

普段海外物をほとんど読まない私にとっては読みにくかったけど、
日本では確かに成り立たない作品で、真犯人も予想外の人物。
エピローグのグリンの話にぐっときました。
苦戦したけど読んでよかった。

ちょいちょいギャグが入っているあたり、
西澤さんと同じ匂いを感じる作家さんでした。笑
山口雅也さんは翻訳っぽいお話が多いそうなので、
また元気があるときに挑戦したいと思います。


★★★☆☆ 3.5


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

別窓 | 読書まとめ | コメント:0 | ∧top | under∨
3歳8ヶ月の成長記録~悩みの三つ巴。低身長に悩む。~
息子、3歳9ヶ月になりました。
4歳まであと3ヶ月!

にも関わらず、解消されない悩みが満載。

親を叩くとか、一人で遊べないとか、外食でじっとできないとか、
いつまでもオムツが外れないとか、天邪鬼だとか(←って十分多いか)
子育てにおいて、一時的だと思われる悩みはまだいい。
経験上、幼児期の悩みの7~8割は時間が解決してくれると感じているので、
成長とともにそのうち終わるだろうという希望も持てる。

強いマルチ食物アレルギーとか、乳児期からずっと続く湿疹とか、低身長とか、
数年(下手したら十年)スパン級の問題を複数くらっている我が家。
キャパが小さい我が家に集中砲火するの、
ホントやめてもらえませんかね…



低身長、絶賛悩み中


身長89.7cm、体重11.7kg。
今月こそは90センチに到達するかと思ったけど、全く伸びず。
身長SDは-2.3SD。
成長障害のサイトでもいよいよ『低身長の疑いあり』という結果が出ました。
4歳までカウントダウンなのに、2歳半の身長という…(涙)
うーん、まあ食べてないもんなぁ。
だいぶ涼しくなったので、食欲が戻ってくれることを期待。
正直もう食物アレルギーと湿疹でいっぱいいっぱいで
私のキャパ上、これ以上問題を抱え込みたくないのですが、
4歳になっても伸び悩むようであれば、医療機関を受診することも考えています。

公園の遊具遊びスキルが上がる


ブランコが一人でこげるようになり、押す作業から解放されました。
ただし、チビなのでブランコに一人で腰掛けることはできません^^;

diary-1408.jpg
鉄棒にぶらーんとぶら下がるのは1歳の頃から好きでしたが、
最近一人で豚の丸焼きができるようになりました。
身長が横ばいなのに運動能力だけ上がるのが不思議なんですが、
逆に軽くて身軽だからやりやすいのかも。
そういえば歩くのも早めだったし。

私はクラスで一番チビなこともあって鉄棒は大の苦手だったので
(↑あれって身長で有利不利があるのに、同じ物差しで成績をつけられるから理不尽だった)
同じく低身長な息子には得意まではいかなくてもいいけど、
せめて苦手感を持たないでくれたら嬉しいです。

指を口に入れるようになる


2歳半になったとき、爪に苦い成分を塗って指しゃぶりをやめさせたのですが、
最近になってまた手を口に入れるようになりました。
前のように指を吸ってはいませんが、
爪を噛んでることもあって、爪きりの頻度が激減。
見つけるたびにとめてるのですが、
何かストレスがあるんでしょうか…。

左右を理解する


完全に左右の区別がつくようになりました。
「右の引き出しを開けて」といった指示が通るので楽チンです。

一丁前な口答えが腹立たしい


息子はどちらかというと口だけは達者な方。
最近私が何かを注意すると、
「そんなんしってるしな~」
「それくらいできるもんね~」(←ものすごく意地悪な言い方)
のような腹の立つ言い方で口答えするようになりました。
知ってるならやれや!と本気でイラっとします^^;
私も夫もこのようなものの言い方はしていないつもりなのですが、
どこで覚えたんだろう…。(無意識で言ってるのか?)
先生ってこともないだろうから、お友達かな?

意地悪疑惑


上の項目と少しかぶるのですが、人が嫌がることをしつこくするのに困っています。
叩く、つねる、キック、髪を引っ張る、くすぐる、首を絞める…などなど
嫌がるとわかったら、ガツンと怒られるまでしつこく続けるという…。
わが子ながら「性格悪いなー…」と思ってしまうこともしばしば。
親相手に構ってほしくてやっているだけならまだいいのですが、
お友達や親以外の大人相手にもこのような所業をしているんじゃないかと心配で。
夫もちょっかいはしつこいけど(←このせいか!?)基本的には優しい方だし、
私もさほど意地悪な方ではないと思うのですが、
どうしてこのようなことをしでかすのかと悩んでいます。

肌が落ち着いてきた


手足口病で猛烈に荒れたお肌が落ち着いてきました。
まだ体幹と足は本調子ではないので
ロコイド(ステロイド:Mild)を毎日を塗布していますが、
長いことリンデロン(ステロイド:Strong)を毎日塗っていたので
それよりはだいぶマシかな。
肌が弱いだけあって、ここまでくるのに丸一ヶ月かかりました。

相変わらず寝付きが異常に悪い


先月となんら状況変わってません^^;
寝かしつけに毎日最低一時間。
一時間半かかることもザラ。
母の眠りも邪魔され、眠いのに眠れず、家事もできず、
自由時間でもない無為な時間に30分を過ぎたあたりから猛烈にイライラ。
友人の子が眠くなったら勝手に布団に行く、10分で寝るなんて逸話を聞くと、
何かの神話なのかと半ば本気で思ってしまいます^^;

一日1時間×365日=15日超。
寝つきの良い子に比べて一年で15日以上ロスしてるぜ…
なーんて不毛すぎる計算をついしてしまうw

赤ちゃんの頃は数ヶ月間の極端な早朝覚醒(毎日深夜3~5時に起床)や
それなりに酷い夜泣きも体験済み。
この三年半、睡眠関係だけでどんだけ時間を費やしてるんだ…

ネントレの本は数冊読んで、書いてあることをいろいろ実践した。
寝る前に絵本を読んだり、ギュッとしたり、トントンは毎日してる。
隙間を塞いで部屋を真っ暗にしたり、アロマや子どもの快眠音楽も試した。
でも結局、寝ない子は何やっても寝ない。
それが子の睡眠の結論^^;

好き嫌いが少し緩和される


元々の小食、重度の食物アレルギーに加えて
偏食大魔王でもある息子。
寝ないし食べないじゃ、大きくなるわきゃない。

それが最近心なしか緩和されたような気がします。
苦手な葉物野菜や枝豆、とうもろこしをある程度食べられるようになりました。
とはいえ、食の細さは相変わらずなので、
成長にあまり寄与していないというのが実情です。

相変わらず嫌いなのは、ゼリー、カボチャ、じゃがいもなど。
一般的に子どもが好きなものばかり。
特にゼリーは保育所のオヤツでも週に1~2度は出る定番オヤツだし、
食物アレルギーに配慮していただくことが多いのですが、
えづくくらい大嫌いなのが困りもの。

逆に好きな食べ物は、魚介類全般、納豆、高野豆腐、きんぴら。
おじいちゃんかw
7月に生魚デビューをしましたが、それ以降お寿司やお刺身は大好物。
1~2歳の頃は「おかずなんていらない!とにかく白ご飯よこせ!」とばかりの
白ごはん党の党首でしたが、最近は白米への執着もなくなり、ただただ小食です。

少しだけ鼻がかめるようになる


やっと鼻がかめるようになりました。
まだ左右同時なので、少しではありますが。
今まで鼻水はティッシュで鼻の穴付近を服で全力で拭っていて
超虚弱肌なのでそのたびに荒れていたので、嬉しい。

夏のお出かけ


親が暑さに弱いので、なるべく涼しいところで遊ぼうと思い、
メガ恐竜展、ナイトZOO、プラネタリウム、科学館、美術館などに出かけました。

diary-1407.jpg
科学館が予想以上に良かった!
ただ展示してあるだけかと思ったら、
体験型の展示が多く、3歳児でもかなり楽しめました。
息子の好奇心を満たしてくれて、
半日時間を潰せて、たった400円!(中学生以下は無料)
なんてコスパの良い遊び場所ヽ(*´∇`)ノ
大阪近郊にお住まいの方に強くおすすめしたい!

diary-1406.jpg
こちらは魔法の美術館
光を駆使した映像で遊ぶ参加型美術館。
大人も子どもも楽しめてこちらも良かったです。

図書館開催のアニメ映画鑑賞会も怖がるほど暗い場所が苦手なので、
怖がるかなーと心配でしたが、
初めてのプラネタリウム(私は人生二度目)もなかなか楽しんでいました。
ファミリー向けの会なので、子ども達にも分かりやすく説明してくれて
帰ってからも「どせいのわっかはこおりやねんで!」と知識を披露しています。
また雨の日、寒い日などに行こうと思います。

どーでもいいことですが、関東でやってる恐竜展はギガ恐竜展というらしい…
関東とわかりやすく差をつけるの、やめてもらえませんかね^^;



にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ

別窓 | 成長記録 | コメント:0 | ∧top | under∨
| シンプルにいこう。 | NEXT